見出し画像

74.キャストは知ってる! ラブホ事情

ある日の、事務所。たまたま居合わせたキャストとこんな話で盛り上がりました。

「あそこのホテル、お風呂が……なんだよね……!!!」

そうなんです、ホテルあるあるの話ですが、あのホテルのあそこはこうだとかああだとか……話し出したら止まらない(笑)。まあ、いろんな“あるある話”が出てくるんです。

夜どおし酒を交わしながら朝まで話せるんじゃないかと、ふたりで大笑いしました。ホテルについて感じていることもやはり一緒で、共感できるところがたくさんでした。

こうやってキャスト同士でホテル事情を共有していくのもいいなあと感じたものです。

名称未設定2*

私たちキャストは、ビアンコースでホテルに入ったら手早く準備をします。当たり前のことですが、自分が率先してその場を作り上げていかなければなりません。ホテルの場所から、建物の構造、内部事情まで、ある程度の基本は把握しておかなければならないのです。

部屋の特徴も、備品も、ホテルによって異なるものです。そのすべてを少しずつでもいいので把握しておくこと。これがお客様をスムーズに案内するには、とても重要になってきます。

名称未設定2*

たとえば、ホテルの建物に裏口があるかどうか?

これは、表玄関だと人目につくことが多いので必ずチェックします。お客様によっては職場が近いなどの事情もあるかもしれないので、事前に確認しておくことがお客様の利用バレ対策にもなります。

ほかには、フロントで受付の人と顔を合わせたくないというお客様もいます。ラブホテルの内装だって落ち着いた雰囲気がいいとか、かわいいところがいいとか、いろんな好みのお客様がおられます。女子会プランがあるところを希望される方もいますね。

名称未設定2*

お風呂の事情も、なかなか手ごわいものがあります。

お湯の温度調節はしやすいか、ジェットバスは使用可能か、照明が調整できるかはもちろん、照明やジェットバスをONにしてから切れるまでの時間はどのくらいか……。いい出すときりがないくらいです。

タオルの枚数や、風呂上りスリッパの有無。
バスローブ、歯ブラシ以外の備品がそろっているかどうか?
乾杯ドリンクやデザート、食事サービス。
室内の照明の調節やBGMのかけ方。
コップはひとつ、それともふたつ?
入浴剤はあるか?

お客様が自分専用のソープや歯ブラシセット、洗口液などをセレクトして持参される場合もあります。私自身は、いつも化粧ポーチに洗口液や歯ブラシセット口臭予防のグッズなどを常備しています。ハンドクリームや化粧水など必要なグッズはそろえています。

ホテルの浴室では、肌にやさしい泡のボディソープで洗うようにし、ボディタオルの肌当たりも注意するよう気を配ります。

名称未設定2*

私たちキャストは、そういったこともいろいろ考えてお客様に逢いにいくんですよね。

この世界の、プロということです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
16
永田カビ先生著「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」にも登場!女性向けコースの他、男性利用可能な鑑賞コースやカップルコースもあります。代表「御坊」著書『すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。』https://www.amazon.co.jp/dp/4866211253