修美社

京都で創業60年の印刷屋。印刷にまつわる〝気になる〟のすべてを、お客様と一緒に考え、提案するのが役割。作り手と印刷の職人をつないで、世界にたった1つの作品として、工場から送り出しています。「印刷っておもしろい」その気持ちをお客様と共有してこそ心に届く作品が生まれると信じています。
  • 商品の画像

    【 new! 】Kazutaka Sakai 写真集「horizon horizon horizon」

    写真家・酒井一貴(Kazutaka Sakai) の、2021年のKG+での個展「horizon horizon horizon」で発表された「夜明けの時間を撮る」をテーマにしたシリーズの写真集です。 夜明けの微かな光が映し出す個々の対象をモチーフに、作者はどこまでも青く静逸な風景として写真に記録する。そこには昼間の日常はなく、朝の清々しさとは異なる何かが立ち現れる。 表紙は真っ白、豊かな触感の気包紙GL-FSを使用。一見何もない純白の紙に繊細な青いラインが入り、透明箔押しが薄っすら現れる。本文は光沢あるアート紙、OK金藤を使用。CMYKと違い、デジタルRGB出力で不思議な色の再現度は写真の青い空気を美しく表現し、この写真集を成立させた。 ___________________________________ 「horizon horizon horizon」 2021 edition 150 サイズ:240×190 mm 50頁 掲載写真 31点 用紙:気包紙GL-FS 255kg、OK金藤135kg 印刷:インクジェットデジタルプレス RGB出力 *サイン入り ___________________________________
    2,860円
    syubisya PRINGTING lab
  • 商品の画像

    【 new! 】特選5種類「うしハガキ」- 布製袋付き

    「牛の絵ハガキ セット」をお土産にいかがでしょうか。 絵柄は4種類の5枚セット、イラストレーター木内愛さん 描き下ろしの牛さんたちです。 油性オフセット、UVオフセット、活版印刷で仕上げました。 宛名面には成分表風に紙の銘柄や印刷方法も記載しています。 内 容: サイズ:100×148㎜ 数 量:ハガキ5種×各1枚     牛の歩み 1枚     布製袋付き
    1,320円
    syubisya PRINGTING lab
  • 商品の画像

    【 new! 】特選5種類「うしハガキ」セット

    「牛の絵ハガキ セット」をお土産にいかがでしょうか。 絵柄は4種類の5枚セット、イラストレーター木内愛さん 描き下ろしの牛さんたちです。 油性オフセット、UVオフセット、活版印刷で仕上げました。 宛名面には成分表風に紙の銘柄や印刷方法も記載しています。 内 容: サイズ:100×148㎜ 数 量:ハガキ5種×各1枚     牛の歩み 1枚
    880円
    syubisya PRINGTING lab
  • 商品の画像

    【 new! 】Yukari Motoyama 2枚組ポスター「1」

    現代美術家・本山ゆかり(Yukari Motoyama)初となる印刷物の作品です。 ポスターは2枚1組。両面印刷で上下左右表裏すべての方向での見え方を、それぞれの組み合わせてお楽しみいただけます。 裏側から印刷されている穏やかなベージュ色が半透明の乳白の紙を通して、曖昧な透明感を伴い見えてきます。この色は、作家が普段使っている絵の具で色見本をつくり、職人がそれを再現しました。半透明のユポトレース紙に2度刷りの白色には、奇妙なパール光沢が現れています。貼る場所によって、変化を両面とも鑑賞できるポスターです。 ___________________________________ 「1」 2枚組 edition 100 サイズ:各 428 × 626mm 用紙:ユポトレース TPRA90 印刷:オフセット印刷 3/1    白2度+ベージュ+スミ/ベージュ *箱にサイン、エディション入り ___________________________________ 1~3枚目 写真クレジット Yoshikazu Ooka
    5,500円
    syubisya PRINGTING lab
  • 商品の画像

    環(たまき)金継ぎのかたりべ - 漆手塗り表紙

    日本のものづくり、工芸、金継ぎ、自然と人とのいとなみを漆芸家の日置美緒が金継ぎを中心に紐解いていく。 後半は金継ぎや漆を学んでゆきたい人へ向けて、金継ぎについて、漆の特徴、道具や材料について、金継ぎの技法が作業工程毎に記されている。 装丁はひとつひとつを京都の職人の手作業で仕上げられた美しい和製本の折本仕上げ。 こちらは京都府綾部市黒谷町で手漉きで制作される黒谷和紙を日置美緒が漆を手塗りで重ねて、漆独特の表情で染め上げた漆和紙を表紙に仕立てた部数限定のスペシャルバージョン。 著者 : 日置美緒 / Mio Heki 出版社 : Atelier hifumi 装丁:黒谷和紙に漆手塗り、ジャバラ折製本 サイズ:L22.5cm x W12.1cm x D1.7cm * 日本語と英語のバイリンガル / This book is written in English and Japanese.
    6,700円
    syubisya PRINGTING lab

データ入稿について -入稿前のチェック事項-

「完全データ」での入稿をお願いしております。完全データ入稿とは、お客様でIllustratorやPhotoshopのソフトを使い制作を行い、弊社でデザインデータの制作や修正などを行…

1年前
+9

MEGATONE Print の版面の説明

1年前

『MEGATONE Print』

修美社に新しいサービスができました! その名も『MEGATONE Print』です。これは、オフセット印刷で、オンライン発注できる、特色印刷のチャートをお届けするサービスです…

1年前

活版印刷のマージナルゾーンの話

先日、イタリアンのお店の名刺とショップカードを活版印刷したいと連絡をいただき納品しました。 #活版印刷 した印刷物を25倍ルーペで覗くと、こんな感じ。最近、ルーペ覗…

1年前

はじめまして、修美社です。

京都の印刷屋。 今年で創業60年を迎えました。 修美社の山下昌毅です。noteを初めてみます。続けてできるか心配ですが、、、noteを楽しみながら、印刷にまつわる沢山の話…

1年前