”やさしい”ウエッジの”やさしい”が難しい
見出し画像

”やさしい”ウエッジの”やさしい”が難しい

Motoharu ”T島”Tajima

T島ちょっと前に、サイエンスフィットに行った時のことが記事になっておりました

お腹が出てますね、今のT島は朝ストレッチして、朝ちょっと走ったり散歩したりしておりますので、痩せる予定です(そこじゃないだろ)えーっとサイエンスフィットって、何度も書きますが、スイングの健康診断ですよ。ほんとT島的には、保険が効けば毎月行きたいです。皆さんも是非

昨日はマーク金井さんにお誘いいただいて、赤羽ゴルフ倶楽部の薄暮ハーフに行きました。

画像1

暴風でボギーペースが精一杯でした。ラウンド中もヒント満載です。今回は『俺はクラブがこの辺までしか無い』というやつです。ほぼグリップの先ぐらいまでしか無い感じで振っているとのこと・・

ってことは『ヘッドなんか無い』ってことっすね

と独り言のように言いました。ヘッドを振ると思うとグリップエンドが支点となり、グリップエンドが動き続けるスイングが出来ません。まあ素振りでは出来るのですが、ボールを前にすると・・それもアゲンストだと、ヘッドがあるわけですよ。

うううううううううう

がんばります。えーっとマーク金井さん

コブラのSPEEDZONEとSPEEDZONEエクストリームを試打されておりました。SPEEDZONEはホント低スピンで、左へ絶対いかない!ぐらいの球でしたね。エクストリームはいい感じで低スピンです。T島的にはSPEEDZONEはちょっとかなりハードヒッター向け感がありまして、エクストリームならいい感じになりそうでしたわ。T島のインプレよりもマーク金井のが気になるでしょ?ってことで、そんな感じのこと言ってました。

んでT島はと言うと・・・

ホンマゴルフさんの新しいボール TW-SとTW-Xをテストしました

画像2

えーっと、ぶっちゃけ暴風すぎてよくわからない(汗)フィーリングは圧倒的にTW-Sのが好き。音がいい感じで、ショートパットが気持ちよく打てるんですわ。えーっと価格的にT島が愛用しているブリヂストンとかテーラーメイドのウレタンボールより安いんですけど、遜色ない感じでした。

T島的にはボールがほとんど無くならないので、気持ち的にちょっと高くてもあまり問題ではないのですけどね・・・(と言いつつ本日左のワンペナに1つ奉納しました。風に持っていかれました)

さてこちらの動画です

やさしいウエッジを探すというのですが・・・いつにも増してT島は歯切れが悪いんですよね。っていうのもですね、いつもハンドファーストに打てる人と、ヘッドを振り出しちゃう人では、やさしいとか打ちやすいってのがぜんぜん違うんです。

T島もウエッジの好みがかなり変わりましたモン。

ヘッド大きめ、ソール広め、バンス強めというのは変わりませんが、グースついていても平気になった。昔はストレートネックが好きだったのに。

画像7

グースがあるとなんかダフりそうだったんだよね。早くボールにコンタクトしてほしかったんだわでも、全然平気!マスダゴルフM425最高。mmウエッジも大好き。

っていうのも、ハンドファーストに構えるのが難しかったわけで・・

それは多分軌道がわるかったわけで・・・

きっとインサイドアウト軌道が強かったわけで・・

インサイドアウト軌道が強い人は、ソールの幅が広かったり、バンス角が大きかったりすると、ソールが邪魔なんですよね。っていうかソールが使えないのです・・・

画像3

たぶんですね。練習熱心でハンデ8〜15ぐらいのフッカーにとって、MSウエッジは難しいウエッジだったはずです。スライスに悩んでいる初心者からアベレージクラス、そしてハンデ5下ぐらいだとやさしいよねって感じかも・・・

やさしいのにミスすると、やさしいのに・・・と救われようがないので、T島も苦労しましたわ。まあそれでもなんとか使いこなしたアンダー星人ですよ。はいこの層って伸び悩んで、クラブにファンタジーを持ち込みやすいんですよね。逆にすげー上手くなっちゃうと、何でも良い とか言い出すわけです。

アプローチイップスの人を何人が知ってますが、軌道が結構インから来てます。あとフェースローテションかなり使う。共通するのはショットが良い、飛距離が出る、『あとはアプローチだけ』という追い込みをするので、つらいポイントが集中する。女子プロでも、結構ギリギリセーフみたいな人が意外といます。

画像4

T島はこういうウエッジが好きだったわけです。手首使ってスピンかけちゃうしね。でもこういうウエッジはフェース開いたりとか、いろいろできちゃう。MSウエッジみたいな、ややこしいことが出来ない軌道がダメだと使えないウエッジで、ポーンと打てれば治るんじゃね?と適当なT島はそう思うんですね。

大蔵ゴルフスタジオのMr吉田がオリジナルウエッジを作ってますが、これは刺さらない!面白いウエッジが出来ると思います。

T島も今ですね、取り組んでおります。グリップがアプローチの際に右サイドにあって、右で捌こうとすると、インサイドアウトでも打てますが、危険です。バンカーでホームランするヒト危険です。

グリップが体の左サイドに常にあって、それを動かし続ければ、アプローチの軌道が良くなるらしい。MSウエッジも楽に使えるし、↓こういうマニュアルなウエッジでも平気にななるんじゃないかと・・たぶん 知らんけど・・・これ使って練習してますが、アプローチ練習が楽しいです♡

画像5

だから動画でもさぁ 歯切れが悪いんです。

と自分の名前を商品につけちゃうと、そのクラブで失敗できないプレッシャーがかかってつらいよ・・・

画像6

やっぱりコレ、いい感じです。でも使いにくい。なかなか使えない(泣)T島メンタルヘタレだし。でも好きです。今年は使ってみようかなぁ なんて思っております。なんかどんなウエッジも上手く打てちゃう気がしてきたし・・・

といいつつ昨日は・・・ダメダメだった 練習します


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Motoharu ”T島”Tajima

よろしければサポートくださると超嬉しいです。ご質問などもありましたら気軽に書いてみてください。よろしくおねがいします!

ありがとうございます!がんばります!
Motoharu ”T島”Tajima
ゴルフ関連のライター、動画撮影編集、ブロガー、フォトグラファー、YouTuber的な(笑)、いろいろやってます。 ゴルフ、クルマ、カメラ、音楽、映画、ガジェット、が好きです。以前は、店舗の運営、出店、立て直しを25年やってましたが、何故かこんな仕事をしています。