note8なし

8.キャストとしてデビューした、あの日

私にとってのはじめての接客……なつかしいですね。断片的ですが少しずつ思い出しています。

はじめてといっても、実は入店してから1年ほどずっと予約がない状況でした。

いまから10年前、レズっ娘クラブには現在の倍以上、30人近くものキャストが在籍していましたが、お客様の数はとても少なく、お店自体に入ってくるお仕事の数もとても少ない状態でした。

いまでは考えられないことですが、私はプロフィールページで顔出しをしていました。これはとても危険なことですが、このころはそれがご予約につながると思っていましたし、ほかのキャストもそうでした。

けれど私は当時、本業に力を入れていたため、ブログやお店のイベントといったお客様へのアピールとなる活動に時間をかけられず、幽霊部員のような状態でした(笑)。結局、一度もお仕事をすることなく、いったん辞めてしまいました。

なので最初のご予約は、出戻りしたあとになります。

出戻りといっても、2カ月ほど辞めていただけです。案外すぐに戻ってきました(笑)。予約ゼロのまま辞めたくない、もう一度挑戦したいと思ったのです。

当時、お店ではオフ会を頻繁に開いていたので、それを機会に復帰することにしました。するとその数日後、なんとはじめての予約が入ったんです。

オフ会なんて、今では考えられないでしょうね。キャストたちとお客様、お客様になってくれるかもしれないみなさんとの大宴会ですよ。

ひとりずつ自己紹介をしたり、カラオケを歌ったり。斬新でした。ビデオ通話のあるチャットなんかもしてましたよ。びっくりですよね?

それほど、お客様とキャストが近い距離にいたんです。濃厚な時間を過ごしていました。

オフ会のあとには、割引キャンペーンがはじまります。キャスト一同、お客様の取り合いで大変なことになりました。それだけ張り合っていたんでしょうね。

はじめての予約をいただいたとき、想像を絶するほどうれしくてたまりませんでした。

同時に緊張と恐怖心もぐっと込み上げてきました。

何を着ていけばいいだろうか?
どんな髪形でいこうか?

……など、そのたったひとりのお客様のために、とても忙しく頭を働かせていたのを覚えています。考えることがたくさんありました。

とにかくうれしい。
やっと必要とされたんだ。
ここから何か始まるかもしれない

と、希望に満ちていました。手探りでもがんばろうと思い、ぶっつけ本番な気分で挑みました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
33
永田カビ先生著「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」にも登場!女性向けコースの他、男性利用可能な鑑賞コースやカップルコースもあります。代表「御坊」著書『すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。』https://www.amazon.co.jp/dp/4866211253

こちらでもピックアップされています

レズ風俗キャストゆう、気づけば10年やってます
レズ風俗キャストゆう、気づけば10年やってます
  • 94本

『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』にも登場したベテランキャストゆうさんによる回顧録『レズ風俗キャストゆう、気づけば10年やってます』がnoteにて連載開始しました!