見出し画像

キャリアコンサルタント 第13回 実技(論述)試験 36点の解答を公開!


こんにちは。国家資格キャリアコンサルタントの匿名係長と申します。

本業は、某企業の人事管理職として勤務しながら、副業としてキャリアコンサルタントとして若者の就労支援、ブログでの情報発信をしております。

私のブログは下記のURLをご覧ください。


私は、キャリアコンサルタントの論述試験を受験する際、どのように記述して良いのか分かりませんでした。

模範解答のようなものがあればいいな・・・と思い、ネットを探していましたが、あるのは全部キャリアコンサルティング技能士レベル、いわゆる「プロの方」ばかり。

プロの方が書いている模範解答は高得点で間違いありません。

私が見たかったのは、どのくらいの文字の大きさで、どのくらいの分量を書いて、どんな解答をすれば、何点取れるのか。

そこで、私が国家資格キャリアコンサルタントを受験する前に見たかった解答を私がこれから受験する方のために、記事を書いてみることにしました。

私の点数

勉強2

早速ですが、論述試験は36点(50点満点)でした。

論述試験が36点は高得点なのか?

という点は、第13回の平均点が一つの物差しになると思います。

画像1

私が受験したのは、キャリアコンサルティング協議会です。第13回の平均点は31.1点ですので、平均点よりも4.9ポイントも高い水準です。

一般的に「36点」は、比較的高い水準と言えるのでしょう。

画像2

また、私が通っていた養成講座の仲間の中でも、私が一番の点数でした。

養成講座での対策は?

画像5

養成講座では、定められた学習時間が年々増えていることもあり、論述試験対策までしっかりと実施できていないのが実情です。

ですから、養成講座終了後に、2万円程度の試験直前対策セミナーなどを実施しています。

この直前対策セミナーで配布される模範解答もキャリアコンサルタントのプロが出しているものです。実際、何時間もかけて考え抜いた解答ですから、出来が良くて当たり前です。

一方、私の書いたものは、試験終了後に記憶が鮮明なうえで書いているものです。

これから受験しようとしている皆さんに参考になり、一つのベンチマークになるものだと思います。

有料記事

お金×資格

続きを閲覧するには、有料となりますが、直前対策セミナーと比較すれば、格安です。

サンクコスト効果という言葉はご存じでしょうか?

既に支払ったコストを取り戻そうとする効果です。サンクコストに気がとられ、合理的な判断が出来ない心理のことです。

一般的には、ネガティブで使われています。

しかし、私は逆にとらえて欲しいと考えています。

人間はどうしても元を取りたいとか、自分の判断は間違っていなかったと思いたいという気持ちがあります。

そのエネルギーは強く、お金を払った分、元を取ろうとして、この記事を何度も見て分析することになると思います。

つまり、お金を払うことによって、自身への吸収率を上げる効果もあると言えるでしょう。

無料の情報にあふれかえっている現代ですが、ぜひ有料の記事を購入し、自身の吸収率を上げてください。

ダダより高いもの(結果、吸収できず費用対効果が低い)はありません。

下記はキャリアコンサルティング協議会のHPのリンクです。過去問をダウンロードしてください。

https://www.career-shiken.org/about/learninfo/

第13回 キャリアコンサルティング協議会 論述試験 36点の解答

この続きをみるには

この続き: 687文字 / 画像1枚

キャリアコンサルタント 第13回 実技(論述)試験 36点の解答を公開!

匿名係長@キャリアコンサルタント、人事管理職

550円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。引き続きよろしくお願い致します!!
某大手企業の人事管理職。金融機関勤務→現在、転職し、某企業の採用責任者→年間500名を面接。年功序列に疑問→副業を実施。転職やキャリコンの情報発信をしている「トクメイブログ」の運営、セミナー実施をしています。どうぞよろしくお願いします。