見出し画像

【8月14日㈰】もてぎ練

T_Matsu

 4:30起床。浮腫みがある。昨日のZWIFTの疲れも感じる。でも折角東京から走りにくるぱやおくんもいるのでしっかり走って最大限楽しもうと。
 今日は7:00体育館スタートでもてぎ練。ゆっくり朝食を摂って、妻と娘の分のご飯を炊いて、洗濯を干して…と家族ポイントを稼いで妻が起きてきたころに出発。

 体育館に着いた頃にポツポツと降ってきた😅

もてぎ練

 今日の参加者はぱやおくん、はしもとせいやくん、”多摩学連”KOソラくんと私の4名。

 昨夜の台風の所為で路面が悪そうなので不動峠ではなくて神社側から登り始めてインナーに落としたらチェーン落ち😢チャチャっと戻して風返しまで320wほどで登る。ソラくん、乗り込み不足で遅れていくけど風返しまで登り切った時に震える手でレモンわらび餅を補給。めっちゃおもろいキャラクター。いつも遅れても一人でちゃんと走り切るらしい。

風返峠でインターハイチャンプと遭遇
全国の猛者と競うのは大変だけど頑張れ💪

 湯袋経由で八郷に下ってフルーツラインを北上。ローテしながら道祖神。しっかり登る。380wほどで登るが、途中で橋本せいやがペースアップ。ぱやおと2人で付いていこうとするが、二人して同じタイミングで「これあかんやつ…」の判断のもと戦略的撤退w ベストから10㎏近く重いんだよなセイヤ…。こっちは絞れてきた体でめっちゃ頑張ってんのにwww 諦めずに最後まで踏んでPB更新の9:29/381w 大隊長練で一皮むけた感じ。大隊長に感謝。

 ボトルゲージの付いていないバイクで参戦の橋本セイヤ。なんだかなぁだけど、ビーフライン手前のセブンにピットインして補給。私は持参した玄米おにぎりを一個。なんとソラくんは黒みつチューブを購入w 糖質補給のコスパ良くて直接吸うらしいwww すでにソラ君のキャラクターに惚れた。
 再スタートしてビーフライン。なんだかんだバチバチやっちゃって、信号にもかからなかったのでPB更新して23:08 ガチTTやって信号かからなかったら22:00くらいまではいけそうな現状。遅れてソラ君到着。ここでも震える手で黒みつ吸ってるwww
 山桜で持参したおにぎり2個目とスポドリ補充。他の3名はソフトクリーム購入。そしてソラ君は抹茶ソフトに黒蜜かけて食べてたw なんか補給に黒みつがいい気がしてきたwww

 笑いも程ほどに茂木方面に再スタート。ここらからはペースも比較的落ち着いて県境を通過。深沢方面に左折し、ここらから道が細かくなるので初見の皆さんを私が先頭で一本牽き。そしてやや向かい風、となると4.5ほどのペースでしっかり牽いてしまってソラ君付き切れ。それでもちゃんと付いてくる彼は素敵。絶対強くなるタイプ。せっかくなんでいい村に立ち寄る。残念ながら羽二重餅はなかったのでずんだ餅とクルミ餅を3人におもてなし。

 再スタートして淡々と凍峠を登り切ってゆっくりダウンヒル。板敷峠を越えて八郷に入って宇治会のセイコマでまた補給。

私の補給はいつも通り

茨城が誇るコンビニ「セイコーマート」を堪能していただく。HotChefのおにぎり、ゆでとうきびなど食べてフルーツラインを南下してゆりの郷から風返し峠までおしゃべりしながらゆるクライム。スカイライン経由で帰宅。

今日は行き帰りともに風返峠⇔つつじヶ丘をカット。
今日の獲得標高2000mほど

 3名はもてぎ練(130㎞で2300m↑)のコースを始めて走ったけど、都内と比較して道広いし、信号少ないし、舗装も悪くないし、交通量も少なくて…最高だそうだ。まぁ冷静に考えたらそうだわな。私も以前、尾根幹を走った時に命懸けだなと思ったし。普段、当たり前のように走っているけど、トレーニング環境に恵まれていることを再確認&感謝。
 ヒルクライム練習の筑波山だけじゃなくてロードレース志向の方々もぜひ筑波山以北に走りに来てみてください~

 帰宅後は昼食をとって娘の迎えへつくばみらいまで。途中、ブラウっぽいジャージを着た若者がロードバイクを押していて、パンクかなでどこかのショップまで歩いてるのかなと思って見送ったけど、娘を拾った帰りにもまだ歩いてるので堪らず声を掛けたら、やっぱりブラウブリッツェンの子で筑波山走った帰りにバーストして修理不能で松戸の自宅まで歩いて帰るつもりとのこと。そんなの聞いてほっとけるわけないので車載でOTRつくば店まで運んで修理して自走で帰る手配をしてあげた。無事に帰宅できたのかな。

 16日に伊豆イチ予定なので、明日は軽めに筑波山に登る予定。
 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
T_Matsu
筑波山〜茂木界隈を走ってる大きい人🚴 日々のトレーニングやレース記録としてnoteやってます。 フォローやコメントお気軽に。