見出し画像

在宅テレワークを快適に。ベルリンのインテリアデザイナーから教えてもらった、ホームオフィスづくりのアイデア

おはようございます!いよいよ日本も、在宅や遠隔での仕事を余儀なくされる機会に直面していますね…。

慣れない自宅での長時間作業に、精神的に負荷がかかる方も増えていくのではないか……と想像します。

家で長い時間を過ごす今回を機に、手軽にできる範囲から、ホームオフィスを整えてみるのも投資になるのではないでしょうか。

画像1

僕が新卒で入社したWaseiという会社は、代表がオフィスに滞在するのは必要最低限、上司は旅人(!)ということもあり、当たり前のようにテレワークする環境で働いてきました。

現在はドイツ・ベルリンを拠点に仕事をしながら、ドイツの住まい方を学ぶべく、インテリアデザイナーのガブリエルさんがデザインした家で暮らしています。

今日は我が家を例にホームオフィスをつくるアイデアを共有しますね!

書斎用の部屋がなくても大丈夫

画像9

ホームオフィスをつくるときに悩ましいことの一つは、書斎用の部屋がないことではないでしょうか。

僕ら夫婦は都内で暮らしている時も、ベルリンで暮らす今も、寝室・キッチン・リビングという間取り。

書斎はないので、リビングに作業用のホームオフィスをつくっています。

ホームオフィスづくりのポイントは、テーブルの配置

画像9

ホームオフィスづくりのポイントは、テーブルの配置だと思っています。

1】大きなダイニングテーブルを作業用のワークテーブルとして使う

我が家は、4人がゆったり座れる2m×1mのテーブルをワークテーブルとして使っています。ダイニングテーブルを作業場にすることで、限られたスペースの節約になり、常に机をきれいな状態にしておけるのでおすすめです。

2】壁を背に椅子を配置する

視界が開けていると思考も広がりますよね。後ろに壁があればテレワークに欠かせないビデオ通話の時にも背景がスッキリします。

静かで、明るく、wi-fiの電波がちゃんとは入れば、テレワークの環境としてバッチリです。

画像3

【3】視線の先に窓が見えるように

外の風景が見えることで、リラックスしながら仕事ができます。(これは本当に太陽の光を愛し、求めるベルリン市民の法則です…)

フリーアドレスにする理由

画像11

近年多くの企業で導入されている、フリーアドレス。自席を持たず自由に働く席を選択できるオフィススタイルです。

我が家も(ずーっと)フリーアドレスです。そうする理由は、オフィス用の家具や事務用品を調達しなくていいので、コストをかけずにワークオフィスをつくれるから。

画像7

仕事をする環境に欲しい、3つの役割

テーブルの配置だけではなく、ワークスペースに3つの役割を持たせると、さらに快適な作業環境になるのではないかなぁと思っています。

ベルリンのワークスペースの3つの特徴(※小松﨑調べ)
1.作業に集中するスペース
2.リラックスしながら作業するスペース
3.コミュニケーションするスペース

画像11

画像10

(👆こんな感じです)

在宅のホームオフィスをつくる時に、①はつくるけれど、②と③は忘れがち。ぼくは妻に仕事で頼りきりなので、コミュニケーションできる場を作っています。

画像8

ミーティングする時には同じ画面を見ながら話し合います。

画像11

ホワイトボードを用意しづらい在宅でのブレインストーミングには、iPadが大活躍しますよ。

作業に集中するときには対角線上に座り、お互いのことを意識せずに仕事をしています。

画像12

さいごに余談を。

地方の歴史ある企業勤めの兄から「うちも在宅ワークしてる」とLINEの通知がきて、びっくりしてしまいました。

今は世界中の人々の暮らしがものすごく左右され、大変な状況ではありますが、働き方を変えるチャンスでもあります。

在宅でのテレワーク、楽しんでいきましょう。気持ちのいい環境では、仕事はもっと楽しくなるとぼくは感じています。



この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくれてありがとうございます。よい一日になりますように:)

ダンケ!ぼくも大好き!
27
茨城県生まれ、ドイツ・ベルリンで妻と二人暮らし。つくる人(文章、映像、写真)そのスキルを活かして様々なクリエイティブのディレクションをするのが仕事。「灯台もと暮らし」編集長、noteでは暮らしのサークル「アパート白梟」を運営🏡夢は湖畔で暮らすこと🌊

この記事が入っているマガジン

白梟は樹洞のなかで眠る
白梟は樹洞のなかで眠る
  • 59本

ドイツの首都ベルリンで暮らす、荻原ゆかと小松﨑拓郎が更新するライフカルチャー誌「白梟は樹洞のなかで眠る」。欧州で学んだ事例や考察記事を毎月4本更新します。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。