【spin a yarn】
沈むほど小さい心の時があり
星の瞬きを幾つも繋げられる広い心の時があり
不思議、君の心のたやすい時
不思議、探しても君の心が見えない時
心に名前をつけたり、リボンをつけたり、ハーネスをつけたりする
私がいたり、猫がいたり、木星の人がいたりする
画像1

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、連載小説「火曜日の美術館」の制作費として活用したいと思います。具体的には、美術展への交通費、図録購入費です。長く続けられるように、サポートいただければ幸いです。

サンキュー。星のかけらの瞬きが、枕の裡に灯りますように。
7
私の世界はどこまでも平ら、レイヤーの目を入れたり消したりして、時々君の前に現れよう。物語を書きます。刺繍をします。インクの子どもたちの声を聞きながら。ホームページ http://www.roverdover.com / ヘッダー画:茅野カヤ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録