見出し画像

2021 J2リーグ第23節 ジェフユナイテッド千葉 VS ツエーゲン金沢 少しだけレビュー

スタメン

結果

千葉のビルドアップ

画像1

噛み合わせは上図の通りだが、サウダーニャさんが主に稲葉くんとマッチアップ。経験の無い選手に勝負にいくのは常套手段だが、基本的には稲葉くんは負けずに上手くバーニャカウダさんを封じ込められていた。

ミンギュさんがボールを持っている時には待つ。ボールが動いてからプレス発動という金沢だったが、田口くんや小林くんが降りてボールを受けに来て、それと連動し見木くんや船山くんが降りてきていたので

画像2

丹羽・チットがボールへプレスに行くと千葉の田口・小林が浮いてしまい、田口・小林のパスコースを切ると千葉の鈴木・新井一の持ち上がりを許すという事に。

画像3

そこから上の図だと見木くんに嶋田くん、小田くんに松田くんがつく形となり

画像4

サウザンドレッシングさんが横や前に流れるという事が多かった。

この形の通りでは無いにしろ、サイドでズレを生じさせてしまい、クロスを打つまでにあまりプレッシャーを与えられなかったのが2失点の原因と考える。

金沢のビルドアップ

画像5

千葉は金沢CBがボールを保持していてもプレスに行かず、SBやSHなど外でボールを持たれても強くはプレッシャーを掛けない。ちなみに外とは下図のグレーゾーン辺り。

画像6

千葉はボールが中に入ってくると囲んで奪い取ろうとするので、序盤はそれを掻い潜るのに苦労していた。

縦パスを前線に当ててのレイオフや、稲葉くんの左足からチットさんへのロングパスで打開を図る。互いの動きが少し合わずチャンスにならなかったが、20分過ぎに渡邊→恭平→チット→丹羽→恭平とワンタッチパスを繋ぎゴール前に入り込んだ嶋田くんにクロスを合わせビックチャンス。さらに続いた藤村くんのCKをニアの大橋くんが頭でコースを変えるが、惜しくも千葉の小田くんに防がれてしまう。

給水タイム前にも藤村くんのノールックの縦パスが丹羽くんへと通るも、ミンギュさんと競り合いファールを取られてしまう。太字で記したどちらのチャンスも恭平くんがサイドに流れていて、ピッチを縦に5分割した真ん中のレーンの両横のレーンのハーフスペースと言われるレーンが空いておりチャンスを作れた。

その他にもチャンスになりそうな場面はあったが、パスずれやお互いの息が合わないという事があり、前半では得点を奪えなかった。

苦しい時のセットプレー

58分の金沢の右CK。キッカー嶋田くん。ニアに恭平くんが囮で飛び込んで、後ろから鈴木くんの視野に入ってきた松田くんがヘディングで競り勝つ。シンプルであったものの、苦しい時にセットプレーで得点出来るのは助かる。この試合のコーナーキックは千葉2本に対して金沢8本。チャンスを多く作るためにはコーナーキックを得る事、相手ゴール近くにボールを運ぶ事が大事だという事を示したゴール。

自陣で安田くんから渡邊くんがボールを奪い、大橋→松田→金子へとサイドを変えるテンポの良いパスから得たコーナーキック。一体感のあるゴールだった。

後半戦に向けての改善策

ただ、チーム状況はあまり変化の無いように思える。選手のクオリティ・声が出ていない・準備不足。これらに起因する試合後の監督コメントも変わらない。負けてる時にこそポジティブに考えるのも大事ですが、ネガティブになるのも自然。どちらもあるべき姿だと思います。しかし、サッカーの中身を語らないのだけは違うと思っていますので、中断期間も色々とさせていただきます。とにかく改善策は今夜のRED TAGのYOUTUBEにて。またお会いしましょう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
タギリスト

ツエーゲン金沢応援集団「RED TAG」運営費用としてありがたく使わせていただきます

今度半チャーハンおごります
中邑真輔を愛して止まないプロレスファン歴30年以上です。挑戦よ、さようなら。新しい未来をみんなで作ろう。自分なりの方法が「サッカーを語り合う事」と思い【ツエーゲン金沢を強くするための分析】を開始。新ツエーゲン応援集団「RED TAG」代表。