外山恒一&藤村修の時事放談2016.06.02「“しばき隊リンチ事件”を語る」(もくじ)

 【外山恒一の「note」コンテンツ一覧】

 先日公開した対談(「しばき隊“闇のキャンディーズ事件”を語る」)と同様、古いもので、2016年6月2日におこなわれた対談のテープ起こしである。紙版『人民の敵』第21号に掲載された。
 藤村修氏は私と同い年で1970年生まれ。ファシストとなった現在でこそ“右方面の友人知人”もだいぶ増えたが、藤村氏は私がまだ“異端的極左活動家”だった頃からの、数少ない(他には東京の大石規雄氏ぐらい)そっち方面の友人で、しかも政治的・思想的な諸々に関して当時からなぜか、他の多くの左方面の友人たちを差しおいて“最も意見が合う同世代”だった。

 標題のとおり、この時期、しばき隊(正確にはその後身団体「クラック」)内で発生した“リンチ事件”がネット上(の一部)で騒がれていた。
 対談中でも述べられているように、事件そのものはさらに約1年半前の2014年12月に発生したものである。そのような事件が起きたことは対外的には伏せられていたのだが、これまた対談中で詳しく述べられているような経緯で、この2014年の4月末頃から表沙汰になり、もとからの(いわゆるネトウヨを多く含む)アンチしばき隊の人々、それまでしばき隊を支持していたのだが事件発覚を機に批判に回った人々、そして(しばき隊メンバーも含む)引き続きしばき隊を支持する人々が、論争というか罵倒合戦を繰り広げるに至った。
 外山と藤村氏のスタンスは、ざっくり云えば、まず第一に、くだんの事件は“リンチ事件”ではあるが政治的暴力と呼べるようなものではなく、要するに“単なるリンチ事件”にすぎないということ、第二に、したがって事件そのものを“政治的に”批判するのは無意味だが、しばき隊の面々の事後対応には悪しき政治性が満ち満ちており、それについては政治的に批判せざるを得ないということである。
 初期しばき隊の中心的メンバーの1人であるライターの清義明氏は、「ネット情報だけでよくもここまで事態を正確に……」と2人の情報収集能力およびネット・リテラシーに驚愕し、とくに藤村氏を「しばき隊評論のトップランナー」とまで絶賛、歴代の紙版『人民の敵』諸コンテンツ中でも屈指の名作対談である。

 もっとも、これは外山が藤村氏と定期的に(およそ半年おきに)やっている“時事放談”シリーズの1篇であって、“しばき隊リンチ事件”がメインの話題となっているのは、たまたまであるにすぎない。他の一般的な時事ネタも混じるし、とくに冒頭、なかなかこの日の対談の方向性が定まらなかったりする点は、まあこのシリーズは毎回そういうもんだと思っていただきたい。

 なお対談中では正確に「クラック」の語が主に用いられているが、一般には「しばき隊」の名称のほうが浸透しているから、まず「もくじ」などでおおよその内容を把握したい人の存在を念頭に、小見出し等には「しばき隊」の語を用いた。

 その1(原稿用紙換算19枚・冒頭9枚分は無料で読めます)
 それぞれの熊本地震体験
 「パヨク」って何?
 「はすみリスト」と「ぱよちん音頭」
 右も左も“敵を知る”努力が足りない

 その2(原稿用紙換算17枚・冒頭6枚分は無料で読めます)
 「世に倦む日日」氏のしばき隊批判
 “リンチ事件”それ自体は大した問題ではない!
 リンチ事件の経緯
 反レイシズム運動と暴力の問題を原則的に考える
 問題は事後対応の拙劣さ

 その3(原稿用紙換算23枚・冒頭7枚分は無料で読めます)
 自ら墓穴を掘りまくるしばき隊
 “正義の暴走”とかって話ではなく単なる“いじめ”問題
 そもそも「しばき隊リンチ事件」なんてローカルな問題
 ヨニウム氏のしばき隊批判はトンデモ・レベルの陰謀論
 むしろ典型的に日本的な“無責任の体系”を体現
 “反知性主義”の集団による没理性的な暴力事件

 その4(原稿用紙換算21枚・冒頭6枚分は無料で読めます)
 しばき隊を頑張って擁護してみる!?
 野間易通は典型的なロキノン系サブカルである
 藤村氏、聖飢魔Ⅱを熱く語る
 80年代ロックの「平和」と同レベルの「反レイシズム」
 野間易通のいかにも“80年代ロック”的な振るまい
 ソウルフラワーごときが“偉大”でいられる音楽シーン

 その5(原稿用紙換算21枚・冒頭5枚分は無料で読めます)
 野間易通と佐藤悟志は同類だ!?
 笠井潔氏のしばき隊評価への疑問
 あの中曽根ですらリベラルに見えてしまう時代
 2大政党制は日本人には向いていない
 外山、民進党代表選に(勝手に)立候補!?

 その6(原稿用紙換算20枚・冒頭5枚分は無料で読めます)
 議会主義者どもは全員自民党に入れ
 『良いテロリストのための教科書』誕生秘話
 “ネトウヨの源流”としての『宝島』文化
 サブカル文化人どもによるオウム事件の誤読
 小林よしのりと宮台真司は客層は違うが中身は一緒

 その7(原稿用紙換算23枚・冒頭6枚分は無料で読めます)
 ロフトプラスワン、マル共連……90年代サブカルの腐臭
 彼らが最初にオウムを攻撃した時……
 主流派と化して当初のラジカリズムを失った冷笑主義
 在特会もしばき隊も冷笑主義
 ネトウヨとネトサヨの自閉した共同体がそれぞれ街頭に
 在特会は自身を“レイシスト”ではないと本気で思ってる
 ヘイトスピーチ解消法は明白に言論弾圧法である


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
革命家。マルクス主義、アナキズムを経て03年よりファシスト。福岡市在住。九州ファシスト党〈我々団〉総統。サイト「外山恒一と我々団」(link: http://bit.ly/1wp0Ggi)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。