学校総選挙プロジェクト【公式】
東京五輪、見たら「無観客でよかった」!?-夏の世論調査【結果発表】
見出し画像

東京五輪、見たら「無観客でよかった」!?-夏の世論調査【結果発表】

学校総選挙プロジェクト【公式】

2021年の夏も、あっという間に終わりですね…!
ニューノーマルな夏休み2年目はどのように過ごしましたでしょうか?
そんな夏の過ごし方を聞いた『夏の世論調査』、ついに結果発表です!

調査概要
【『夏の世論調査』概要】
■投票受付期間:2021年8月2日(月)~9月1日(水)
■投票方法:オンラインによる調査
■投票地域:日本全国
■投票対象:10~29歳
■投票数:3,110票


東京五輪、見たら「無観客でよかった」!?

今年の夏といえば、東京五輪でした!外出があまりできなかった分、「おうち観戦」で白熱した方も少なくないのでは?オンタイムで見ることができるのは自国開催の最大のメリットでしたね!

さて、夏の世論調査、第1問目「東京オリンピックは見ましたか?」では8割超の人が「東京五輪を見た」と回答しました。

【夏の世論調査】結果グラフ_0903_1

「東京五輪を見た」人が80.3%に対して、「東京五輪を見なかった」と回答した人は19.7%でした。

続いて第2問目は、賛否両論あった東京五輪を振り返るこの質問。
「東京オリンピックが無観客開催されましたが、あなたはどう思いますか?」。最も多かった回答は「無観客でよかった」の56.1%。

【夏の世論調査】結果グラフ_0903_2

続いて、「中止した方がよかった」(17.8%)、「延期した方がよかった」(14.5%)、「観客を入れてもよかった」(11.6%)という結果でした。

5月の「緊急世論調査」と比較すると、「中止する」が34.5%から「中止した方がよかった」が-16.7ポイントの17.8%と、おおよそ半減する結果となりました。

今年の夏、「帰省した」人は3割

第3問目「今年の夏、帰省しましたか?」の質問では32.6%の人が「帰省する」と回答。

画像4

昨年と同様に一部の地域に「緊急事態宣言」が出ていた一方で、今年はワクチン接種が開始されましたが、帰省した人は3割ほどにとどまりました。

「帰省した」は「その他(実家暮らしなど)」を除くと、過半数となりました(65%)。

まとめ

✅ 8割の人が「東京五輪を見た」。
✅ 開催方法については「無観客でよかった」が最多(56.1%)。
✅ 今年の夏は3割の人が「帰省した」。


学校総選挙ではいつでもオンライン投票受付中!

政治、社会課題、世論調査などなど学校総選挙では10~20代限定のオンライン投票をいつでも実施中です。今すぐチェックして投票してくださいね!

投票に参加してくれたあなたには素敵なプレゼントもご用意しています✨

学校総選挙プロジェクト【公式】
若者世代の声を社会に届けるTポイントのソーシャルプロジェクト。 10代・20代にとって身近な社会テーマを取り上げ、同世代・異世代と対話したり、意思表示したりできるオンラインプラットフォームです📢 お問い合わせはTwitterのDMまで📪