『はざまにある部屋』本日発売。“沢村怪異譚”の歴史。旅立つ色紙たち

画像1 『はざまにある部屋』 本日発売となりました。
画像2 書店さん店頭に置いていただける色紙も、旅立ったところです。 沢村本人が移動を禁じられる代わりに、思いを載せて全国に散ります。 あなたの町の書店さんでも、 沢村の変な直筆が待ち構えているかも知れません。
画像3 よろしければ、もう一冊の潮文庫 『あの世とこの世を季節は巡る』 も改めてよろしくお願いします。
画像4 振り返れば、少年少女が闇に挑む物語は、 沢村の名で幾つも世に出てきました。
画像5 いつの間にか積み重なり… また一つ、新たな物語をみなさんに届けられることは言葉に尽くせない喜びです。 かつてない災厄が襲い、どなたにとってもつらい夏を迎えています。この物語の子供たちと暗闇に挑んでいただくことで、みなさんの心にわずかでも光を灯せることを祈っています。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
感謝
4
http://www.t-sawamura.net/ 最新作『はざまにある部屋』発売されました。『極夜3 リデンプション』、 アンソロジー『刑事の灯』も発売中。多分野の小説を執筆。 ◆ここに公開するのは、ここでしか読めない物語群です。 楽しんでいただければ幸いです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。