見出し画像

39.お客様の卒業式を、念願の場所で…

私は、お客様の卒業式を迎えたことがあります。
「もう逢うのは最後にしたい」と告げられました。
私が一番悲しい瞬間です。

それでも、ちゃんと私に告げてくれました。
何もいわず自然消滅よりは、いいのかもしれません。

理由は、「ゆうのことを本当に好きになってしまったから」ということでした。

名称未設定2*

私たちの出逢いは、このレズ鑑賞クラブティアラ。
ここで出逢ったからには、それ以上を望むのはとても危険なことです。

それでも人間の感情は止められないものです。
好きになったら止まらないーー。

そのお客様は何度も気持ちを落ち着かせ、冷静になり、お店に通ってくれました。私といい距離感を保つ努力をして、一生懸命逢いにきてくれました。

その一途さに何度も胸を打たれたものです。

胸が締めつけられるような想いもたくさんありましたが、私にできることは、自分も気を強くもってお客様に寄り添うことだけです。

名称未設定2*

最後だというその日は、特別な場所で長時間のお泊りコース。特別というのは、私がずっと行きたかったホテルを予約してくださったから。

そこでいつものように本格的に交わるのではなく、ほとんどの時間を添い寝して過ごしました。

それが私たちの卒業式でした。

もう逢えないのかと思うとぐっと込み上げてくるものがあり、感極まるのを何度も食い止める……私にとっては、そしてきっとそのお客様にとっても、そんな時間でした。

名称未設定2*

卒業は、悲しいことばかりではありません。
私と逢わなくなっても、次の新しい生活がはじまります。
それが、お客様にとっていいことであれば止める必要もありません。

人生の区切りなんだと思います。
ここでいろんな経験をして幸せになった人は必ずいるはずです。

幸せをつかむための卒業です。

そんな幸せの一歩の準備、そういう場所だとも思っています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
永田カビ先生著「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」にも登場!女性向けコースの他、男性利用可能な鑑賞コースやカップルコースもあります。代表「御坊」著書『すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。』https://www.amazon.co.jp/dp/4866211253