天狼院書店/海の出版社 - seaside publishing -

【スタッフ募集】7つの顔を持つ書店「天狼院書店」が、店舗拡大により新スタッフ大募集!!学びながら、働く。《アルバイト/正…

天狼院書店店主の三浦でございます。 おかげさまで天狼院書店は、この状況下にも関わらず、本年2020年度も、湘南天狼院、天狼院カフェSHIBUYA(渋谷/MIYASHITA PARK)、…

【天狼院のメニュー】元彼が好きだったバターチキンカレー《川代ノート》

記事:川代紗生(天狼院書店) 店の新メニューの告知で、どうしてこんなことを書こうとしているんだろうと、自分に半ば呆れつつもキーボードを打っている。 ただこれを新…

【広報チームより】天狼院書店は、日本一話しかける書店です。アパレルショップ並みにぐいぐい来る書店員ですが、引かないでくだ…

天狼院書店には、スタッフ間で共有されているルールがあります。 「ご来店されたすべてのお客様に、ご案内をすること」 さながらアパレルショップのような接客指針だけれ…

【店主三浦より】はじめて天狼院書店をご利用のお客様へ《天狼院書店の使い方》

おそらく何らかの運命のいたずらで、この天狼院書店のnoteに辿り着いた皆様にご挨拶申し上げます。 天狼院書店店主の三浦でございます。 天狼院書店は、2013年9月2…

【広報チームより】「書店の時代は終わった」とどれだけ世間が言ったとしても《天狼院書店 Episode 0》

「街の本屋が潰れているらしい」 今から7年前の2013年、世間では、そんな声がじわじわと耳に入ることが増えてきていた。 私はその頃20歳になったばかりの本好きな女子大生…

【広報チーム、発足します!】天狼院が「攻める本屋」と呼ばれるようになった理由《天狼院書店 Episode 0》

この写真は、今から6年と10ヶ月前、天狼院書店の一号店目となる、南池袋の「東京天狼院」がオープンする前のものです。 広さは、たったの15坪。 置ける本の数は限られてい…