まだもっちー

2011年10月1日 浦安市文化会館

15周年ツアー
「EVERY LITTLE THING 15th Anniversary Concert Tour 2011〜2012 "ORDINARY"」の初日

1曲目の”アイガアル”を歌い終わると
「声が出るー!」
と嬉しそうにするもっちーの姿を見て僕も自然と笑顔になった。


僕がELTを好きになったきっかけが、犬夜叉のOP曲”Grip!”を聞いた2003年、当時中1。
ファンクラブに入って本格的にファンになったのは2006年の高1、かれこれ13年になる。

始めて行ったライブが10周年記念ライブで、それ以降ほとんどのツアーに3~4回参加している。
10周年ライブのオープニングでシルエットの映った幕が急に下がって”Feel My Heart”が流れた時はめっちゃシビレたなぁ。
「これがライブかぁぁぁ!」って衝撃だった。

僕がライブに通い始めた頃のもっちーは喉の調子があまり良くなく、ツアー中も苦しそうに歌う姿を何度も見ていた。
それでも歌中にダンスを取り入れたり、お客さんと距離の近いMC、好例のアホコールでいつも僕らを楽しませてくれようとしているのが伝わってきた。

だからこそ、15周年のライブで
「声が出るー!」
嬉しいそうな姿を見れたのが、僕も何よりもうれしかった。

その時のMCでも
「15周年ライブで声を出せるようコンディションを整えてきたので、思い切り歌えてめっちゃうれしい!」
と言うのを聞いて泣きそうになったのを覚えている。

もう8年も前なのにね。笑


先日の23周年ライブでも、めっちゃ楽しそうに初期の3曲を歌う姿を見てこれもまた自然と涙が出てきた。笑
(泣いてばかりだな 笑)

13年以上も同じアーティストをずっと応援できることはとてもありがたいことだと思う。
僕がファンでいても活動休止になってしまえば、ライブに行けなくなってしまうし。

だからこそ続けてくれてありがとうと言いたいです。


直近でもソロで”まだスイミー”をリリース。
”まだ結婚できない男”に寄り添ってる姿勢が本当に好きです。
ファンにもそのスタンスがめっちゃ伝わってくるんですよね。


僕もこうやって長く応援してもらえるような人間になっていきたいと思います。
なんかこうね、一貫したスタンスであり続けたいですね。


これからも応援しています!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

自己理解が大好きな29歳。【誰もがイキイキと働くことができる】を信念に【このまま今の仕事を続けていいだろうか・・・】と悩む方を自己理解コーチングでサポート。自己理解もっと広がれー! <経歴> 早稲田大学大学院→野村総合研究所SEを3年半→自己理解キャリアコンサルタント独立
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。