見出し画像

数十年振りに健康な体を取り戻す事ができて改めて思う事

私は子供の頃からアトピーでした。
特に15年くらい前に発作が起きてからは全身に広がり重度でした。
人生観が変わってしまう程、自分の人生に与えた影響はとても大きなものでした。

どんな病気でもそうですが、その苦しみや大変さは当事者にしかわかりません。
アトピーの状態に振り回され
自分の体が思うようにならず
気持ちはあっても体がついていかない状態。

いろんな事を諦め、性格もどんどん卑屈になっていました。

外出もままならず、いつも帽子・伊達メガネ・マスク・年中長袖、足も出せないという状況。
帽子をかぶっていない私を見た事がないと言われる程。

日常生活に支障があるのはもちろん
発作が起きた時の苦しみは、皮膚が溶けてしまうような…私死ぬのかな…と思い、痛くて苦しくて寝たきりに近いくらいになり入院もすすめられました。
地方へ合宿のような治療に行った事もあります。
別件では、アトピーがあった事で皮下に菌が入り、抗生剤を点滴しなくてはいけなくて入院したことも。

アトピービジネスと言われる状況があり、
いろんな情報に振り回されて、良いと言われるいろんな治療法を試し、
時には詐欺紛いな事もあり心身共に傷付きました。
食事制限や激痛を伴う治療や体に負担のかかる治療や、今まで治療費にいくら注ぎ込んできたのかわかりません。

全身炎症を起こしていた体を動かすには
体に起きている炎症にエネルギーが使われているので
通常の何倍もエネルギーが必要で
とにかく体力がなくて、出掛けるにもフラフラでした。

何をしても良くならず、これはもう治る事はない、一生付き合っていかないといけないのだと諦めていました。

それが今までやってきた治療なのに、数ヶ月前から何がうまく噛み合ったのか突然状況が好転していき
気がついたら今は全身傷ひとつない肌で、ステロイドが一切必要ない状況に。

いつも体がだるいという感覚がなくなり
今までの私なら絶対無理だったであろうハードスケジュールにも耐えられています。

今楽に体を動かせている事が信じられないくらいに本当に嬉しいです。

改めて考えた時にこんなに綺麗な自分の肌を見たのは何年振りだろう…と改めて思い
人生の半分以上苦しみ続けた今までを思うと
戦って乗り越えてくれた自分の体に労う気持ちと
取り戻した健康はどんなに有り難い事なのかと当たり前の感情が湧き上がって、感謝の気持ちと共に
突然今までを振り返る気持ちになりました。

健康は心身共にあるということを身をもって感じます。
健康でなければ何もできません。

アトピーを患った事で
たくさんのアトピーに関する本を読んだり
食べ物や環境や体に関する知識はたくさんできました。
自分が苦しんだ分、辛い人の気持ちもわかると思います。
周りの人の支えや理解も必要です。
周りの人達も見ていて辛いと思うので、本当に感謝しています。

ただアトピーは「奇妙な」という語源の通り
原因もはっきりせず、確実な治療法もなく
世界で研究がされています。
私なりに辿り着いた持論はありますが
人により原因も良くなりかたも千差万別。
なので自分がそうであったように
これがいいよと安易な事は言えませんが
今アトピーで苦しんでいる人達にとってこの事実がささやかな希望になれば嬉しく思います。

igE値が高いなど素因はあるので
また悪化したりしないように心がけた生活はしていかなくてはいけないけれど
苦しんだこそ感じるこの当たり前でない健康に対する感動と
自分が今まで経験した事はこれからに活かしていかなければ…と思います。

幸灯工房wrote
#アトピー性皮膚炎 #健康 #感謝

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!
10
兵庫県赤穂市にある御崎灯台が丘。明るく静かな瀬戸内の海を見晴らす絶景の丘には、工房や美味しいお店、お洒落なお店が散在しています。それらをつなぐ海色の坂道と懐かしい風景。一日中歩き回りたい小さな丘からのメッセージ。http://todaigaoka.com/

こちらでもピックアップされています

幸灯工房
幸灯工房
  • 19本

森の家の中に工房があります。和紙のあかりの展示販売やワークショップを行っています。 http://yukiakarikoubou.com

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。