見出し画像

18.レズ風俗キャストが抱える悩みとは?

レズ風俗店のキャストはどんなことで不安になったり悩んだりするのでしょうか? 不安の発信源は?

想像してみてください、自分ならどうだろう? と。

悩みはキャストひとりひとり違っていて、ここで挙げだしたらきりがないほどです。

たとえば、「自分には経験がないから引き出しも少なくて、お客様の期待に応えられない」という悩みがあったとします。

経験がないなら経験するしかないし、引き出しがないなら自分に引き出しを与えるしかない。もっと物事に関心を持ち、気になることはどんどん調べて、理解していくこと。求めるのではなく、みずから得ていく。そういう意識を持っていないと成果は得られません。

要は、待っているだけでは何も入ってこないのです。好きなことに貪欲になって、やりたいことはすぐやる。イメージや創造性、自分の可能性を信じて、栄養を与えてあげること。

そんなことを私から伝えますが、これは自分への教訓でもあります。私はこうした考えを胸に、ずっと生きていたいです。

期待に応えられないなら、無理に応えようとしないこと。がんばるのはとても素敵なことですが、無理をしすぎると余裕がなくなります。とてもシンプルなことだと思います。

お客様をじっくり観察してみてください。

相手の顔を見て、目を見て、行動をじっくりと観察するのです。言葉ではなくても伝わってくる雰囲気や空気を感じ取れるはずです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
永田カビ先生著「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」にも登場!女性向けコースの他、男性利用可能な鑑賞コースやカップルコースもあります。代表「御坊」著書『すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。』https://www.amazon.co.jp/dp/4866211253