見出し画像

40.本気で好きだから卒業すると決めた

話を少し前に戻します。卒業式をして見送ったお客様は「ゆうさんに逢うのがつらくなった」と話してくれました。

ほかのお客様と逢っていることを想像したくない、ブログを見ることもしんどい。そんな感じだったようです。

独占欲と嫉妬、いろんな想いで困惑していたのでしょう。

名称未設定2*

たいていのお客様は、特に何もいわず自然消滅していくものです。お店を通してお逢いするので、私たちはお客様の連絡先も知りません。だから自然消滅のあと、私たちはお客様の行く末を知ることができません。

理由はさまざまです。

お店自体の卒業。
または、ほかのキャストに乗り換えている、なんてことも。
金銭的に厳しくなったり、環境が変わったり、パートナーができたり。
遠方への引っ越し、怪我、入院……。

考えたところで、私たちにはどんな理由かわかるわけもないのです。

名称未設定2*

ここでまた、話を戻します。

卒業式をしたお客様が、なんとまた予約をして私に逢いに来たのです。
そして、再会した私たちはたしかに楽しい時間を過ごしました。

この日、彼女は「これで最後」とはいいませんでしたが、それっきり逢っていません。

名称未設定2*

お客様の卒業式ーー。

私たちにとっても、お客様にとっても、卒業式は必要?
それとも必要ない?

そんなことを考えてしまいます。

最後にとても大事なことをいいます。
私たちが卒業する日もまた、いつやってくるのかわかりません。

私の卒業式はできるだけ多くの方、いえ、いままでお逢いしたすべての方にお逢いしたいくらいです。

私が最後にできるのは、あなたを笑顔にすること。
それだけです。

あなたの元気な姿を、見せにきてほしい。
そう願うばかりです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
永田カビ先生著「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」にも登場!女性向けコースの他、男性利用可能な鑑賞コースやカップルコースもあります。代表「御坊」著書『すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。』https://www.amazon.co.jp/dp/4866211253