見出し画像

本当は教えたくない、「即るため」の初回アポ時のトーク術

(2020年10月更新)
【6.たはらがやってるwithコロナ時代の電話での宅飲み打診戦略】
は、第6章(最下部)に加筆しています。

<加筆部分目次>
6.1:宅飲み打診すべき子のスクリーニング方法

6.2:電話での会話(有効な流れ、気をつけること)
6.3:グダ崩し紹介、切り返し方

-----------------------------------------------------------------------

読んで頂いた方から嬉しい声が早速届いています。



スクリーンショット 2020-03-02 8.23.54


これから書くことは、あなたを劇的に変えるかも知れない。

この記事では、

ナンパ師たはらがやってる、本当は教えたくない即るための初回アポ時のトーク術」と題して、ただ「なんとなく」「運頼み」でこなしていた初回アポを、「即るため」のトークに変えるための手法を公開していく。

たはら自身、試行錯誤を続けながらこのトーク術を身につけ、今は対日本人女性の1対1のアポはほぼ負けなくなったし、少なくともアポが全く怖くなくなった。むしろ全てがこのnoteに書いているような構成通りに行われるように運ぶ「詰将棋」的な楽しさを覚えるようになった。運頼りだったアポが、180度変わった。

これを読んでいる人の中で、特に何も考えずになんとなくでアポに挑んで、「普通」のトークをして盛り上がるか、盛り上がらないかの運ゲーに任せている人はいないだろうか?

しかし、残念ながら「普通」「自然体」で適当に話していて、高確率で即へ繋げられている人はほぼいないだろう。それが出来るのは限られた一部の人だけだと思う。「楽しい会話」は出来ても、「即へ繋がる会話」が出来る人は少ない。

だからこそ、その「普通」のトークを「即れる」トークにすべく、たはらがやっているテクニックやノウハウをこのnoteに体系的にまとめた。


結論から言うと、たはらの初回アポでの会話は、それらの時の会話と全く異なる。以前、たはらのアポ時の会話をナンパ友達に聞かせたことがあるが、「これ、本当にお前?」と言われるレベル。それぐらい、対女の子専用のトーク術、トーク構成を組んで挑んでいる。

逆に言えば、ここまできちんと対女の子用のトークを展開できれば、アポから即へつながる確率を大幅に上げることができる。ほとんどの人が「なんとなく」で運頼りのアポをしているからこそ、これを身につけるとかなり差がつく。


【この記事をオススメする人】

・女の子とのアポで何を話せばいいのか分からない
・女の子と上手にコミュニケーションが取れない
・ある程度盛り上がるけど、その先につながらない
・1対1のアポが怖い

そう言う人にはピッタリの内容になっている。

この記事では、ふんわりとした精神論でなく、具体例と解説で誰でも実践できることを狙いとしている。具体例を交えてたはら流に落とし込んでいる。

内容を掻い摘んで紹介すると、AIで代替出来るぐらい「こう来たら、こう返す」というパターンで会話をし、「これを言われたらこの話をスタートさせる」というような構成をガッツリ組んでいる。

そこに、たはら個人の趣味や趣向、価値観、意見はほぼ0。もはや台本のレベル。

本編中に具体例として説明してるが、たはらはサッカーにはあまり興味無いけれども、女の子が「サッカーが好き」と言ったら、「自分もサッカーが好き」と言うし、仮に個人的に意見が真逆のことでも共感する。

さらに、本心としては「ネイルなんて興味無いし、こんなのにお金かけるとかアホやないん?」と思ってるけど、自分の知らないことにも必ず興味を持って掘り下げる。

そんなイメージ。

「本心と真逆のことを言って大丈夫なのか?」
「そんな詐欺師みたいなことするぐらいなら、自然体で挑みたい」

と思う人もいるかもしれない。

しかし、「自然体」でアポに挑んでそれまででモテてきた、会話から即へ結びつくことが多かった、という方はどれぐらいいるだろうか?

アポや会話を盛り上げて楽しくその場を終えることはできても、やはり戦略的に会話を進めないと、なかなか即には繋がりにくいのが現状ではないだろうか?

将棋や囲碁、オセロで言えば、本格的に「勝ちたい人」にとって、「定石」を覚えるのは当然のこと。まさにこのnoteの前半は、その「定石」を打つやり方を中心に「即への布石の会話術」を、後半は「王手を打つための会話術」を紹介している。

あくまで「即」を目的とするなら、そこから逆算して会話を展開するのがセオリーで、この基礎さえ知らずにただ闇雲に女の子と会っている人も結構いるのではないだろうか?

特にたはらは、「即」手前の確定のワードを言わせることを意識して、そのワードを言わせるためのトークをして…、、と行った感じでゴールから逆向きにアポ時の会話を構成している。

ホテル、家搬送、即。

即手前の確定(王手)ワード※note後半で解説

これを言わせるための「性」トーク※note後半で解説

これを言わせるための「恋愛」トーク※note中盤で解説

これを話しやすくさせるための「共感」トーク※note前半で解説

これを意識するだけでも、普通の男と差別化でき、そしてこのnoteに書いている内容を自分に落とし込み、単なる知識でなく、文字通り「自分に身につける」と、劇的にあなたの決定力は変わる。

特に「こうきたら、こう返す」のようなパターン化が多いので、特にトークに苦手意識がある人、何を話せば良いか分からない人にとっては、このnoteはさらに大きな効果が期待できる。

上述したが、初回アポ時のたはらはたはらじゃなくても良い。自分の本心とはかけ離れたことでもYESと言う。つまり、誰だってそうできる。


1人でも多くの人が「意味のある」アポが出来るように、この記事は、1回のアポの半額ぐらいの値段に設定している。ただ何となくで女の子と会う前に、このnoteを読むだけで結果は大きく変わるかもしれない。

また、具体的ないわゆる「グダ崩し」のワード(拒否られた時の切り返し例)なども載せているので、読んだらそのまま使えるような設計にしてある。

ただ、これを読んで終わりではなく、このnoteを参考にしながら実践を踏み、あなたが「淀みなく」この流れを展開でき、「即れる」会話を身につけることを目標に定め、早速本編に入っていこう。


※方向性自体は対日本人、対タイ人はじめ対その他外国人どちらも共通だが、分かりやすいように対日本人(日本語)での会話例をメインにしています。ご了承ください。

※アポはお酒有り、横並びの席に座っている前提

※メインは「これまで関係が無い人」と初対面のトークを想定してるので、相手はマッチングアプリでアポった前提。

【目次】
1初回アポ時の基礎戦略
1.1アポ全体の会話の大枠
1.2トーク以外で重要な雰囲気づくり等

2<序盤>:相手に喋らせ、信頼関係を築く
2.1相手に喋らせるためのトーク技術3選とNG例
2.2序盤のケーススタディ①
2.3序盤のケーススタディ②
2.4序盤で会話に困った場合のトークストック
2.5序盤のまとめ

3<中盤、終盤>:踏み込み、揺さぶり、王手を打つ
3.1中盤以降の3大トーク群
3.2踏み込みトーク
3.3揺さぶりのトーク
3.4王手ワード

4<最終盤>:王手ワードを言ったあとの戦略
4.1グダ①
4.2グダ②
4.3グダ③
4.4それでもダメな場合の「いいわけ」引き出しテクニック

5.おわりに:「楽しかった」は失敗だと認めるところから始めよう

6.【応用編付録】たはらがやってるwithコロナ時代の電話での宅飲み打診戦略(2020年5月追記)
6.1宅飲み打診すべき子のスクリーニング方法
6.2電話での会話(有効な流れ、気をつけること)
6.3グダ崩し紹介、切り返し方


【たはらについて】
運営サイト:世界でなかよし
Twitter:https://twitter.com/tahataha4646
note:https://note.com/taharabkk

この続きをみるには

この続き: 28,881文字 / 画像2枚

本当は教えたくない、「即るため」の初回アポ時のトーク術

たはら@タイ&東南アジアナンパ

4,680円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

タイを中心に海外ナンパ情報、海外夜遊び情報を発信しています。 サポートを頂けると、ブログやTwitter等でもっと有益な情報を発信します。 https://global-nakayoshi.com/

94
ブログ:「世界でなかよし」タイナンパ、海外ナンパ情報↓https://global-nakayoshi.com/ Twitterアカhttps://twitter.com/tahataha4646