海のイドバタ会議 / Ocean Evangelist 守 雅彦
30年に海底を「見える」化 ベンチャー・研究者が集結
見出し画像

30年に海底を「見える」化 ベンチャー・研究者が集結

海のイドバタ会議 / Ocean Evangelist 守 雅彦

2022年3月27日 日本経済新聞

2030年に海底地形図を完成を目指した「日本財団―GEBCO Seabed 2030」が躍進している。

地球最後のフロンティアの海。日本財団と大洋水深総図(GEBCO)が共同で進める本プロジェクトは世界中に点在する海の水深データを集め、地球全体の精緻な海底地形図の完成を目指す。総額40億円、42カ国の170団体が参画する。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
すごくモチベーション上がりました!感謝です
海のイドバタ会議 / Ocean Evangelist 守 雅彦
Ocean Evangelist(海の伝道師)/ #始動6期 #海のDX #SDGs14 海の最新情報・DX・ SDGsなどのネタを掲載しています。日本の海の産業は魅力や可能性に溢れています。そんな海で活動している人たちが業界の枠を越してゆるくつながる世界を目指しています。