見出し画像

【障害者雇用】一般雇用の違いと求人の見極め方や面接のポイント

Boyaです!

結構皆が気になるポイントだと思いまとめてみました。僕なりに失敗しないために

・求人を見極めるポイント
・面接のポイント

を纏めてみました!面接のポイントでは今まで僕が経験した面接を受ける側の観点と、これから雇用しようとする企業側の立場に立ってこういう基準で判断するという僕なりの提案をしたいと思います。

僕は障害者就労を選んだため、一般就労との求人の見方や書類内容の作り方、面接の違いにかなり戸惑いました。

僕なりに解釈したその違いと戸惑いをお伝えしようかなと思います。初めて障害者雇用する企業の方も参考になればと思います。

本テキストは今後バージョンアップしていこうと思っています。下記にバージョン履歴を載せていきます。

バージョン履歴
Ver 1.0 2020/2/11  初版
Ver 1.1    2020/6/18  目次を追加及び文章追記及び校正
Ver 1.2   2020/8/11        関連記事リンク追加及び一部文章追記及び校正

※この記事はあくまで精神障害者を対象としていますので、身体障害や知的障害の方は違った軸での採用基準であることをご理解ください。

それでは行ってみましょう!

この続きをみるには

この続き: 6,571文字 / 画像4枚

【障害者雇用】一般雇用の違いと求人の見極め方や面接のポイント

Boya

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートのほどよろしくお願い申し上げます。サポート費はより良いコンテンツの提供や今後の展開していきたいコンサルティング事業の費用に充てサービス向上を目指したいと考えております。

スキありがとうございます!もっと役に立つ情報を発信します
15
うつ病歴13年生活保護から大手企業の正社員へ完全復活したノウハウを発信|将来を諦めていないメンタル療養者を最短で復活させる|うつ予備軍の予防|障害者雇用希望の会社を支援|体重117㌔→70㌔成功|IT技術者15年|プログラミング歴10年|Excel自動化相談応じれます
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。