スマホあるとよい事

もちろん、スマホがあると親子にとって良い事も。我が家は、熱狂的apple信者の息子のおかげで親子ともにiPhoneなので、当然「位置情報」は共有で「ファミリー共有」でつながっております。

「位置情報」は、嫌がるお子さんもいるかと思いますが、我が家では、「位置情報」を把握するためにiPhoneにしているので、位置情報を意図的に切るのは、御法度。

親に毎月携帯代払ってもらってるうちは、当然と考えています。

というわけで、携帯を始めて持った当初から、位置情報をお互いに見れる関係が前提での、スマホが便利な理由。


①お互いにどこにいるかが見れますので、無駄な連絡が減る。例えば、私の所在が会社にあるのがわかれば、連絡は電話ではなくメールやラインにする気づかいができる。子どもが電車移動していれば、親も電話は控える。  あまり待ち合わせしたことのない場所も、位置情報を送りあいながら近づく事も可能。

②携帯を忘れた、失くした時に、すぐに他の家族で対処できる。長くなるので次回に書こうと思いますが、外国で失くしたiPhoneを遠隔で探し出し、拾った方に、息子の学校に見つかったと電話を入れてもらい、ビジターセンターに留め置いてもらうというところまで、日本から遠隔でやった経験があります。

③予定や、メモやリマインダーを共有できる。これは、弟に教えてもらった技ですが、親の相続で、協力してやらなければならないタスクがあったときに、iPhoneのメモで進捗管理をお互いに見えるようにしていました。また、予定は、我が家の場合「グーグルカレンダー」を利用しています。

④おこづかいの使用は携帯アプリで管理。スクリーンショットを定期的に親に送信。

⑤音楽配信サービスが家族割で利用できる

⑥携帯の使い過ぎを、親が画面上で把握可能。スクリーンタイムや安心フィルターを利用。(これは、日々、解除する裏技が開発、発見されており、万全とはいえません)

などなど。

特に我が家は、単身赴任の主人に、海外留学中の息子と家族バラバラなので、ラインでのグループ通話はとても便利です。

そして、実は大事なのが、「緊急連絡先」の保存。家族の名刺や学校の警報時対応のプリントなど、いざという時に必要な情報をラインのグループのアルバムと、ノート両方に保存してあります。

これは夫婦二人よりも、数人で構成される家族のグループのほうが有効です。携帯電話の機種変更などで、ラインに再ログインできない事を想定しています。数人いれば、グループの保存アルバムは残り続けます。

というわけで、次回は、外国の山の中で失くした携帯を日本から遠隔で見つけた話です。今日は、ここまで。


子どもとITを考える研究会 カタヒラフミコ





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

また、見に来てくださいね
初めまして。タロ子のページを見に来てくださって嬉しいです。「note]始めたばかりの初心者です。 「子どもとスマホ」。「子どもと電子機器の使い方」について、たくさん苦労してきました。 これからお子さんに電子機器を渡す親御さんに知っておいてほしい事を投稿予定。宜しくお願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。