藤原 樹

大学でサッカーをしていました。 今はアトラエという会社で新卒採用をしております。
固定された記事

体育会は今、鎖国状態にある

登校してまずすることは、”朝練”ではなく”朝勉”。休み時間は分からない問題を先生に質問するか数学の問題集を解き進める。午後7時には部活を終え、そこから夜遅くまで…

いま、チームを良くしたいと考えている大学生の皆さんへ

「体育会は今、鎖国状態にある」というブログを書いて一年がたった。 外からの学びを相対化して自分やチームと接続させることで、より自分の競技を好きになれたり、自分…

2-14 ”信じる”ちから

筆者は信じるということについて以下のように述べている。 “教師が生徒の可能性を信じたために、「自己成就予言」(他人から期待されると、それに沿った行動をとって期待…

2-13 「他者観点」はマジレスによってでしか育まれない

どのようにしてメンバーを巻き込んでいくのか。 筆者は以下のように述べている。 “「視点のズレ」という。心理的・身体的な興奮状態を経験していないとき、人はそれが自…

2-12 組織を失敗に導く「責任のバイアス」

また、筆者は本書で相手の努力に対して自分の貢献を高く見積もる「責任のバイアス」について述べている。責任のバイアスとは、相手の努力に対して自分の貢献度合いを高く見…

2-11 4年生からでは遅い「特定人物固有信用」

特定人物固有信用とは、心理学者のエドウィン・ホランダーが提唱した考え方で、グループのメンバーに積み立てられる、相手に対する信用のことである。筆者は “ギバーとし…