スクリーンショット_2020-01-05_15

お客さんに選ばれる最強のポジショニング戦略 -7つの切り口-

※このnoteは『仕事の取れる動画クリエイターになるための教科書』を購入していただいている方は同じ内容が含まれていますので購入の必要はありません。

よく、ビジネスを成功させるには「ポジショニングをしよう!」「差別化していこう!」などと言われていますよね。

それは間違いありません。

他と同じだと、どんなに良いモノを提供してもその他多数に埋もれてしまい、お客さんに見つけられないからです。

しかし、
ただ「差別化したから」「独自のポジションを取ったから」
といって、「よし!差別化できたからこれからビジネスが上手くいくぞ!」というものでもありません。

つまり、お客さんにとって価値があり、お客さんに刺さるものでないと意味がないということです。

基本的にはポジショニングと差別化は同じものと捉えていただいて構いません。

上手くポジショニングが取れていれば、差別化になり得ますし、逆に差別化ができていればポジショニングは取れている。
という事だからです。

つまり、
『差別化』とは、ポジションを取ること。
『ポジショニング』とは、差別化すること。

と言うことですね。

差別化やポジショニングの基本要素っていうのは、限られています。
それを応用することで、あるいはその要素を複数掛け合わせることで、無数のポジショニングを見つけることができます。

その限られている差別化・ポジショニングの基本要素というのは全部で7つあります。

このnoteでは、そのすべてをお伝えしていきます。

本気で自分のビジネスを差別化していきたい!と考えている方に読んでいただきたいと思っています。

なので「安いからちょっと試しにどんなもんか見てみるか・・・」という気持ちでは購入しにくい価格設定にしています。

なぜかというと、
『そんな気持ちで取り組んでも絶対に成果は出ないから』です。

このnoteを購入していただき、読んでくれているあなたには絶対に独自のポジショニングを見つけてもらいたいと思っています。

なので是非、今すぐにペンと紙をご用意ください。

そして、その紙に思いついたことを実際にドンドン書いていきましょう。 

このnoteは、読むだけでは効果は十分に発揮されません。
ビジネス本もそうですが、本を読むだけではなく『使って』こそ効果が発揮されます。

「もうこれ以上でない!」というまで書かけてからが勝負です。
そこから頭をフル回転させ脳みそに汗をかいて絞り出します。 

できるだけ多くアイデアを出すことがポイントです。
思いついたことをすべて紙に書いていきましょう。

それでは、この【お客さんに選ばれる最強のポジショニング戦略7つの切り口】から、独自のポジションを見つけて差別化し、お客さんを獲得していきましょう!

世の中のあらゆる差別化の基本要素はこの7つです。
新しい情報や、加筆すべき事例があればこのnoteに随時更新していきます。
(一度このnoteを購入していただいただいたら自動で更新されますので、常に最新のモノを読むことができます。)

1.ターゲットで差別化する

画像1

お客さんの範囲を絞るということです。
お客さんを絞ると、そのターゲットのお客さんに刺さり訴求力が大きくなります。

この続きをみるには

この続き: 6,699文字 / 画像6枚

お客さんに選ばれる最強のポジショニング戦略 -7つの切り口-

オクタクヤ

3,980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Thank you!
4
こんにちは、奥拓也です!動画を活用した実務的なマーケティングをお伝えします。ブログサイトはこちら→https://one-entre.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。