新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【押川剛;50歳からのキャンパスライフ】12 つらなって生きる

ほとんどやっつけで臨んだ大学の期末試験がようやく終わった。コロナウイルスのせいか、大学も街も、心なしか閑散としていたなあ。

初期対応は個人の責任

コロナ騒動により、日本は未知の脅威に対して思い切った「初期対応」ができない国であることが露呈した。これには、法的根拠や制度の不備に加えて、国民性もあると思う。ニュートラルを気取るあまり、「周りの顔色見てから決める」「とりあえず右ならえ」、あげく「チャレンジして失敗するくらいなら、現状維持」……、そういうメンタリティがこびりついている。

このままいくと、いろんな分野の諸問題に対して、国や自治体は現状維持をダラダラとひっぱり、一般市民はいよいよ「ヤバい」段階になって初めて現実を思い知らされることになるだろう。

俺の現在の活動拠点である北九州市も、災害の少ない安全な街であるにも関わらず、人口減が止まらない。北橋市政になった2007年から現在までに、5万人近くも減っている(約98.7万人→約94万人)。とくに若い人の定着率が低い。お隣の福岡市とは雲泥の差だ。財政難は言わずもがなで、このままでは夕張市のように財政破綻するとも言われている

首都圏に住んでいると分かりにくいかもしれないが、実際に地方で生活していると(おまけに地元の大学なんかに行っちゃうと)、「衰退」を肌で感じる。

たとえば俺の幼馴なじみは、手に職をもち、親の代から地域に根を下ろし、自営で働いている。職種としては絶対になくならない仕事だ。でも数年前から「このままではいかん」と言い出し、最近はとうとう「10年後どうなっているか、わからん」と言うようになった。地元に根差して生きているからこそ、「人」が集まらないことが直接的な打撃になっている。当然のことながら、

この続きをみるには

この続き: 2,370文字

【押川剛;50歳からのキャンパスライフ】12 つらなって生きる

押川剛の「YES!ホンネ NO!キレイゴト」

230円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
11
精神疾患やその疑いのある患者さんの危機的状況時に、「説得」という手段を用いて危機介入を行い、適切な医療機関につなげる日本の第一人者。(株)トキワ精神保健事務所所長。ジャーナリスト・ノンフィクション作家として執筆や漫画原作も手掛ける。春から大学生にもなりました。

こちらでもピックアップされています

50歳からのキャンパスライフ
50歳からのキャンパスライフ
  • 14本

50歳にして大学生になった俺が、大学に通う中で感じたことを感じたままに書いてます!

コメント (1)
おはようございます
エグい知識とはその通りですね
正攻法だけでやっていけるのは飛び抜けた能力のある人間だけです
気質だったり育ちだったり原因は様々ですが、何らかの欠陥がある人間が大半です
そういう普通の人間は、人の道を外さないギリギリをつかなければ、自分の望むものが手に入らない時もあるのが人生ではないかと思っています
自分のしていることがどんなことなのか?
どうしてそんなことをしているのか?
そういうことを自問自答しながら、生きていくのが、この不安定な世の中を生き抜く唯一の方法ではないでしょうか
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。