見出し画像

【tiktok広告】最適化を促す動画作成の秘密

とんまめ

1動画で150万の利益を出し、
ヒット動画連発!
「ワシは、tiktokの神や!どんな動画でも作れば当てれる!」
と思いあがってた5月6月7月…。

正直そう簡単にはいかんよね。

特に、9月は死亡していました…。。。

でもそのおかげで、
「我、神なり。」
の思い上がりから、
「我、凡人なり。いや、ただ運が良かっただけやん。たまたまやん…。」
と自戒…

9月死亡しながらも、
最適化がかかりやすい動画の法則というのを編み出しました。
(自分なりにですが…。。。)

書くか少し迷いましたが、9月のギリギリで良い動画CRができて、
「爆死してた9月分、残りの数日で圧倒的プラスにもっていくぞー!」
と気分が良かったので、書くことにします!

皆さん!「動画のCTR上げとけばいいやろ?」と思っていないですか?

実は、コレ半分正解で、半分不正解なんです。

正直、
・2秒視聴率
・CTRを上げる

CV付く

爆益

と思ってないですか?

2秒視聴率の概念は確かに間違ってないし、とっても大事な指標です。

でも、
2秒視聴率あげてCTR高めるゲームではないんです。
これで、数値合えばめっちゃ簡単ですが、

私たちアドアフィゲーマーの方の目的はなんですか?

そうです!「CPAを低く獲得し、ROAS200%以上目指し、管理画面をリロードし、ニヤニヤするのが仕事です。」
これ以外の目的は無いんです。
(予算運用の場合は、もちろんLTV中心で考えますよ♪でも、CPA安く取れない人にLTVなんて二の次、まずは、CPAをいかに低く獲得する技を身に着けるかのゲームなのです♪)

本題に戻りますが、
みなさんも
「2秒視聴率も30%超えてる、CTRも2%!でも、全然、CPA合わない」って経験ないですか?

本日は、これを言語化します。

では始めます。

tiktok広告のAI最適化は視聴傾向で学習されているのは周知の事実

視聴傾向学習とは、

AI「この人、めっちゃJKのダンスの動画見てるやん。しかも、政治とかの動画も。昔の歌とかにめっちゃ反応するやん。」
AI「こいつは、ぜってー、40~50歳代男やな!」

こんな感じでAIが見てる動画を判断して、ある程度の年齢や性別を判断しています。

この「視聴傾向」というKWがめっちゃ大事!

利益を出すには、動画CRにおいて視聴傾向の反応を深堀する必要があります

ここからは、私が具体的に経験した事例をもとに、考察していきます。

動画A:
10万円消化:CTR1.37%、ROAS100%くらい、序盤からROAS100%くらいの戦い。

動画B:
450万円消化:CTR0.62%、ROAS180%くらい、序盤からROAS200%くらいの戦い。

CTRの数値だけで見ると、圧倒的に動画Aの方が高かったです。CTR2%超える日もありました。
一方、動画Bは、最初からCTR0.7%くらい。でも、大きく崩れることなく、ずっと安定していました。要は最初からずーっと安定していた。

ここで2秒視聴率、平均視聴時間を見てみましょう!
動画A:
2秒視聴率:49.8%、一人当たりの平均視聴時間、5.49

動画B:
2秒視聴率:13.7%、一人当たりの平均視聴時間、6.01

動画Aは重要指標である2秒視聴率がなんと約50%、対するROAS180パーの動画Bは2秒視聴率13.7%

圧倒的、重要指標である2秒視聴質が
動画Aはバカ高いのに、動画Bは全然ダメ!

だけど、ROASは合っている!

何故だと思います?

要するに、動画Aは無理矢理CTRを高めただけの動画だったのです…。。。

「平均視聴時間も高いし、セットガチャに外れたんやない?」と思うかもしれませんが、違います。
もちろん私も、セットガチャを疑って、セット複数テスト行っています。
でもどのセットにしても結果は一緒…。
ROAS100を越えることはなかったです。。。

手っ取り早く結論を言います

CTRを上げるのは、ターゲットを絞った後にやること!

「は?」って感じかもしれませんが、この通りです。

ようは最初の段階でCTRや2秒視聴率ばかり気にしててもROASは合いませんよ!ってことです。

何故か?
様は動画Aはユーザーを釣ってるんです。

先ほどの動画視聴傾向を思い出してほしいのですが、
AIは、「こいつは、どんな動画を見てるかな?」って視点で私たちを見てるんです。

そこで釣り動画である動画AのAIでの取り扱いは
AI「動画Aって、色々な層に見られてるやん?いったいどんな動画なん?分かりにくいわー!2秒視聴質もCTRも良いし、まー色々なユーザーにまんべんなく見せよ!」
ってなるわけです。

結果

AIが動画Aのターゲットを絞り切れない

CV付きにくい

最適化かかりにくい

ROAS低下

利益出ない

というながれに陥ってしまします…。

対して、
動画Bの場合は、2秒視聴率は低いので、最悪やん!
って思いがちですが、
最初の2秒の訴求でユーザーを絞っているんです。

なので、AI的には
AI「動画Bは、この層に反応が良いな!動画Bの取り扱いは楽やな!この層に合わせておけば、2秒視聴は悪いけど、平均視聴時間も良い感じやし。ほらやっぱりすぐCV付いた。動画Bの配置は簡単。こんなんちょうだい!!」
ってなるわけです。

結果

AIが動画Bのターゲットを絞りやすい

CV付きやすい

最適化かかりやすい

ROAS良い感じ

利益出る

と好循環になるってわけです。

この段階で初めて2秒視聴率やCTRを高めよ

ここまで読んで
「なら、2秒視聴率やCTR関係ないやん!」
と思う方もいると思いますが、

ちょっと待って!
それは違います!

この段階まで検証できたら、動画Bの派生CRで
・2秒視聴率
・CTR
を限界まで高めることこそが、鬼ROASを連発する秘訣なのです。

さっき動画のターゲットを絞れと言いましたが、
今度は広げていく作業です。

ここまできたら、この訴求ならターゲットに刺さると確信した段階です。

ここが最重要!
刺さると確信したターゲットからどれだけ絶妙にROASを維持orさらに改善させながら間口を広げれるかが爆益の分かれ目です!

例えば育毛剤なら(あくまで例えばですよ)
当たると確信した動画の訴求が「M字ハゲのあなた」だとします。

この訴求のROASを維持向上しながら、間口を広げるってことです。
例えば、(M字ハゲから順を追うごとに間口を広げていきます)
階層1:「生え際なんかヤバくない?」とか
階層2:「デコが広くない?」とか
階層3:「風が吹いたら結構広いね」とか
階層4:「ずっと帽子かぶってるけど、帽子すきなん?」
階層5:「前髪良く触るのクセ?」とか
階層6:「秋に流行るメンズの髪型3選」とか
この辺にくると、間口広すぎて、2秒視聴率はバカ高いけど多分だれも買わないでしょうね。

最強の動画は、当たっている訴求でギリギリまで間口を広げれた動画。いわばチキンレース

ROASを維持改善しながら、
「どの階層まで攻めれるか?+量産できるか?」が勝負の分かれ目です。
上記の階層なら、おそらく、階層5までは見せ方次第ではVCつくと思いますし、ROASも維持向上の可能性はあります。

でも、
階層6はどうでしょうか?
おそらく、
「2秒視聴率爆上がり、CTRは上がる、ROASは最悪」って感じしょうね。

最適解としては、
階層1、2、3、4、5のどこまで間口を広げてCV付くか?
そして、
階層別の類似訴求を多く見つけて、どこまでCRを量産できるか?
だと思います。

この考えを動画CRに持ち込んだら、動画CR迷子だった人も目的をもって動画作成、訴求面において攻める部分(間口の意味)が明確になると思います。
ぜひ、この考えを使い倒してみて下さい♪

私は、まだまだひよっこ運用者ですが、爆益の日以外にも、爆損の日もテストして掴んだ考察です。
(たぶんダメだろな?と思いながらも、ちょっとテストしてみよ!って気持ちが強くそれだけでおそらく、負け試合と分かっていながら50万円は消えてます…。我ながらバカです…。。。)

このnoteが面白かったら、感想頂けると嬉しいです♪

ここまで駄文にお付き合いいただき、ありがとうございます!m(__)m
感想お待ちしています♪

ここから先は絶対見ないでください!買わなくてOKです!!

なにも有益なことは書いてません!マジで見なくてOKです。がっかしますので♪

この続きをみるには

この続き: 288文字 / 画像1枚

【tiktok広告】最適化を促す動画作成の秘密

とんまめ

100円

期間限定
\ PayPay支払いすると抽選でお得に /

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
とんまめ

サポートは全額浪費に使います。本能のままに使います。まずは、あなたのお金で焼肉を食べることが目標です!よろしくお願いいたします!m(__)m