就職氷河期と居酒屋甲子園

★追記あり(2018年3月17日更新)

 少し前の話になるが、皆さんは居酒屋甲子園を覚えているだろうか。

 NHKの番組『クローズアップ現代』の特集「ポエム化する社会」で紹介されたイベントである。放送当時は「共感をあつめやすい“ポジティブな言葉の多用”が若い世代を中心に広まっている」という現象を紹介する事例として紹介された。

 実際に放送当初は、その異様な(ともすればグロテスクともいえる)光景に対し、インターネット上では批判の声が多くあがっていた。若者を低賃金で安くこき使うだけでなく、その上洗脳までしている——まさに「やりがい搾取」の典型であるという論調が根強かった。その批判はもっともであるように見えるが、それは問題の一部、あるいは表層でしかないだろう。

 世間はあまりにインパクトの強いその光景に目を奪われ、彼らがその全身で伝えようとしていたメッセージに気づくことができなかった。居酒屋甲子園がテレビで脚光をあびてもう3年近く経つ。当時、彼らの姿から何を考えるべきだったのだろうか。2017年~2018年、空前の「売り手市場」に沸く求人市場となったいまだからこそふり返ってみよう。われわれは、あの痕跡を忘れてはならないはずだ。
 

この続きをみるには

この続き: 5,108文字 / 画像4枚

就職氷河期と居酒屋甲子園

白饅頭

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

では、今日のインターネットはこれくらいにしましょう。
25
インターネットで文章を書いたり、本を出したり、ラジオで喋ったりして生活している者です。御田寺圭などと名乗っていることもありますが、とくに使い分けを意識してなにかをしているわけではありません。
コメント (2)
居酒屋甲子園のリクエストに答えていただきありがとうございます。
居酒屋甲子園のポジティブシンキングが「社会のマクロ構造的な歪みを個人が引き受け、それを肯定的な意味づけで昇華する行為は、個人がメンタルを壊さないように日々を生きぬく処世術」であるというところで、これって仏教がやってることと同じでは(仏教にまったく詳しくないですが)と思いました。
苦しい環境に置かれるとその環境を肯定することで生き抜こうとする構図として。
マクロの問題をミクロの正しさでかき消そうというムーブがあることは忘れてはならないと思いました。
白饅頭さん
追記も読みましたし、わとりんさんからのコメントも読みました。
私は本文中のこの部分が特に重要だと思いました。
「彼らはあくまで、誰も助けてくれないからこそ自力救済論を用いざるをえない状況にあるのである。彼らがミクロ的に「現状に満足している」からといって客観的・マクロ的に問題がないことを担保するわけではない。この点を誤ってはならない。」
これらの「合成の誤謬」の問題はゲーム理論のようだと思いましたし、
困難な社会の中で、個人が根絶療法を選択できず、多数の個人が対症療法を選択した結果、社会全体で見れば問題の根本的解決から遠ざかってしまい、社会にとっての損失になってしまうのだと思いました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。