見出し画像

試しにワーケーションを実践したらどうなるのかやってみました

  東京都はGotoキャンペーンから外されてしまいましたが、東京都のホテルは独自にキャンペーンを実施しており、普段よりも格安で宿泊できることを知りました。

 コロナ禍のため、観光で地方に行ってもあまり歓迎されなさそうです。それであれば、この際普段泊まったことのない東京のホテルに泊まって「ひとり合宿」 を開催したり「ワーケーション」したらどうなるのか試すのも良いのでは。

  ということで、シルバーウィークを利用してワーケーションを行ったらどうなるのか試してみました。

  ちなみに「ひとり合宿」については、以前に記事を書きましたのでこちらをご参照ください。

ワーケーションのサマリ

宿泊先は「ヒルトンお台場東京」。

画像1

 あてがわれた客室は、左手にフジテレビが見える景観の良い部屋でした。 

画像2

  客室で仕事をするための環境をセットアップ。テレビにはHDMIケーブルが備え付けられておりPCに接続できるのですが、テレビ自体は動かすことができません。そのため、写真のようにPCをテレビの近くにおいた状態で作業をする必要があります。幸い、自前のワイヤレスキーボードとマウスを持参していたので、特に問題なく作業環境は構築できました。ホテルにもよりますが、テレビが固定で移動させられないというケースは多いので、ワイヤレスキーボードとマウスは持参することをオススメします

  ワーケーション期間中にやった仕事は以下の通り。後ろのマークは「(主観で)どれくらい捗ったか」という評価です。

・自分のキャリアの棚卸し:◎

・会社内で今期目標達成に向けての課題洗い出し:◎

・弊部施策についてスケジュールと進め方についてまとめ、合意:○

・技術要素の学習、チームマネジメントについての読書:○

・作業の見積対応:△

・案件対応(単体テスト):△

以下、ワーケーションをやってみた感想です。

政府や自治体がワーケーションを推進するのはよく分かる

画像3

   こちらは平日のお台場の様子です。写真を取っていなかったのですが、4連休のお台場は家族連れでごった返していました(ホテルも混雑しており、チェックインに30分かかりました)。屋外ですが、まさに「密」の状態になっており、クラスタが発生したらどうしようと心配になるレベルでした(2週間経った今、自分に異常が発生していなくて心底ホッとしているレベルです)。それが平日だと人一人居るかどうかという状態で、平日と休日の差が非常に激しいです。

  ワーケーションを推進したい理由は色々あると思いますが、「平日と休日の差をなだらかにしたい」という意図はよくわかりました。


思考の発散・普段と違う仕事と相性が良い

「普段と違うところに来ている」ことが思考の転換になって、なにかアイデアを出したいという発散やごちゃごちゃしていることの棚卸しなど、普段やらないこと、時間を取らないとできないことが一気にできました。

画像4

  ホテルのラウンジでカフェオレ飲みながら読書。

  チームビルディングに思うところがあったので、以前に読んだ本を再読して、方針などを改めて考えました。


画像5

  お台場海浜公園は海風が心地よく、散歩に最適でした。

   お台場海浜公園を歩きながら、今後の目標、やりたいこと、やらないことをとにかく紙に書いて洗い出して整理。頭の中で考えていることと紙に書いて出して考えることは全然違いますね。矛盾や二者択一の選択、まとめることのできる内容など、思った以上にスッキリとしました。

  いずれにしても、普段なかなか時間が取れなくてできないことや、アイデアに詰まっているということがあったら、ワーケーションをやってみるというのは一つの方法かもしれません。以前会社でキックオフとして合宿を行っていたことがありましたが、あれはあれで合理的な面もあったんだなと思いました(でも、自由度も高くなく、思考の発散が捗る感じがしなかったので、やっぱりやりたくないです)。

炎上プロジェクトの対応や定型的な仕事は不向き

  一方で、単体テストの実施といった定型的な「手を動かすだけ」に近い仕事はあまり向いていないと思いました。向いていない、というよりはわざわざワーケーションを実施してまでやることではない、という方が正確かもしれません。

  もちろん仕事後のレジャーを楽しみたいから日中は集中してできる、という人もいると思います。でも僕の場合は、普段テレワークをしていることもあり、「この仕事をずっとするんだったら、わざわざワーケーションをやらなくてもいいよなあ」と思ってしまいました。

  部屋の片付けや食事の用意など諸々の家事をやらなくて良いのは快適は快適ですが、旅行に来たのにいつもと代わり映えしないことをやっている、ということ自体がしっくり来ず、ストレスになってしまいます。

  ちなみに今回の場合だと、緊急対応で残業せねばならない可能性もありました。結果的には問題なく残業しなくて済んだのですが、「せっかく観光地に来たのにろくに観光・レジャーができない」というストレスを溜めてしまうことも起こり得ました。なので、定型的な仕事や負荷の高い仕事を抱えている場合は、ワーケーションは止めておいたほうが良いでしょう。

まとめ:ワーケーションは前泊して発散準備をするのが吉

  今回はシルバーウィークを利用してワーケーションを行ったのですが、これが思った以上の効果をもたらしたんじゃないかなと考えています。休日にホテルに泊まり環境などをセットアップし、心身をほぐすことで発散準備ができたのでは、と考えています。

  このレポートがワーケーションを考えている方々の参考になれば幸いです。良いワーケーションを。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
読んでいただきありがとうございます!励みになります!
2