【最近よく聞く言葉シリーズ】ゲームだけじゃないぜUnreal Engine
見出し画像

【最近よく聞く言葉シリーズ】ゲームだけじゃないぜUnreal Engine

本記事の担当

こんにちは!拝見いただきありがとうございます!
最近PS5がようやく当選し、購入することができました。もう少しで転売ヤーに屈するところだったのでよかったです、、、FIFA22おもろい、、
今回はこちらにちなんで、Unreal Engine(アンリアルエンジン)について書かせていただきます!!
ゲーマーの方はよく聞く言葉ですし、そうでない方も最近はよく聞くのではないでしょうか。ゲーム以外でも使われるサービスが増えています。
では最後までご覧くださいませ!!

1.Unreal Engineとは

Unreal EngineはEpic Games社が開発したソフトウェアで、 「Unity」と並ぶ業界のスタンダードとなっているゲームエンジンです。

現在の最新バージョンは「Unreal Engine 4.27」ですが、すでに「Unreal Engine 5」が発表されています。PS5の発売公表に合わせて発表され、PS5でのゲーム制作をUnreal Engine 5が担うというメッセージではと推測されました。

2.Unreal Engineで出来ること

Unreal Engineはゲーム制作以外にも利用されています。いくつか事例をご紹介させていただきます。

建築
建築の分野では高品質にビジュアルを表現するツールとして利用されています。
またバーチャル空間を使ったコラボレーションにも活用されています。そのうちの1つが建築物設計の検討をバーチャル空間で行うツールです。以前行われたセッションでは以下のような説明がされていました。

このツールは,PCを使うユーザーとVRのHMDを使うユーザーが混在可能で,プレゼンテーションボードやタスクリストなどの機能も備えているという。杉山氏は「Unreal Engineを使えば,異なる拠点から複数のユーザーが参加可能なコラボレーションツールを構築できる」と説明した。

建築ビジュアライゼーションスタジオの「Buildmedia」もUnreal Engineを使い、バーチャルモデルルームを開発しました。

バーチャルルームではタッチスクリーンとVRに対応していて、各部屋からの眺望や日光の当たり方をシミュレーションすることができます。
また同社ではカタログやWebサイト向けの画像・動画をUnreal Engineのリアルタイムレイトレーシング機能を使って提供しているとのことです。

自動車業界
ドイツの自動車メーカー「Daimler」の子会社「Daimler Protics」では、Unreal Engineを使って開発したコラボレーションツール「Engineering Hub」が採用されています。このツールは、CADデータを直接インポートできることに加え、ほかの国にいるスタッフとの意見交換や、その場でのデータ変更、計測などを可能にしました。また空間を視覚的に把握できるといったメリットもあります。

映像
Unreal Engineは2016年以来、120タイトル以上の映像コンテンツの制作に採用されているようです!
有名な作品だと、「スターウォーズ」のドラマシリーズ「マンダロリアン」の制作でも使用されました。リアルタイムにレンダリングした映像をLEDウォールに表示し、実写撮影をしているとのこと、、ちょっと難しい、、この方法によりリアルタイムのライティングが可能になるとともに、屋外や屋内、乗り物内などさまざまな場所での実写撮影ができるようになったようです。

その他にも外科手術、航空機の操縦、工事現場での特殊作業などのトレーニングやシミュレーションにも使用されているようです!
本日紹介した事例はCEDEC 2020のセッション、「ノンゲーム分野におけるUnreal Engineの活用について ~建築/自動車/映像等の分野での事例、UE4/Twinmotion最新情報~」にて紹介されたものになります。

3.有名タイトル

本来の目的である、Unreal Engineを使用して開発されたゲームタイトルをいくつか紹介させていただきます!※個人的趣味ですみません、、

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて
ドラゴンクエストクエストシリーズの最新ナンバリングタイトルである、本作品もUnreal Engineで開発されました。やや炎上もした同作品ですが、個人的はおもしろかったです!PS4でもSwitchでも遊ばせていただきました。
ちなみにですが、現在開発中である「ドラゴンクエスト12」では「Unreal Engine 5」を使用し、開発されるようです。楽しみですね!!

ファイナルファンタジーVII リメイク
FFシリーズでも人気タイトルである「FF7」をリメイクした同作でも使用されました。元の作品をプレイしたことがない私ですが、めちゃくちゃおもしろかったです。映像美とバトルシステムが素晴らしかったです!本作品は何章かに分けてリリースされるようなので、続編以降は「Unreal Engine 5」で開発されるかもしれませんね!

キングダム ハーツIII
SQUARE ENIXとディズニーのタッグで実現した名作の最新ナンバリングタイトルです。※一応3でラストと発表されていましたが、次回作への匂わせ映像が公開されました。
ぜひ1から関連作品含めプレイしてみてください!!ディズニー好きにはもちろん、RPG好きにもたまらない作品になっています。

その他にもフォートナイトやストリートファイター5、鉄拳7なと様々なタイトルに使用されています!!

4.最後に

今回はやや趣味全開の記事となってしまいました。ただ、Unreal Engineはゲーム作品だけでなく、バーチャル空間等でも多く使用されており、今後も多くのノンゲームでも使用されるのではと考えております!私も直近の案件で携わらせていただきました!
最後まで拝読いただきありがとうございました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
プロジェクトマネジメント、デジタルマーケティング支援、web制作・開発・運用、DX推進など多数手掛けております。オンライン無料相談対応しております。お気軽にお問い合わせください。 https://tentus.jp