見出し画像

カプセルホテルをハックする(7/11連泊中)

ちょっとしたコスト意識と大きな好奇心から「カプセルホテルで11連泊したら何かを見つけることができるのではないか」となり、やってみました。

7泊目

うーん、、、昨夜は謎の空カプセルからのエンドレスアラームが深夜流れるという怪奇現象のおかげで若干寝不足です。誰もわざわざ空いてるカプセルホテルのアラームを止めに行こうとはならないもんなんですね。「入っちゃダメ空間」として認識されているようです。

・マッサージチェアスペースで電源確保できたら神(個人的要望)

・朝ごはんにゆで卵もあると神(個人的要望)

・大浴場にあるドライヤーは結構いいやつで風量も強くすぐ乾くものだが、脱衣所(別階)にあるドライヤーはゆるめである程度の毛量を乾かすとなるとちょっと弱い。大浴場:乾かすため。脱衣所:セットするため。だからかな。

・歯ブラシ、水飲むコップ、他基本的に「使い捨て」。可能な限り管理するための人のコストを減らして全部捨てさせる。

・寝巻き、タオルはもちろん使い回すが上下の色の組み合わせなどは関係なく、基本的にバラバラ、タオルは吹き心地を求めてはならない。この辺はカプセルホテルクオリティということでみんな納得。

・期待値調整をしっかりしているので、内装もところどころにダンボールとかあっても気にならない。

・でも受付の方は英語堪能という意外なハイスペック少数精鋭。

あそこやっぱり儲かってるな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!少しでもお役に立てたら嬉しいです!
1
Technology for Sales 勘と根性の営業を、テクノロジーで進化させる「ベルフェイス(bellFace)」の経営企画室長兼PdMやってます。セールス出身PdMとして、世の中のセールスの常識を変えていきます。モノづくりと組織づくりがメインミッションです。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。