アラサー女のインドネシア旅日記

スラウェシ島で観光開発奮闘中 / 南スラウェシ州文化観光局勤務 / JICA海外協力隊…

アラサー女のインドネシア旅日記

スラウェシ島で観光開発奮闘中 / 南スラウェシ州文化観光局勤務 / JICA海外協力隊2023-2 / 観光 / 元旅行会社勤務 / インスタでスラウェシ島を中心にインドネシアの情報を発信してます(@sulsel_jp)

マガジン

最近の記事

  • 固定された記事

スラウェシ島ってどんなとこ?

スラウェシ島(Sulawesi)って聞いたことありますか? インドネシアの東に位置する赤道直下の「K」の形をした島で、マリンアクティビティからトレッキングにキャンプ、また神秘的な文化体験までできる、島全体がテーマパークのような秘境の島 とくに北部のマナドはダイビングの最後の秘境とも言われ、ダイバーの聖地にもなっています! 今回は南スラウェシについてご紹介します! スラウェシ島について基礎情報 時差:日本マイナス1時間 宗教:イスラム教(キリスト教@トラジャ) 言語:インド

    • スラウェシ島へ行くべき人の特徴5選

      こんな人はスラウェシ島へ行け!第5選をご紹介 ダイバーはスラウェシへ行け サーファーはスラウェシへ行け 秘境好きはスラウェシへ行け お祭り好きはスラウェシへ行け 刺激を求める人はスラウェシへ行け 以上がスラウェシ島に行くべき人の特徴5選でした

      • 【スラウェシ島観光開発120日目】公式インスタグラムはじめました

        スラウェシ島観光開発120日目 南スラウェシ州文化観光局の日本向け公式インスタグラムはじめました! ▼南スラウェシ州文化観光局のインスタグラムアカウント もともと観光局のアカウントはあったものの、インドネシア人をターゲットにしたもので、インドネシア語のみでした。 それをこの度、英語と日本語を追加しバージョンアップすることに! 今後は南スラウェシの文化や観光地、イベントなどを随時ご紹介していく予定です。 また、インスタグラムの他に、各観光地のPRも準備中! こちらもアップ

        • 絶対に食べたいスラウェシ名物5選

          インドネシアの中でも海鮮が美味しいと有名なスラウェシ島ですが、他に何が有名なの? 在住日本人がスラウェシ島に来たら是非食べて欲しい料理5選をご紹介 チョトマカッサル Coto Makassar マカッサルに来たら絶対に食べたいのが チョトマカッサル チョトCotoはスープという意味でマカッサルのスープ 濃厚そうな見た目に反して、味はさっぱりとした牛肉のスープ マカッサルのいたるところにお店があるが、中でも有名なのが「Coto Nusantara」 ピサンエペ Pisan

        • 固定された記事

        スラウェシ島ってどんなとこ?

        マガジン

        • JICA / 観光開発
          10本
        • 旅日記
          33本
        • 生活記
          5本

        記事

          【マカッサル】空港から市内への行き方

          マカッサル空港から市内への行き方をご案内します 行き方空港から市内への行き方は2種類 〇タクシー ★おすすめ★ 〇バス タクシー 〇配車サービス(Grab/Gojek) マカッサルではGtabやGojekなどの配車サービスがメジャー 事前に料金が分かるので安心 〇タクシー(Bluebird) メーター制のタクシーなら「ブルーバード」がおすすめ バス 時間はかかるが市内までバスが出ており、パナクカンモールまで一本で行くことができる(緑ライン)。またより南下したい場合

          【マカッサル】空港から市内への行き方

          【南スラウェシ州】イベント情報2024

          2024年の南スラウェシ州で行われるイベントをご紹介 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

          【南スラウェシ州】イベント情報2024

          バリ島1時間トランジットチャレンジ~着陸後何分で乗り継げる?~

          航空機の異なる国内線のトランジット 果たして何分で乗り継ぐことができたのか!? この間、ロンボク島へ行ったとき、飛行機がまさかの1時間ディレイ 乗り継げるか終始ヒヤヒヤしっぱなし それでは乗り継ぎチャレンジスタートです 12:30 バリ空港到着 今回利用したのはつなぎ姿のCAで有名な「スーパージェット」 当初の予定時刻を1時間オーバーして12:30の到着 12:40 降機 着陸後10分で降機完了 荷物ピックアップレーンへ移動します 13:00 スーツケースピックア

          バリ島1時間トランジットチャレンジ~着陸後何分で乗り継げる?~

          ロンボク空港徹底解剖~お土産まだ間に合います~

          ギリ島で有名なロンボク島 遊び過ぎてお土産買い忘れてた!って方 まだ間に合います! ロンボク空港のお土産屋さんを中心に、空港を徹底大解剖 手続き編 搭乗ゲートお土産編kayu manis oleh-oleh 一番大きな土産店 omae tenun ササック織の商品やバティックが欲しい人はここ! Sinambung お菓子等のフード系ならここ GIFT&SOUVENIR ロンボクロゴのTシャツ等のTHE土産ならここ 飲食編いかがでしたか? ロンボク空港内もお土

          ロンボク空港徹底解剖~お土産まだ間に合います~

          【スラウェシ島観光開発100日目】プロジェクト決定しました!

          インドネシアに来て早くも4か月が経ちました まずは生活に慣れることを目標に、観光隊員として少しずつ活動計画を作成しておりました。 インドネシアの公務員は本当にのんびり屋 また上下関係が厳しく上司の許可(サイン)が必須なため、何をするにも非常に非常に時間がかかる。。。 そんな中でやっと2年間の南スラウェシ州の観光開発プロジェクト(仮)が決定しました! どうなるかは本当に未知数で、もしかしたら全部失敗に終わるかもしれない けれど、その様子も含めて南スラウェシ週の観光開発の活動の様

          【スラウェシ島観光開発100日目】プロジェクト決定しました!

          ギリだけじゃない⁉︎ロンボク島の魅力3選

          ロンボクといえばギリ島が有名ですが、ギリ島以外にもロンボク島にはたくさんの魅力溢れる観光地がたくさんあるんです! ロンボク島への行き方ロンボク島へはバリ島から飛行機で30分 魅力3選リンジャニ山でトレッキング ロンボク島といえばリンジャニ山 標高は富士山とほぼ同じ3,726m この絶景を見に世界各国から登山客が集まります 南ロンボクはサーフィンのメッカ 南ロンボク島にはサーフィンビーチがたくさんあります 波が低く穏やかで初心者向けのビーチや、高い波の上級者向けビーチ

          ギリだけじゃない⁉︎ロンボク島の魅力3選

          【ロンボク旅#D7】東京ドームよりも小さい村で一生を過ごすサデ村に潜入

          最終日は空港周辺の観光地を巡ります 10:00 クタビーチ お土産をもとめ、クタビーチにある「Sasak Kuta Mandalika」へ 11:00 サデ村 ササック族が暮らすサデ村へ 東京ドームの広さもないこの小さな村内で結婚し一生を過ごすのだとか (近親相姦が少し心配になる。。。) 12:00 TANAWU AIRPORT HOTEL 出発まで時間があったので、空港のすぐ傍にあるワルンへ (空港まで車で3分) 14:00 空港 ロンボク旅行もついにおしま

          【ロンボク旅#D7】東京ドームよりも小さい村で一生を過ごすサデ村に潜入

          【ロンボク旅#D6】リンジャニ登山3日目/6時間の下山

          前日の疲労で立ち上がるのもやっとな3日目 最終日はただひたすら6時間下山し続けます 6:30 起床 7:30 スタート たくさん登った今度はひたすら下る! 12:30 昼食 もう足も上がらず言う事を聞かなくなってきた頃、待望の昼食 14:00 ゴール! ついについに完遂しました!いや~本当に長かった 下山口はSENARU村 登山口とは異なるので要注意です! 車で40分くらいかかるので、登山前に荷物がある人はSENARU側へ荷物を移動させておきましょう ▼到着

          【ロンボク旅#D6】リンジャニ登山3日目/6時間の下山

          【ロンボク旅#D5】リンジャニ登山2日目/17時間耐久登山で限界突破

          2日目は深夜1時に起床し、頂上での朝日アタック からの湖まで下山をし17時間歩き続けました 1:00 起床 2:00 スタート 6:00 山頂 9:00 朝食 起きてからすでに8時間が経過していますが、ここで朝ごはん 11:00 スタート 正直、今日はもう休みたかったけど、そんなことは許されず湖に向けて再スタートです ただひたすらに3時間下り続けます 14:30 昼食 昼食会場に到着 靴を脱いで湖の際を歩きます 15:30 スタート この時点でかなりの疲

          【ロンボク旅#D5】リンジャニ登山2日目/17時間耐久登山で限界突破

          【ロンボク旅#D4】リンジャニ登山1日目/人生初の山でのテント泊

          ついにリンジャニ登山スタート! 8:00 メディカルチェック まずは、健康チェックから 8:30 登山口へ移動 メディカルチェック終了後は、軽トラに乗り込み登山口へ移動 だいたい15分程度 9:00 スタート いよいよ2泊3日のリンジャニ登山がスタート 10:30 POS1 11:00 POS2/昼食 POS2(2合目)に到着!昼食タイムです! 13:30 POS3 生憎の天候、、、ここからは豪雨と共に山を登ります 17:00 PELAWANGAN/キ

          【ロンボク旅#D4】リンジャニ登山1日目/人生初の山でのテント泊

          【ロンボク旅#D3】リンジャニ登山チャレンジ準備編

          翌日からの2泊3日のリンジャニ登山に備え、ゆっくり準備をしながら過ごします リンジャニ山について 標高:3,726m(富士山よりちょい低い) ロンボク島最高峰、インドネシアで3番目に高い山 登山口は標高900m地点(富士山より往復30km以上長い) 位置:北ロンボク(空港から車で)2時間半程度 コース:スンバルン村発、スナル村着の2泊3日コース(上級者向け)が一般的 ※登山初心者や体力に自信のない人は3泊4日のツアー推奨 手配編 富士山より50mほど低いものの、道は整

          【ロンボク旅#D3】リンジャニ登山チャレンジ準備編

          【ロンボク旅#D2-2】断食明け祭り(タクビラン)に参加してきた

          イスラム教の30日にもわたるラマダン(断食)明けのお祭り「タクビラン」に、ムスリムでも何でもない日本人の私が参加してきました 19:00 夕食 今回はドライバーに招待して頂き、ドライバーの町のお祭りに参加してきました。おもてなし精神旺盛のインドネシア人、家に招待してくれるだけでなく、夕食までごちそうしてくれました。 21:00 お祭り開始 祭りの内容は各マスジッド毎に作成された山車を引き、最終的にコンテストで順位がつけられるというもの(地区によって内容は異なる) 山

          【ロンボク旅#D2-2】断食明け祭り(タクビラン)に参加してきた