立川吉笑

立川吉笑のウェブ書斎『羅房』

メンバーシップに参加

落語家じゃなくて作家としての 立川吉笑の活動場所です。 「日記」 更新頻度・・・ほぼ毎週 内容・・・日々の記録を。 「談笑日和(仮)」 更新頻度・・・月に1回くらい 内容・・・師匠との思い出を純文学フィルターで。 「思案・試案」 更新頻度・・・ほぼ毎週 内容・・・折々に考えていること、試したいこと。 ひとまずこんな感じで始めてみます。 様子を見ながらまずは半年、 そして1年間は続けてみようと思います。

通常プラン

¥800 / 月

立川吉笑

立川吉笑のウェブ書斎『羅房』

メンバーシップに加入する

落語家じゃなくて作家としての 立川吉笑の活動場所です。 「日記」 更新頻度・・・ほぼ毎週 内容・・・日々の記録を。 「談笑日和(仮)」 更新頻度・・・月に1回くらい 内容・・・師匠との思い出を純文学フィルターで。 「思案・試案」 更新頻度・・・ほぼ毎週 内容・・・折々に考えていること、試したいこと。 ひとまずこんな感じで始めてみます。 様子を見ながらまずは半年、 そして1年間は続けてみようと思います。

  • 通常プラン

    ¥800 / 月

マガジン

  • 過去の投稿まとめ

    2014年7月9日から2016年6月27日までの投稿すべて。 公開し続けるのは恥ずかしいけど、消すのは勿体無いから、マガジンにしました。

ストア

  • 商品の画像

    シブラク三題噺への道〜2023〜

    立川吉笑 『シブラク三題噺への道〜2023〜』 [内容] 3月10日〜14日、 今年も渋谷らくごで 5日間連続三題噺に挑戦することになったので、 そこに向けてトレーニングしたいと思います。 期間中、2日に1回くらいのペースで トレーニング風景を配信する予定です。 [ご注意] 本番の様子はこの配信に含まれません。 練習に付き合ってくれるような 特に前のめりに応援してくださる 皆様への商品となっています。 本番は「渋谷らくご」で 正式に配信される予定です。 ※ アーカイブは消さずに残すので、 お好きなタイミングでご覧頂けます。 ※ 購入したら72時間以内に ファイルのダウンロードをお願いします。 BASEから送られてくる購入確認メールや、 会員ページの購入履歴みたいなところに、 ダウンロードリンクがあります。 ダウンロードして頂いたダウンロードリンクから 配信URLにアクセスできます。 それではよろしくお願いします!
    2,000円
    立川吉笑SHOP
  • 商品の画像

    【立川吉笑 真打計画】 2022年の計画書【ネタバレあり】

    ・概要 『立川吉笑 真打計画』について、 2022年時点で計画していることを 包み隠さず配信するWEBコンテンツです。 考えていることを全て公開するので ネタバレだらけです。 例えば 「第1回にゲストで師匠をお招きしよう」 という類のことも全部公開します。 なので『真打計画』を新鮮に楽しみたい方は ご購入頂かない方が良いです。 そして今後、 制作過程を公開する同種のグッズを 10分の1くらいの価格で配信開始する予定です。 第2回に向けての日誌(5月1日〜7月22日分) を7月23日の第2回本番から、 第3回に向けての日誌(7月23日〜?月?日分) を?月?日の第3回本番から、 随時、販売開始するイメージです。 値段は大体1500円〜2000円くらいを目安に、 その都度変動すると思います こちらは今後のネタバレ要素はなく 「答え合わせ的な意味合い」で 楽しんで頂ければと考えています。 その答え合わせ的な日誌に加えて、 今後の計画内容も包み隠さず公開するのが、 この商品となっています。 安くない(というか高い)金額設定なので、 ご購入の際は上記踏まえて 落ち着いて考えて頂ければと思います。 ・形式 ご購入者には限定公開のブログアクセス方法をお伝えします。 2022年いっぱい、 都度そこに計画案を更新していきます。 アーカイブは丸ごと残すので、 ご自身のタイミングでご覧頂けます。 ・公演映像の配信 今後、撮影できたものについては 各公演の模様を配信する予定です。 (第1回は撮影済み) そちらもこの商品内でご覧頂けます。 ・更新内容(5月8日時点) はじめに テーマ曲のこと(1)〜(3) 真打計画の全貌(1)〜(5) 昇進後のこと など ・注意 1、 猛烈にネタバレを含むので、 中身については口外無用でお願いします。 2、 モチベーションの波が大きいので 更新頻度はまちまちになると思います。 今はモチベーションが高い時期なので ぐわーっと更新すると思いますが、 途中、停滞することも考えられます。 そのあたりも あらかじめご了承頂ければと思います。 ・売り上げの使い道 この商品の売り上げは 基本的に『真打計画』の運営にのみ使います。 ビジュアル素材だったり、音楽だったりの 『真打計画』に彩りを添えるためのあれこれに。 記録映像の撮影もできればなと思っています。 あとは、第3回が公演内容的に 入場料だけではどう考えても賄えないくらいの 経費がかかるのは確実なので そこの補填に使えたらと。 ・お礼状 アクセスURLなどはメールで送信しますが、 ご登録頂いた住所へ お礼状の送付もさせて頂きます。
    20,000円
    立川吉笑SHOP
  • 商品の画像

    荻窪Titleの『現在落語論』(サイン入り2000円)

    作業場の最寄りにある本屋 「荻窪Title」 素敵なお店で吉笑もたくさんの本を買わせてもらっているのですが、 もうこの2年くらい 「現在落語論」が そんなに広くない伝統芸能コーナーに鎮座しています。 帯もちょっと色あせて来ている感じすらしますが、 このTitleの「現在落語論」を 欲しいという方がいらっしゃったら サインを入れて、少しおまけをつけてお送りしますー。 立川吉笑 初の単行本です。 漫才やコントや演劇や映画や漫画くらい 落語が身近なモノになって欲しいと思って 書きました。 ※書店やAmazon等でお買い求めいただいた方が(サインは入りませんが)お安くなりますので、そちらもご検討ください。 こちらの売り上げは、立川吉笑作業場の運営費に使わせていただきます。
    2,000円
    立川吉笑SHOP
  • 商品の画像

    シブラク三題噺への道〜2023〜

    立川吉笑 『シブラク三題噺への道〜2023〜』 [内容] 3月10日〜14日、 今年も渋谷らくごで 5日間連続三題噺に挑戦することになったので、 そこに向けてトレーニングしたいと思います。 期間中、2日に1回くらいのペースで トレーニング風景を配信する予定です。 [ご注意] 本番の様子はこの配信に含まれません。 練習に付き合ってくれるような 特に前のめりに応援してくださる 皆様への商品となっています。 本番は「渋谷らくご」で 正式に配信される予定です。 ※ アーカイブは消さずに残すので、 お好きなタイミングでご覧頂けます。 ※ 購入したら72時間以内に ファイルのダウンロードをお願いします。 BASEから送られてくる購入確認メールや、 会員ページの購入履歴みたいなところに、 ダウンロードリンクがあります。 ダウンロードして頂いたダウンロードリンクから 配信URLにアクセスできます。 それではよろしくお願いします!
    2,000円
    立川吉笑SHOP
  • 商品の画像

    【立川吉笑 真打計画】 2022年の計画書【ネタバレあり】

    ・概要 『立川吉笑 真打計画』について、 2022年時点で計画していることを 包み隠さず配信するWEBコンテンツです。 考えていることを全て公開するので ネタバレだらけです。 例えば 「第1回にゲストで師匠をお招きしよう」 という類のことも全部公開します。 なので『真打計画』を新鮮に楽しみたい方は ご購入頂かない方が良いです。 そして今後、 制作過程を公開する同種のグッズを 10分の1くらいの価格で配信開始する予定です。 第2回に向けての日誌(5月1日〜7月22日分) を7月23日の第2回本番から、 第3回に向けての日誌(7月23日〜?月?日分) を?月?日の第3回本番から、 随時、販売開始するイメージです。 値段は大体1500円〜2000円くらいを目安に、 その都度変動すると思います こちらは今後のネタバレ要素はなく 「答え合わせ的な意味合い」で 楽しんで頂ければと考えています。 その答え合わせ的な日誌に加えて、 今後の計画内容も包み隠さず公開するのが、 この商品となっています。 安くない(というか高い)金額設定なので、 ご購入の際は上記踏まえて 落ち着いて考えて頂ければと思います。 ・形式 ご購入者には限定公開のブログアクセス方法をお伝えします。 2022年いっぱい、 都度そこに計画案を更新していきます。 アーカイブは丸ごと残すので、 ご自身のタイミングでご覧頂けます。 ・公演映像の配信 今後、撮影できたものについては 各公演の模様を配信する予定です。 (第1回は撮影済み) そちらもこの商品内でご覧頂けます。 ・更新内容(5月8日時点) はじめに テーマ曲のこと(1)〜(3) 真打計画の全貌(1)〜(5) 昇進後のこと など ・注意 1、 猛烈にネタバレを含むので、 中身については口外無用でお願いします。 2、 モチベーションの波が大きいので 更新頻度はまちまちになると思います。 今はモチベーションが高い時期なので ぐわーっと更新すると思いますが、 途中、停滞することも考えられます。 そのあたりも あらかじめご了承頂ければと思います。 ・売り上げの使い道 この商品の売り上げは 基本的に『真打計画』の運営にのみ使います。 ビジュアル素材だったり、音楽だったりの 『真打計画』に彩りを添えるためのあれこれに。 記録映像の撮影もできればなと思っています。 あとは、第3回が公演内容的に 入場料だけではどう考えても賄えないくらいの 経費がかかるのは確実なので そこの補填に使えたらと。 ・お礼状 アクセスURLなどはメールで送信しますが、 ご登録頂いた住所へ お礼状の送付もさせて頂きます。
    20,000円
    立川吉笑SHOP
  • 商品の画像

    荻窪Titleの『現在落語論』(サイン入り2000円)

    作業場の最寄りにある本屋 「荻窪Title」 素敵なお店で吉笑もたくさんの本を買わせてもらっているのですが、 もうこの2年くらい 「現在落語論」が そんなに広くない伝統芸能コーナーに鎮座しています。 帯もちょっと色あせて来ている感じすらしますが、 このTitleの「現在落語論」を 欲しいという方がいらっしゃったら サインを入れて、少しおまけをつけてお送りしますー。 立川吉笑 初の単行本です。 漫才やコントや演劇や映画や漫画くらい 落語が身近なモノになって欲しいと思って 書きました。 ※書店やAmazon等でお買い求めいただいた方が(サインは入りませんが)お安くなりますので、そちらもご検討ください。 こちらの売り上げは、立川吉笑作業場の運営費に使わせていただきます。
    2,000円
    立川吉笑SHOP
  • もっとみる

最近の記事

  • 固定された記事

『ぷるぷるの夜』 NHK新人落語大賞 受賞に寄せて 全文掲載

『ぷるぷるの夜』  NHK新人落語大賞を受賞することができた。  やりたいことに対して素直に向き合い続けてきた結果、気付けば従来の落語家像の外側を歩きがちな十数年だった。枠からはみ出た活動スタイルは当然ながら大多数との差別化に繋がり、そのことで声がかかった仕事や出会えた人は多い。一方で、伝統芸能でもあるこの世界においてそういう道を歩むということで自ずと手放さざるを得ないものもあって、その一つには『NHK新人落語大賞』も含まれていた。伝統あるこの大会において、多様性の担保、

    • 思案09『アイデアメモ:根こそぎの三次』

      ※無料公開部分以外は口外禁止でお願いします! 2022年12月31日  2023年2月3日にこれを書いている。  2月3月とソーゾーシーのネタ下ろし公演を控えていて、前回に続いて、今回も作ろうとしているネタのことについて書く。もろネタバレになるから公演にお越しの予定の方はいまは読まずに公演後に読むのもいいかも。もちろんまだまだここから煮詰めていく段階だからネタの全貌は書きようもないし、そもそも全く別の種でネタを作ることになる可能性もそこそこあるくらいの感じで。

      • 思案08『アイデアメモ:西の●●』

        ※無料公開部分以外は口外禁止でお願いします! 2022年12月24日  2023年2月3日にこれを書いている。  2月3月とソーゾーシーのネタ下ろし公演を控えていて、今回は今作ろうとしているネタのことについて書く。もろネタバレになるから公演にお越しの予定の方はいまは読まずに公演後に読むのもいいかも。もちろんまだまだここから煮詰めていく段階だからネタの全貌は書きようもないし、そもそも全く別の種でネタを作ることになる可能性もそこそこあるくらいの感じで。

        • 日誌:2023年1月23日〜1月29日

          ※無料公開部分以外は口外禁止でお願いします! 1月23日(月) 日本橋昼席「一人相撲」  相変わらず朝はなかなか起きられず、もそもそしたあと日本橋亭へ。車中では古本屋で見つけた熊楠のムック本みたいなものを読む。いくつか言葉を拾う。少しずつ調子が回復してきた感じ。そろそろいけるか?

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 過去の投稿まとめ
          立川吉笑
          ¥500

        メンバー特典記事

        メンバー特典記事をすべて見る すべて見る

          思案09『アイデアメモ:根こそぎの三次』

          「通常プラン」に参加すると読めます

          ※無料公開部分以外は口外禁止でお願いします! 2022年12月31日  2023年2月3日にこれを書いている。  2月3月とソーゾーシーのネタ下ろし公演を控えていて、前回に続いて、今回も作ろうとしているネタのことについて書く。もろネタバレになるから公演にお越しの予定の方はいまは読まずに公演後に読むのもいいかも。もちろんまだまだここから煮詰めていく段階だからネタの全貌は書きようもないし、そもそも全く別の種でネタを作ることになる可能性もそこそこあるくらいの感じで。

          思案08『アイデアメモ:西の●●』

          「通常プラン」に参加すると読めます

          ※無料公開部分以外は口外禁止でお願いします! 2022年12月24日  2023年2月3日にこれを書いている。  2月3月とソーゾーシーのネタ下ろし公演を控えていて、今回は今作ろうとしているネタのことについて書く。もろネタバレになるから公演にお越しの予定の方はいまは読まずに公演後に読むのもいいかも。もちろんまだまだここから煮詰めていく段階だからネタの全貌は書きようもないし、そもそも全く別の種でネタを作ることになる可能性もそこそこあるくらいの感じで。

          日誌:2023年1月23日〜1月29日

          「通常プラン」に参加すると読めます

          ※無料公開部分以外は口外禁止でお願いします! 1月23日(月) 日本橋昼席「一人相撲」  相変わらず朝はなかなか起きられず、もそもそしたあと日本橋亭へ。車中では古本屋で見つけた熊楠のムック本みたいなものを読む。いくつか言葉を拾う。少しずつ調子が回復してきた感じ。そろそろいけるか?

          思案07『三題噺2023のこと』

          「通常プラン」に参加すると読めます

          ※無料公開部分以外は口外禁止でお願いします! 2022年12月17日  2023年1月9日26時頃にこれを書いている。今日「思案5」を公開したところで、この文章が公開されるのはまだしばらく先になるはずだ。そうやって先倒しして書こうと思ったのは、これを書いている現時点ではまだ情報解禁されていないけど、まもなく公開されるであるイベントについての向き合い方について書こうと思ったからだ。去年の暮れから年明けした今日までで、何度も一度現時点での予定を全て洗い出して、今年の動き方を俯

          談笑日和 02『中野の焼肉屋』

          「通常プラン」に参加すると読めます

          二、中野の焼肉屋

          日誌:2023年1月16日〜1月22日

          「通常プラン」に参加すると読めます

          ※無料公開部分以外は口外禁止でお願いします! 1月16日(月) NEXT名人寄席収録「ぞおん」 広小路昼席「小人十九」  朝一番で渋谷へ。NHKラジオの収録。NEXT名人寄席。前回は師匠からの紹介コメントがあったけど、さすがにもう無くなったのかなと思っていたら、今回もわざわざ師匠にご足労頂いてコメントを録って頂いた様子。先に教えてくれなきゃ困るよスタッフさん。「いま録ってきたよ」と師匠からのLINEで知る。「前回同様ネタっぽい内容だから覚悟しといて」と言われたけど、いざ本

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          思案07『三題噺2023のこと』

          ※無料公開部分以外は口外禁止でお願いします! 2022年12月17日  2023年1月9日26時頃にこれを書いている。今日「思案5」を公開したところで、この文章が公開されるのはまだしばらく先になるはずだ。そうやって先倒しして書こうと思ったのは、これを書いている現時点ではまだ情報解禁されていないけど、まもなく公開されるであるイベントについての向き合い方について書こうと思ったからだ。去年の暮れから年明けした今日までで、何度も一度現時点での予定を全て洗い出して、今年の動き方を俯

          談笑日和 02『中野の焼肉屋』

          二、中野の焼肉屋

          日誌:2023年1月16日〜1月22日

          ※無料公開部分以外は口外禁止でお願いします! 1月16日(月) NEXT名人寄席収録「ぞおん」 広小路昼席「小人十九」  朝一番で渋谷へ。NHKラジオの収録。NEXT名人寄席。前回は師匠からの紹介コメントがあったけど、さすがにもう無くなったのかなと思っていたら、今回もわざわざ師匠にご足労頂いてコメントを録って頂いた様子。先に教えてくれなきゃ困るよスタッフさん。「いま録ってきたよ」と師匠からのLINEで知る。「前回同様ネタっぽい内容だから覚悟しといて」と言われたけど、いざ本

          日誌:2023年1月9日〜1月15日

          ※無料公開部分以外は口外禁止でお願いします! 1月9日(月) ノラや新年会「ぷるぷる」「何時材」  毎年恒例のノラやさんの公演がなかの芸能小劇場で。柳枝兄さんがコロナで休演、そのまま小痴楽兄さん、一蔵兄さんという賑やかなメンバーでお届けすることに。行きしなにBonで塩バターロールを5つ買った。

          2010年11月7日 午前3時 全文掲載

          昨日、師匠から入門を許して頂いた! しかも高座の上で(笑) とにかく一生懸命に落語道を突き進もうと思う。 これで自分が不甲斐ない噺家になってしまえば、 師匠にキズをつけることになる。 それだけは絶対に避けなければ申し訳ない。 だから、絶対に売れる。良い落語家になる! 落語入門@草月ホール 金明竹、薄型テレビ算、ツイッターQ&A、芝浜 今日がインターン最終日だとは聞いていたし、 入門を許可される自信はあった。 会のタイトルが落語入門だというのもフックになると思っていたけど、

          思案06『2023年の予定』

          ※無料公開部分以外は口外禁止でお願いします! 2022年12月10日  やるべきものが怒涛のように迫ってきていて、てんてこ舞いになっている。フルパワー出力できればなんとかこなしていけると思うけど、冬だからか相変わらず生物としてのパワーがちょっと低下気味なので、「あわわわ」するばかり。  ということで、ひとまず現時点ですでに決まっているあれこれをまとめて書き出して、改めてここで肚に力を入れてえいやっと頑張らなきゃと。

          日誌:2023年1月2日〜1月8日

          ※無料公開部分以外は口外禁止でお願いします! 1月2日(月) 立川流新年会  起床。黒紋付で新年会へ。近頃はなんだかシャキッと目が覚めずもそもそしてしまう。笑二は熱がぶり返したようで欠席とのこと。コロナとかじゃないのかしら。  笑二と寸志さんの担当だった受付業務、僕も助っ人に行こうと思ったら寸志さんがキョロキョロされていて「何してるんですか?」と聞いたら財布が見当たらないとのこと。  どうやらタクシーに忘れてしまったよう。新年早々かわいそうすぎる。クレッジットカードを止

          思案05『位置情報サービス考』

          ※無料公開部分以外は口外禁止でお願いします! 2022年12月3日  相変わらず時系列がヘンテコになってしまうけど、今回は12月15日にテクテクライフの制作者の方とお会いした時のことを書こう。ちなみにテクテクライフというのはGPSを使ったスマホアプリで、通った場所を塗ることができるゲーム。ポケモンGOとかドラクエウォークとかああいう類のやつで、ただ土地を塗ることに特化したちょっと変わったゲーム。倒す敵などはなく、ただ塗っていくっていう、「なんのために?」と問われたら返す言

          思案04『テレビ向け?』

          ※無料公開部分以外は口外禁止でお願いします! 2022年11月26日  溜まった思案を埋めていく形になっているため、時系列が変になってしまうがご容赦を。2022年11月26日分の思案は、2023年1月3日の出来事をきっかけに考えたことを。  昨日、NHK新人落語大賞のご褒美として「東西笑いの殿堂」という正月の生放送特番に出演させて頂いた。同じく昨年のお笑い演芸大賞を受賞されたスパイシーガーリックさんとの新人枠。与えられた持ち時間は7分で、落語にとってはずいぶんタイトな持

          日誌:2022年12月26日〜2023年1月1日

          ※無料公開部分以外は口外禁止でお願いします! 12月26日(月) 立川流新年会打ち合わせ 談笑一門弟子食事会  ペンギンカフェの年内最終営業だから伺うことに。と思ったら開店がいつもより遅くなると張り紙がしてあったから、そのまま高円寺へカレーを食べに。大江カレー、2回目。  チキン・野菜・魚介から2種類選ぶセットがあって、前回頼んだのはチキンと魚介。チキンはまっすぐ美味しくて、魚介は最初食べたとき「ん?」と思ったのだけど(まずいわけじゃないけど、食べ慣れた角度の味じゃない

          日誌:2022年12月19日〜12月25日

          ※無料公開部分以外は口外禁止でお願いします! 12月19日(月) ソーゾーシー打ち合わせ  朝、某会社と打ち合わせで日比谷へ。「来年、ソーゾーシーで新しいことをやりませんか?」とオファー頂き、その初めての打ち合わせへ。スケジュールが合った鯉八兄さんと二人で。結果的にはこちらにとってもメリットしかないありがたいご提案だったので、ひとまず持ち帰って、今度は年明けに全員で顔をあわせることに。  あまり立ち寄らないエリアだから少しここで過ごそうと歩くうちにTOHOシネマズを発見し

          2022年のこと。 全文掲載

           大晦日。家に一人。一門の忘年会で食べためざしの美味しさに感激して、早速近所のスーパーで買ってみた。15尾で300円。安い、そして美味しい。グリルの使い方も覚えたから来年は立川吉笑干物元年としよう。窓ガラスの掃除をしてみたけど、何回拭いても拭き縞が残ってしまうから諦めた。昨晩、手帳を見ながらざっと今年の出来事を振り返ってみた。 1月 鯉八兄さん主任の末廣亭下席に呼んでもらった。23日は横浜にぎわい座で初めてのソーゾーシー開催。「落語家」という演目をネタ下ろしした。気づけば最