【書評】『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』

どんな本か

なぜ、自分よりも実力のない人たちが、自分よりも評価されてしまうのか?

世の中、実力主義のはずじゃなかったのか?

この本では、そのような「実力主義の欺瞞」を心理学や行動経済学をもとに明らかにしています。

更に、「実力が全てではない」というシビアな現実で、どうすれば人生を好転させる事が出来るかについて「錯覚資産」をキーワードに解説しています。


錯覚資産とは

「人々が自分に対して持っている、自分に都合のいい思考の錯覚」の事

そして、その錯覚を引き起こしているのが認知バイアスの一つであるハロー効果らしいです。

ハロー効果は、何か一つでも人よりも飛び抜けて秀でているものがあると、その人が「全体的に優れている」と無意識に思っちゃうやつです。


読んだ感想

ツイッターで面白い人がいるなぁ、と思った人が本を書いていたので読んでみましたが、とてもわかりやすく、読みやすい内容でした。

結局、錯覚資産を増やすためには近道など存在せず、目の前の事に取り組み、多くのトライ&エラーをこなす事が重要なのだと思いました。おわり。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3