見出し画像

#61 手まり「松竹梅、竹」の作り方

#手まりの作り方 #松竹梅 #花手まり #竹


伝統的な色づかい


通常はあまり使わない、黄色の土台で作る竹の手まりです。
なぜ黄色なのか?
材料的な問題を言えば、古い時代の土台は
洋裁のしつけ糸(いろも)を使うことが多かったです。


「いろも」の色は、ピンク、黄色、青(水色)が一般的で
たまに入手できる色が、赤、緑でした。
この5色に加えて、白、黒が
手まりの土台に使用されていました。

画像1


東北地方で作られる手まりの中に
土台の色が金色の物があります。
リリアンの金をほどいて細くした物を
土台の仕上げに巻いています。


白い土台に、あっさりと軽く金を巻く場合と
下地が見えないように、丁寧に金を巻いたものがあります。


おそらく、金色の代用として黄色にしたのだと思います。

画像2



私は伝統的な色使いという事で
黄色の土台を使って、この作品を作りました。
しかし、あなたが作る時は、土台の色を自由に決めて良いです。


また、私は金糸の手触りが硬くて嫌いなので
使用していませんが、あなたが作る時は自由に選んでください。


この竹の手まりは、金茶の糸を金色に
白い糸を銀色に作る場合もあります。

画像3


赤い帯は、朱竹のイメージになります。
その為、帯を押さえる糸は、
竹の節のイメージでかがります。


Wのステッチは竹の花のイメージと言われています。
残念ながら竹の花は120年に1度しか咲かないので
私はまだ、見たことがないです。
画像検索で見ましたが、あまりピンときませんでした。


以上の点を踏まえて、色使いを考えてください。
3個セットで飾る手まりなので
他の作品とのバランスも大切です。



「竹」の作り方

この続きをみるには

この続き: 162文字

#61 手まり「松竹梅、竹」の作り方

てまり-ねこ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございます。 アトリエを無事引っ越すことが出来ましたが、什器等まだまだ必要です。 その為の諸費用にあてさせていただきます。

スキ!ありがとうございます。
手まり職人をしています。 note では、詳しく丁寧に作り方の紹介をしていきます。 もっと詳しい説明が必要な方は 私のfacebookから、声をかけてください。 https://www.facebook.com/sonomi.sasaki22/