見出し画像

中国語学習 |台湾留学JP学生向け

台湾留学JP中国語塾で学習する学生は高校生が主です。語学学習において、子どもと大人では効果的な学習法が違います。子どもは耳に頼って習得ができますが、大人はそうはいきません。高校生はちょうどその境界線のところで、その言葉の環境にいて身につく人もいれば、聞き取れず、流し機器では習得できない人もいるでしょう。さらに、受験生として中国語学習にとりくむ台湾留学JP中国語塾生は、高校の授業もある中学習するため、効率良く学習する必要があります。語学の効率良い学習方法を知らないまま闇雲に学習をしても時間だけが過ぎてしまうでしょう。グループワークで中国語学習を効率良く進めましょう。

シャドウイング

シャドウイングは音声を聞きながら、まねて声に出す作業です。「聞く」と「話す」が鍛えられます。
担当者を決めて、シャドウイングを行いましょう。
★シャドウイングの流れ★
1.リピーティング
 中国語の音声を聞いたら、文ごとにいったん音を止めて繰り返して口に出しましょう。スムーズに口に出せるまで進めましょう。
2.中国語を見ずに、音声を聞く
 音声だけを流して聞き、不明な語彙がないか確認しましょう。音声だけ流して聞き、不明点がなければ 3.シャドウイングに進みましょう。
3.シャドウイング
 本文を見ないで、音源の後、1~2語遅れて言う。

◎毎回担当者を決めて、タイムキーバーや声がけを担当する。
  例:担当者「今から1.リピーティングを10分でやってみよう。スタート」と声がけをし、時間を図り、スタートする。スタートしたらオンライン会話は中止。時間がたったら、オンラインでグループに声がけをし、終わったかどうか確認。もう少し時間が必要であれば伸ばす。すべての作業”★シャドウイングの流れ★1~3”を一度に行うと大変なので、様子を見て、次のステップにいくか、今日は ”1.リピーティング”、明後日は”2.中国語を見ずに、音声を聞く”といった具合に、わけて行ってみましょう。

◎留意点ー教材の音源をそれぞれ自由に再生できるようにしておく。

単語テスト

お互いに問題を出してみる。
範囲:教科書、単語帳

音読

1.読む担当を決めて、読み手が音読する。
2.聞き手は読み手の原稿(教科書本文など)を開かず聞き取る。
3.読み手は言い終えた後、音読した文に関する質問をする。


台湾進学相談受付中
台湾の大学進学、進学のために必要なこと、どうすれば進学できるのか、そして台湾留学JPサポート、中国語塾についてご説明します。
台湾留学JP
台湾留学JPは、台湾専門の留学サポートを行っています。高校生を中心に、台湾の大学・大学院への進学をサポート、高校生向けの中国語塾を開催。
URL:https://www.taiwanryugaku.jp/
住所:東京都新宿区新宿2丁目3-13 3階
mail:taiwanryugakujp@gmail.com
TEL:03-3356-1161

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
2008年に国立台湾大学工学部機械工学学科卒業後、一般企業に就職ののち2012年に台湾留学JPを設立。現在までに100名近くの高校生を台湾の大学に送り出しています。私自身は台湾関連イベントの司会、同時通訳、日本語講師、中国語講師として幅広く活動させて頂いています。

こちらでもピックアップされています

台湾留学JP
台湾留学JP
  • 15本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。