見出し画像

移転/マンガBANG!を運営のAmaziaが新築オフィスに渋谷内で拡大

TKさん@オフィス不動産 最前線

フリーミアム型マンガアプリ「マンガBANG!」の企画・運営や女性向けマンガメアプリ「マンガトート」の企画・運営の運営企画を行っているAmaziaがオフィスを移転する。

移転先は渋谷桜丘の再開発街区にあるビルへの拡大移転を予定しているという情報がある

従業員数は2022年9月30日時点では31名だが事業規模の拡大を目的とした移転、ビルの格式上昇を目的とした拡大移転になる。

会社概要と業態

同社の沿革を参考にすると以下のような沿革となっている

2009年10月
東京都渋谷区道玄坂に設立(資本金500万円)
2010年7月 共同購入クーポンサイト「GroupMall」サービス提供開始
2010年9月 株式会社イデアコミュニケーションを吸収合併
2011年10月 本社を東京都渋谷区円山町に移転

2014年11月フリーミアム型マンガアプリ「マンガBANG!」をサービス
提供開始
2015年8月「マンガBANG!」における電子書籍配信作品数強化を図るため、株式会社メディアドゥとの資本業務提携を締結

2015年11月フリーミアム型マンガアプリ「マンガBANG!」ストア機能追加2016年07月本社を東京都渋谷区円山町内に移転

2018年12月東京証券取引所マザーズへ(現グロース)の上場
2019年1月本社を東京都渋谷区南平台町に移転

会社のサービスについて

GroupMall(グループモール)
共同クーポン購入サービスであったが2013年には売却済み事業

フリーミアム型マンガアプリ「マンガBANG!」

「マンガEPIC!」
2022年サービス終了
マンガレーベル「マンガBANGコミックス」が立ち上がり、その後は「マンガBANGコミックス」へ窓口を一本化することとなり、2022年6月30日(木) 13:00をもちましてサービスを終了となった。今後は「マンガBANG!」をより強化していく方向へ

女性向けマンガ・エンタメ情報アプリ 「Palfe」→【マンガトート】へ
女性向けマンガ、ニュース配信をメインにエンタメ系コンテンツを提供するアプリサービス

上記をメインとしており、漫画コンテンツのフリーミアム&低額購入式のマンガアプリを運営している企業になる。

同社は無料モデルの漫画アプリ「マンガBANG!」運営だが男性向けに強みがある、上場後の戦略として女性向けマンガ・エンタメにも力を入れて販路を増やすような取り組みに力を入れている模様だ。

移転背景や過去のオフィス

この続きをみるには

この続き: 1,395文字 / 画像2枚

記事を購入

151円

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
TKさん@オフィス不動産 最前線

主にオフィスに関する不動産知識や趣味で短文小説を書いています。第1作目のツボ売り、それ以外も不動産界隈の話を書いていければ良いなと思っています。 サポート貰えると記事を書いてる励みになります。いいねをしてくれるだけでも読者がいる実感が持ててやる気が出ます