見出し画像

チェルノブイリが観光地化していることから考えるダークツーリズムの意義

なるほどなぁ。

チェルノブイリは今こんなことになってるんですね。

ダークツーリズムについては、数年前にニコ動のイベントで聞いて以来興味を持ってるんですが、日本も福島のこれからを考える上で、知っておいた方が良さそうな話です。
実際、福島のダークツーリズムについては一部で始まってるみたいで、Netflixにもすでにレポート番組が上がってます。

ちょっと煽り気味の作りなので日本人としては見るとモヤモヤすると思いますが、海外の人から見ればこうなるというのが良く分かりますし、日本人がチェルノブイリに行けばこうなるかもしれないな、と考えると複雑な気持ちになる番組です。

被災地や事故現場を「観光」地にするというと、地元の人にとっては気持ちの良い話ではないでしょうし、反発される方が多いのも容易に想像できますが、一方で事故や犠牲者の方を忘れないためのシンボルとしてはとても重要だとも思います。

広島のいわゆる原爆ドームの保存についても、当時は地元で非常に激しい議論がされたと聞きます。
家族を亡くされた方々にとって、あの建物を見ることは想像を絶する苦痛だったはずです。
でも、だからこそ私達は広島で原爆の恐ろしさを学ぶことができ、忘れずにいることもできているわけで。

世界における日本の役割を考える上でも考えさせられる記事でした。

とりあえず、このドラマ見てみたいと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ここまで記事を読んでいただき、ありがとうございます。 このブログはブレストのための公開メモみたいなものですが、何かの参考になりましたら、是非ツイッター等でシェアしていただければ幸いです。

何かの参考になれば幸いです(汗)
25
ピースオブケイク noteプロデューサー/ブロガー。アジャイルメディア・ネットワーク アンバサダー/ブロガー。 ビジネスパーソンや企業の、ブログやソーシャルメディア活用の可能性を日々試行錯誤してます。 書籍「顧客視点の企業戦略」や「アルファブロガー」を書かせて頂きました。

コメント4件

はじめまして。いつも勉強させてもらってます。

世界中の人に忘れられないために「フクシマ」はシンボルとして残るんだと思います。ただ、私たちは何のために残すのか、何を伝えるのかきちんと理解して、ある種の聖域にしないと、安易にピ○チュウの落書きをされるようなチープな観光地になってしまいますね。
ホントそこが大事ですよね。
もちろん、それを決めるのは地元の方々にしかできないとは思いますが。。。
私はポーランドのクラクフから、アウシュビッツの現地ツアーに行きました。とても1人では行く勇気ありませんでした。負の遺産は残すべきだし行くべきですよ。
おう、それはまた無茶苦茶重いやつですね。。。
でも、歴史に学ぶって大事ですよね。
人間は都合の悪いことすぐ忘れる生き物ですし。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。