見出し画像

白饅頭日誌:7月29日「わが故郷の多様性(近所の公園編)」

この続きをみるには

この続き:3,377文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
白饅頭の月額購読マガジンです。毎月2回更新の白饅頭note(本編。単品購入の場合1本300円)の2018年6月4日以降の記事がすべてアーカイブされていき読み放題になります。さらにマガジン限定記事が毎月1本以上あります。ほぼ毎日コラムがアップされ、時々音楽やVtuber動画クローズドイベントのお知らせが届きます。結構お得なセットだと思います。

月額購読マガジンです。「白饅頭note(本編・毎月2回更新・単品購入の場合1本300円)」の2018年6月4日以降の記事がすべてアーカ...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

圧倒的な光
196
インターネットで文章を書いたり、本を出したり、ラジオで喋ったりして生活している者です。御田寺圭などと名乗っていることもありますが、とくに使い分けを意識してなにかをしているわけではありません。

コメント22件

僕的には冒頭の志位さんのツイートの引用が1番ツボですね笑、"多様性の統一"ってめちゃくちゃなパワーワードです。
僕の街は、近所の少年が(恐らく)軽度知的障害の人をからかって追いかけられたら家に逃げ込んでその人も少年の家の玄関に入ろうとしたところで少年の母親に叱られて帰るというハートフル多様性です
最近あんまり時間が取れず出てこれないので、周回遅れで少しずつ拝見しております。みなさんのコメントも久々に読ませていただきました。

多様性といえばやはり、昔住んでいた地域には大声で追いかけてくるおっちゃんなど、親から「近寄ったらアカン」と注意される人物とかいましたね。やんちゃな子らがあだ名付けて舐めてかかってましたわ。いやー懐かしい懐かしい。いろいろ暖かい記憶が甦りました。ありがとうございます…。
シリーズ化するので次回エピソードもご期待ください・・・
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。