見出し画像

スマートニュースが、米国メディアのビジネスモデルに一石を投じている模様

これは凄い。

なんか日本人が読むと、最初違和感あると思うんですけど、これスマニューについてアメリカで書かれた記事の逆輸入です。

米国においてもスマニューは着実に成長してると聞いてましたが、こうやってメディアの未来の議論のど真ん中に入ってきてるのは何か嬉しいですね。

上記の記事読んで興味深いのは、アメリカだとそもそもプラットフォームがメディアにお金を払うという発想がなかったっぽいところ。
FacebookもツイッターもGoogleもフリップボード(懐かしい)も、あくまで記事をアグリゲートしたり、タイムラインからリンクするだけだから当然といえば当然なんですが。

日本だとYahooがメディアの記事を安く買い集めたから、既存メディアのネットビジネスがうまくいかなくなったみたいな議論がよく新聞社さんでされてた記憶がありますが、もともと払われない前提だとこうやってスマニューのように払う事業者が出てくると歓迎されるというのが興味深いです。

スマートモードに対する批判とか、一昔前の日本を見てるようでなんか感慨深かったり。

ちなみに、日本でもスマニューってメディアにお金払ってるんですかね?
アメリカだけなのかな。。。

そういえば昔NewsPicksも、ピックした記事に収益還元したいみたいなこと言ってたけど、どうなってるんだろう。

追伸
ちなみに、今週木曜日にスマートニュースの川崎さんと対談するので、ご興味のある方は是非どうぞ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

この記事を読んで、支援したいなと思っていただいたみなさん、このブログはブレストのための公開メモみたいなものですので、金銭的な支援よりは、いいねやスキボタンを押していただいたり、SNSでシェアしていただいた方が筆者は喜びます。 是非リアクションをお願いします。

何かの参考になれば幸いです(汗)
46
ピースオブケイク noteプロデューサー/ブロガー。アジャイルメディア・ネットワーク アンバサダー/ブロガー。 ビジネスパーソンや企業の、ブログやソーシャルメディア活用の可能性を日々試行錯誤してます。 書籍「顧客視点の企業戦略」や「アルファブロガー」を書かせて頂きました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。