見出し画像

ホットワインの作り方 2種

今年の冬は寒いので、ホットワインのご紹介。ホットワインというのは和製英語で、英語ではモルドワイン(Mulled Wine)、フランス語ではVin Chaudと言います。スーパーで売っている赤ワインでおいしくできます。

正統派のホットワイン(1人前)
 赤ワイン 200cc
 みかん   1個
 グラニュー糖 大さじ1
 シナモンスティック 1本
 クローブ(丁字)  2〜3本
 カルダモン     1粒(写真はパウダーなので適量)
 レモンの皮     適量

一般的な作り方に近いですが、マンダリンオレンジの代わりにみかんを使っています。本場の作り方とは違いますが、オレンジは当たり外れがあるので日本ではみかんを使ったほうが味が安定すると思います。

他にスパイスを追加するとしたら八角、バニラ、ナツメグが欲しいところ。さらに凝った作り方をしたいなら赤ワイン1本750ccに対して、半分のスイートベルモット(赤)半本、少量のアンゴスチュラ・ビターズ(Angostura Bitters)で香り付けしますが、さすがに一般家庭では入手が難しいかもしれません。

ホットワインは古代ローマ時代からある飲み物です。昔のワインは酸っぱかったので、甘み(当時はハチミツ)でバランスをとるのが一般的でしたし、ホットワインのスパイスの使い方には古代ローマ料理の名残が感じられますね。

みかんは中央の部分をスライス。二枚とったら、あとは絞りましょう。

あとは鍋に入れて火にかけます。強火で加熱して、沸いたらすぐに火を止めるとアルコールが残り、弱火でじっくりと5分ほど温めるとマイルドに仕上がります。蓋をして加熱し、なるべくアルコールが飛ばないようにするテクニックもあるので、そのあたりは好みに応じて。個人的にはある程度、アルコールを飛ばした方がまろやかになって、おいしいと思います。

出来上がり。材料がちょっと多いので大変という方はスパイスを省き、砂糖とみかんだけでもおいしくできます。でも、スパイス感があったほうが(少なくてもシナモンくらいは入れると)ホットワインっぽさが出ます。というわけで次に紹介するのはもっと手軽にスパイス感が欲しい、という場合のレシピです。

コーラ風味のホットワイン
 赤ワイン 200cc
 コーラ  100cc
 グラニュー糖 小さじ2

秘密の材料はコーラ。コーラに含まれている香り成分はバニラ、カラメル、オレンジ、レモン、ナツメグ、シナモンなど。コーラを混ぜることでスパイシーな香りをつけることができます。

可能ならここにみかんは足したいところですが、まあそれなりの味にはなります。

コーラ風味のホットワインです。赤ワインをコーラで割ったカリモーチョというカクテルも有名ですが、温かくしても結構いけます。

注意点が一つ。香気成分はアルコールに抽出されるので本当は材料をすべて入れて、一晩ほど置いた方がおいしくできそうなのですが、それは酒税法に引っかかります。日本では酒に水以外ものを混ぜることも酒類を製造したとみなされるためです。「消費の直前において」混合させるのはOKなので(つまりカクテルは許される)、この作り方を守りましょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

撮影用の食材代として使わせていただきます。高い材料を使うレシピではないですが、サポートしていただけると助かります!

ありがとうございます。料理のリクエストがあればコメントに是非
104
樋口直哉 作家・料理家 主な著作として小説『スープの国のお姫様』(小学館)ノンフィクション『おいしいものには理由がある』(角川書店)など。新刊『新しい料理の教科書』が1/17日に発売されました!

この記事が入っているマガジン

コメント6件

もちろん、きび砂糖やてんさい糖で大丈夫ですよ。黒糖は別の飲み物になってしまうかもしれません。ハチミツはコストがかかりますが、砂糖よりもおいしくできます。オレンジジュース(ここではみかんを使ってますが)多めでも飲みやすいです。
蜂蜜は昔のお仕事のお客様からいただいたいいのがあるのですが私は貧血なんで医師から蜂蜜はストップされてるからやっぱり使えそうもないなぁ…少しくらいならいいかな…黒糖は甘さに少しクセというか独特の濃度があるから確かにそうですね我が家のお砂糖壺を見てみたらきび砂糖でなくてんさい糖でした。てんさい糖はオリゴ糖が含まれているから体にいいって聴いて長く使っています。ちょっと質問があるのですが…ホットワインとは関係無いのですが料理酒の味醂について…ポテトサラダにまで隠し味で使うほど以前は使い倒していましたがあれは普通のお砂糖を使用した料理酒なのでしょうか?淡い金色みたいな綺麗な色をしていますが精製されてない生(き)の色なのでしょうか?最近 味醂が不可解な気がして遠去かってしまっていますが親子丼を昨年の秋に作った時、てんさい糖でもいいのですが風味がやっぱり味醂が恋しい気がしてしまいました。。。
本みりんはお米の甘味料で甘酒みたいなものです。精製はされていません。ただ、みりん風調味料というややこしい調味料が売られていて、あれは主に精製した水飴なので注意してください。本味醂はナチュラルな甘味でとてもいいですよ。煮詰めてシロップ状にしても使えます。参考→https://note.mu/travelingfoodlab/n/n871462e0a895
そうだ!お米だった(>_<)甘酒のよう…というフレーズに心惹かれました。甘酒のヘルシーさが最近話題ですが味醂の良質なものも同様なのでしょうね 精製されてないんだ!嬉しいかな♪水飴みりん(パチもんの)もあるんですね気を付けないと…裏をよく見てから買わないと…勉強になりました。ありがとうございます。味醂好きの知人にも教えてあげたいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。