絓秀実氏との対談(2016年6月17日)・その5

絓秀実氏との対談(2016年6月17日)・その5

外山恒一

 【外山恒一の「note」コンテンツ一覧】

 〈「その4」から続く〉
 〈全体の構成は「もくじ」参照〉

 標題にもあるとおり、2016年6月の対話である。場所は絓氏の地元に近い埼玉県の居酒屋。
 同席していて稀に発言する東野大地は外山の主宰する「九州ファシスト党〈我々団〉」の党員。
 第5部は原稿用紙換算21枚分、うち冒頭5枚分は無料でも読める。ただし料金設定(原稿用紙1枚分10円)はその5枚分も含む。

     ※     ※     ※

 左からの徴兵制復活論

 オレは左派こそが今、“徴兵制復活”を提起すべきだと思ってるんです。そういう動きは世界的にもあるんですよ。そもそも徴兵制って、今や経済的にワリが合わないもんだから、ほとんどの先進国ではやめちゃってるわけでしょ。安部ちゃんも徴兵制は否定してて、しかしその時の理由づけは、「苦役だから、国民に強いることはできない」という云い方なんですね。
 そういう徴兵制の捉え方は間違ってるの。あれは“国民の権利”ですよ。“国民主権”であって、自分たちが主権を持つ国を防衛するってのは、義務というより権利であるはずじゃないですか。もちろんその権利を放棄するって意味で「徴兵制反対」を云ってもいいけど、本来は権利なんだってところを押さえてなきゃダメなんだ。
 で、右派や保守派がなかなか徴兵制を云えないような状況で、左派こそが徴兵制を主張すべきだとオレは思ってる。

外山 そういう“左派”が日本に登場するには、あと30年はかかるでしょう(笑)。

 “改憲”はもう意外と早く実現するかもしれなくて、そういう時に左派は“護憲”の一本槍ではダメで、イデオロギー的に弱すぎて対抗できませんよ。むしろ対抗的に“権利としての徴兵制”を掲げるべきです。徴兵制って膨大な経費がかかるけど、それによって若年層の失業や福祉の問題もかなりの程度は解決します。
 まあオレは徴兵にとられたくないし、もはやとられる年でもないけどさ(笑)。東野君はどうですか、「兵役に行けーっ!」て云われたら。

東野 そりゃイヤですよ(笑)。

 先進国だから、“良心的徴兵拒否”の権利は認められるでしょう。兵役がイヤなら、代わりに軍隊以外のところにボランティアに行かされる。ドイツには徴兵制があるけど、やっぱりそういう感じになってるはず。

東野 絓さんの周りの他の若い人たちにそういう話をすると、どういう反応ですか?

 やっぱり引かれるけどさ(笑)。でもロジックとしてはあり得る話でしょ。国民主権なら自分の国を守ることは権利として捉えうる。その権利を現在は奪われてると見ることもできるんです。もちろん女もね。女も徴兵する(笑)。

外山 欧米の左翼にはそういう“徴兵制要求”の議論もあるんですか?

 あるよ。フレドリック・ジェイムソンというアメリカの思想家がそういうことを突然云い出したりしてる。

外山 最近、ですか?

 うん、昨年か一昨年ぐらい。ジェイムソンの場合は、やっぱり“福祉政策”としての提起だね。それによって若年失業者を救済できるっていう側面を最も強調してて、オレが云ってるような“国民主権下での権利”としての主張とは違うけどさ。「徴兵制はやらない」って安倍ちゃんが云ってるのは国民主権への侵害なのではないか、っていうロジックで安倍ちゃんや自民党を批判し、対抗することは可能なんじゃないか?


 ファシストとして改憲にも徴兵制にも反対!

外山 ノイホイさん(菅野完氏)が云うには、日本会議とか、“改憲”を目指してる人たちは、衆参で改憲を決議すること自体はもうすぐ可能だと考えてるけど、その後の国民投票で負けちゃうことを恐れている、と。

 それはそうでしょうね。

外山 せっかく国会は通過しても、国民投票で負けたら、またあと何十年か改憲はできなくなってしまう。

 それに改憲案を国民投票で通そうと思うなら、自民党側もやっぱり“勝てる改憲案”しか出せないですよ。となると9条もそんな大幅にはいじれないだろうし、せいぜい自衛隊をはっきり合憲だと云える程度の改変ぐらいでしょう。それよりも主眼は公明党なんかも云う“環境権”だとか、障害者や同性愛者の権利であるとか、それこそ“68年”的なテーマを新憲法に書き入れるようなものにしかならないし、そうでないと国民投票で通りません。1条をいじって天皇を「元首」と規定できるかどうかも危ういぐらいだと思います。

外山 ともあれ国民投票で改憲派が負けて、9条も今のままダマしダマし運用していくことになれば、左派はまた今後も9条に呪縛され続けるし、絓さんの云う“徴兵制を要求する左派”なんかますます登場しにくいですね。

 遠のく。

外山 いっそ改憲しちゃえば、左派はもっと自由に発想できるようになるはずなんですけど……。

 そうそう。

外山 先日もツイッターで書きましたが、9条があることによって縛られてるのは、自由に“解釈改憲”をやってる政府ではなく、むしろ9条信仰で一般大衆からバカにされて支持を拡げられずにいる左派の方なんです。左派を敵と見なしてるファシストとしては、だから今のままでいいんですけど(笑)。

この続きをみるには

この続き: 6,870文字

絓秀実氏との対談(2016年6月17日)・その5

外山恒一

210円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
外山恒一
革命家。マルクス主義、アナキズムを経て03年よりファシスト。福岡市在住。九州ファシスト党〈我々団〉総統。サイト「外山恒一と我々団」(link: http://bit.ly/1wp0Ggi)