見出し画像

最近外で音楽を聴く事を辞めました。理由は2つあって、1つ目は外の音が案外素敵だってことに気が付いたから。2つ目はたまに聴く外の音楽がよりよく感じられるから。そんな事より、この前の台風で大事に育ててたサボテンの好美さんがいなくなりました。現在も探してます。

どうも。えすかるご、です。
お久しぶりですね。
元気です。

西野七瀬さんが卒業発表されましたね。
かっこいいですよね。決断した人って。

僕には少し眩しすぎます。

本題に入ります。

毎回、メンバーの卒業発表を知ると涙する自分がいるんだけど、今回も然り。

なんでだろう。

って考えた時に、多分、別に寂しいとか悲しいという訳じゃないんだよなって思ってて、
そういうのは多分僕の中では卒業してから初めてやってくる感情で。じゃあ何なんだってなるけど。(笑)
突然来る卒業発表。すると一気にそれをしたメンバーのメディア内や握手会、ライブ等の言動を走馬灯のように思い出す。
だけど、「卒業する」っていうふりかけがかかると、その過去の言動が僕の中で、違う意味になる。
「あの時のあの発言はもう卒業を考えてたから...」みたいなことを勝手に思い始める。

すると逆説的に、自分はその人のことを本質的に何も知らなかったんだなって気づく。
知ってたつもりの自分が恥ずかしくて、
虚しくて涙する。
それを悟られない人らに敬服して、
感銘を受けて涙する。
いつでも前を向かなくちゃいけない大変さを
勝手に上から目線で、
他人事のように思い、
自分のモノサシで測って、涙する。

世間的に見れば普通の学生や社会人(僕もそのうちの1人)でも、心の内では変化を求めてるかもしれない。アイドルにしてもそう。

僕らから見れば高いところで頑張ってる人だなって思ってるけど、
その高いところにいる人らは、多分僕らが見えない程高いところにいる人らが見えていてそれらを見てるんだと思う。

だから、なんて言うかその、上手くまとまらないけど、アイドルも人で、当然だけど。
つまり、僕らと同じ様な思考を持ってて、
僕らと似た焦燥感を持ってて、
世の中や自分に対する不信感を持っている。

ただ、立っている舞台が違うから具体的な意味合いは違っているのも事実。
結局、今流している涙も、いつか流す涙も、あの時流した涙になった時に初めて意味を持つと思う。理由がわかると思う。
色んなふりかけがその過去にかかって初めて。

結局なんで泣くんだってなる。
本能的にってことにしとこ(笑)

多分、卒業発表は最初は抽象的で小さな雲のようなものだけど、それがやがて入道雲になって、大雨を降らすんだよな。その雨に隠れて多泣きするんだよな。ばれないから。そしてその後、それが嘘だったかのように青空が広がる人と、いつまでも曇り空が続く人に分かれる。

ちなみに僕はずっと後者。
今でも曇天模様。

相変わらず、何を言いたいか解らない文章で、何をしたいか解ってない人生で。
双方迷子です。

にしても、西野七瀬さん可愛いなぁ。

#乃木坂46
#西野七瀬

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
トイレのお供にでも。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。