マガジンのカバー画像

写真生活

写真・カメラ機材・映像に関することから、周辺のビジネス、アイデア、仕事方法などを掲載していきます。見たもの読んだものの考察やオープンな場では書けない内容を深堀りして、これからを生… もっと読む
これから写真を仕事にしたい人や、既に商業写真を生業としている人に向けて、個人的経験を元にお送りしま… もっと詳しく
¥1,480 / 月
運営しているクリエイター

記事一覧

SL2Sを1年半使い込んでみてのエイジング報告

そもそもSLはエイジングするのか。 結論を言えばエイジングする。それはこの後たっぷり写真と…

300

SL2Sで動画と写真をうまく行き来するには

この日記ではほぼLeicaSL2-Sというカメラを使用して写真を撮っている。 SLはボタンひとつで写…

SL2Sファームウェア4.0のパースペクティブコントロール

Leica SL2-Sのファームウェア4.0にパースペクティブコントロールという面白い機能が付いた。 …

300

写真ではなくミニマリズムの話しをしよう

千葉の別宅に来ている。 荷物はハイパーライトの25Lくらいのバックパックに入れて全て持ち歩…

300

撮影から納品までのワークフロー [2022年版]

パンデミックの当初はzoomを利用したリモート撮影が一部行われていた。zoom上でスクリーンショ…

450

撮影技術以外に大切なこと

最近仕事をする中で改めて気付いたことがある。 商業的なフォトグラファーであれば撮影技術は…

300

ズミクロン愛、SLとM型ボディの比較において

単焦点レンズはできるだけ小さくて、地味なものがいい。 日々持ち歩いても、見た目にも写りにも飽きがこないようなもの。いや、地味なものは飽きやすい。実際自分は50mmで撮ることに、同じレンズで日常をひたすら記録することに本当は飽きているのではないか。 ライトルームに「ズミクロン」というキーワードを入れてみる。 何万枚もの写真がフィルタリングされて表示される。 50mmに飽きながら、ズミクロンに飽きながら、なぜこの同じレンズを人生で3回も買っているのだろうか。 たぶんその

スキ
7
有料
300

キャプチャーワンのトライアル活用法

デザリングソフトでお馴染みのキャプチャーワンは、アップデートサイクルが年々早まっている。…

SL2Sとズミクロン50mmで撮る長崎

7月の暑い日。 東京から飛行機と列車を乗り継いで長崎の実家へ帰省する。 用事を済ませてま…

300

iPhone13Proのプロ向け撮影設定

新しいiPhoneというのはいつでも楽しいもので、何を今頃という感じだけれど、やはり今回も楽し…

300

iPhoneでの動画撮影試験

朝から久々にヨガと瞑想をして走りにいった。割と早い時間でも既に30度を超えていて辛い。この…

iPhoneの写真を全てライトルームに入れてみる話し

7月21日、木曜日のこと。朝から晴れていて、ヨガと瞑想とストレッチをした。昼はスタジオの仕…

300

フォトグラファーのスケジューリングと機会費用の考え方

カメラマンのみならず請負仕事をしているようなフリーランス共通の悩みとして、仕事の日程が被…

300

Adobe Creative Cloudは必要経費なのか

Adobe Creative Cloudにすっかり慣れてしまった。 パッケージ版からの切り替え当初は、他のツールや業者との互換性の問題で、あえて古いバージョンで回しているプロが数多くいた。そうでなければ仕事ができない状況だったからだ。 書き出しのバージョンを選べるようになってからは個人クリエイターたちが率先してクラウド版を使うようになり、企業や制作プロダクションがそれに追従する形になり、気がつけばみんなでクラウドへの移行が完了していた。これはアドビ社にとっては歴史的変化だ

スキ
5
有料
300