言葉の移り変わり
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

言葉の移り変わり

taka

コロナが流行り出した確か3月頃、アフターコロナという言葉が使われてきました。
そして4月頃にはウィズコロナという言葉に置き換えられました。
ウィズコロナを初めて聞いた時、こっちの方が今の状況にしっくりくるなと感じたことを覚えています。

最近「語源」や「Etymology」にハマっていて、英単語をググるときはよく単語+Etymologyとかで調べたりする事が多いのですが、語源学でググると「語源を探るよりも、古人の使用法を知るべき」という考えがある事に気づきます。


今読んでいる「明治のことば」という本が正にこの考えを出していて、どのようにその時代に使われていたか例を多々載せていました。この本を読むと、言葉というものは定義有りきでなく、移り変わりは明確なものではないんだなと感じます。その時代に合った、しっくりくる言葉を使っているんだなと。

先々週のWEEKLY OCHIAIでの落合さんの〆の言葉が良かったのですが、日本のデジタル戦略において「情報」「多様性」「持続可能性」「計算機」の中心にいる「デジタル」に置き換わる日本語を考える時代に来ているとの言葉がありました。きっとこれだという答えは誰が言い出したかも分からないまま、自然といつのまにか浸透しているんだろうなと思います。そんな言葉の移り変わりを今後も楽しんでいけたらと思います。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
taka
家電系部品メーカの生産技術をしている36歳takaです。工場の関係で海外によくいます。落ち目と言われている日本の製造業で海外他社との闘いでシックハックしながら日々仕事に追われてながら考えている事を書き連ねたいと思います。