ダウンロード

【YouTubeの話】リリースってなんだろう。

今回はぐぐっとYouTubeの話しましょう。

主に3つの理由からこれを書いてます。

1.YouTubeの数字が伸びない!Trueviewとりまかけよう
→やめとこ!
2.ミュージシャンだからYouTuberになりたくない!
→ヒカキンさんしかみたことなさそう!
3.そもそもどんくらい良くなるの?やるのめんどいでしょ?
→めんどい!

1.YouTubeの数字が伸びない!

画像1

この手の話はとっても多くて、特に、芸能人など有名な人に出てもらったり、クオリティの限りを尽くしたMusicVideoが回らない時に言われます。

まずもって、世の中のMVはたいへん素晴らしいし、YouTubeを見る7割位はMV見てる。本当に楽しい。が、MVを回す=PRなので、回らないことには評価されない。でも、バズを狙って起こすのは無理!みたいな。

結論として、まずチャンネルを持ってることを意識しましょう。
そんで、チャンネルを育てることを意識しましょう。

あなたの動画がたくさん再生されるためには、1本の動画がすごくバズることと同じくらい、過去の動画がコツコツ回ってて、それらを見つけてくれて、追ってくれるファンがいることが何より重要です。そして、チャンネルを持つ以上、それ以下の近道はありません。

チャンネルを持ってること、とは

画像2

あなたはファンに対して、満足させる量のコンテンツを提供してますか?
を考えなければいけません。ごはん屋さんなら、ちゃんとオープンしてて、お腹いっぱいご飯が食べられることが最低条件です。

チャンネルを育てること、とは

画像3

ファンは、あなたのチャンネルをなぜフォローしますか?フォローし続ける理由はなんですか。フォローしてることを人に自慢したくなりますか?ご飯屋さんなら、くつろげるカフェになるのか、並んでも通いたくなる話題の店になるのか、友達と食べに行きたい店になるのか、などです。

ケーススタディ

画像4

全人類が好きな星野源さんのYouTubeチャンネルは、おそらく昨年くらいから、やるぞ!というムンムンを感じるチャンネルになりました。それまでもすごく素敵なチャンネルでしたが。

A.いごこちのいいチャンネル
MVだけでなく、ライブティザー、コメンタリー、ディスクトレイラーという、一通りをやって、見やすく並べてるんですね。これ大事で、ファンにとっては初訪と同様に、また来たくなるチャンネルにするためにコンテンツをわかりやすく、いろんな種類見られると思わせることが大事!

画像5

B.油断してると届くコミュニティ投稿
YouTubeに用意されている「コミュニティ投稿」というTwitterのようなカジュアルなお知らせを利用することで、星野源さんの笑顔が届く。
いいね数みて!

画像6

C.リリースがお祭りに変わった瞬間。
なによりなのは、上記コミュニティ投稿でも触れている「Same thing」のリリースは、ファンの感情に合わせた発信が設計されています。

リリースまで4wあるとしたら、以下の流れです。
【1Week】 JKT写真公開、配信リリースの告知
→ファンは期待に胸を膨らませ、爆発する。
【2Week】デジタル配信スタート、LinkfireURLの解禁 & プレミア公開告知
→ファンは曲を聞いて感動し、爆発する。手帳にプレミア公開日程を書く。
【3Week】直前にはチャットに本人降臨のプレミア公開
→最高。チャットでエンゲージ爆上がり。スクショなどTwitterでバイラル。
【4Week】BTS(Behind the scene)いわゆるメイキング的な映像公開
→お祭りのボルテージが冷めた中に最後の味わい。神リリースと化す。

ここに全部入っています。補足をするのであれば、星野さんがおそらく目指していたと勝手に推測するのは、役者としても活躍する星野さんのファンたちは各種SNSをフォローしていても、おそらくフォロー先も多くて、流れていく情報に対するキャッチアップ率が決して高くない。かつYouTube自体をTwitterよりも長く見る人は特に若い世代中心に増えていく。ドラえもんのTUもあるし、より滞在時間が長くなるプラットフォームにコンテンツを置き、視聴体験を良いものにしていこう。という思想があったのではないかと!

要は、コアファン新規ファンどちらにも向けて、YouTubeでのリリースを楽しんでもらう形を考えた結果、ってことですね。すごい!

2.ミュージシャンだからYouTuberになりたくない!

いい意見ですね。わかりました。一緒に考えましょう。たぶんアーティストは嫌じゃないと思っていて、ファンはみたい形がYouTuberだけではないのですから。

3.そもそもどんくらい良くなるの?
やるのめんどいでしょ?

めんどうです。なので、基本的にやるべしことをまとめておくので、まずはそこからやっていきましょう。

まずはトップページの変更から!以下を参考にしてください。

もうちょっと色々書きたいので、リアクションください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
音楽業界の隙間を縫うように生きてます。 専門は数値分析と企画です。YouTubeに詳しいですが、どうやって再生数稼ぐの?とかは苦手です。