新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

中古マンション買ってリノベする(はじめに)

中古マンションを買って、リノベーションをして、そこに住もうという計画が動き始めました。人生でそう何回もないことだと思うのと、似たようなことをする人が増えたらなんか面白いので、ライフログがてら経緯を残そうかと思いました。この記事を書いている現在、「マンションを購入して所有権を得たが、まだ引っ越していない」という状態です。

前住人が残した「貧乏人だから省エネ節電」の文字。ちなみに前住人はどっかのタワマンに引っ越したらしい。どういうことやねん

わたしについて

・記事執筆時点で32歳の男性
・東京都品川区のIT企業勤務(肩書はデザイナー)
・未婚、ひとり暮らし
・大学〜大学院は京都で建築学を専攻
・趣味はゲーム、漫画、脱出ゲームなど

なんで家買おうと思ったか

簡単に言うとこんな感じです。

・在宅勤務が続き、住環境を良くしようと思ったから
・自分好みの家に住みたかったから
・生活に変化をつけたかったから

資産形成的な観点はほぼありません。あんまり損しなければいいな〜、くらい。なのでもしかしたら不動産ガチ勢に言わせると情弱の買い物をしているかもしれない。

在宅勤務が続き、住環境を良くしようと思ったから
もともと(というか今も)は山手線の駅から徒歩10分くらいのところのアパートに3年強住んでいます。通勤の利便性を優先したので、勤務先まで片道徒歩15分ほどのところです。7.5畳の1K。家賃は管理費等込で9.9万円でした。別に狭くて困っているわけではないけど、必要最低限という感じ。都心が近くて便利だし、周辺環境も悪くないしでそんなに嫌いではありませんでしたが、どうしても「なんで30歳過ぎにもなって、(部屋だけ見ると)学生の下宿みたいな部屋に住んでるんだろう」という気持ちはちょっとあったりしました。

画像1

いまの家の嘘偽りなき状況

例によって COVID-19 によって在宅勤務が始まり、1年弱で数えるほどしか出社していません。近いうちに部分的な出社は始まるかもしれませんが、週5出社はもう時流的に無いだろうなと感じたので、少し都心から離れてもいいので広めの部屋でゆったりと生活したいなあと思い、2020年の夏くらいから引越し先をゆるゆると探し始めました。

自分好みの家に住みたかったから
そのときは普通に賃貸物件を探しており、購入は検討していませんでした(自分が家を買うなど、正直考えてもいませんでした)。ただ「なんかいい感じの部屋に住みたい」という気持ちは持っていました。わかりやすいのだと無垢の床板とか左官壁とか大好きだし、設計が凝ってたらいいじゃんとか思っていました(もともと建築設計専攻ですし)。なのでそういった賃貸物件がないかな〜と探していたんですが、なかなか見つかりませんでした。 goodroom とか眺めてた気がする。

みたいな話を建築設計事務所をやってる大学時代の同期と話していたところ、「家買ってリノベしよう」と誘われました。これまで考えてもなかった選択肢でしたが、「たしかにアリかもしれない」と思って返事をしたのがきっかけです。

画像2

端末変更でLINEの履歴消えたので相手視点のキャプチャ。THE・二つ返事。

生活に変化をつけたかったから
そう書くとただ勢いで決めたような感じがしますが、実際ほぼ勢いだけで決めました。自分が住みたいエリアの分譲物件と賃貸物件を比較して吟味したわけでもないですし、賃貸物件も探せばいいものが見つかったかもしれません。ただ、なんか面白そうな選択肢が視界に入った時点で、なんかもう「やろうや」みたいな感じになってしまいました。

32歳にもなってくると、周囲の友達はだいたい結婚して子供がいたりします。すごいことです。私はというと特に結婚の予定もなく、3年ほど前に転職していまの会社に入り、夜な夜な discord で友達と喋りながらゲームをしたり本を読んだりと、かなり気ままな独身生活を送っています。別にこの生活が嫌なわけではないですが、これくらいの年齢で一回生活をガラッと変えないと一生こんな感じでゆるゆると過ごしていくのかな、それはちょっとつまらないなと思っていました。そこになんかデカめの変化をつける手段として「家をつくる」というのは実は結構コスパがいいのでは、と思ったのでした。

全体の流れ

プロジェクトは大雑把に言うとこんな感じに進みます。
・資金計画をたてる
・条件を決めて家を探し始める
・いい家があったら申し込む
・ローンが通ったら家の購入契約する、ゲット
・その家をベースに設計をスタート(今ここ)
・設計がまとまる
・工事する
・工事完了、引っ越し

家を探し始めてから購入、設計、工事を経て引っ越しするまで、だいたい1年くらいをみておけばいいらしいです。家探しがスムーズにいったり、設計が爆速で進んだら短縮はできるっぽい。逆にこだわればこだわるほど長引く。

というわけで全体の流れに沿ってゆるゆると記事にまとめていく予定です。飽きたらやめる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
20
WebサービスのIA、UI。 誰の役にも立たない文章を書くのが好きです。