見出し画像

チャンピオンズリーグ東京(9/22) 使用デッキ:ルカリオ&メルメタルGX

どうも、シャロン( @syaronalex )です。

今回は、先日開催されたチャンピオンズリーグ東京において使用した「ルカリオ&メルメタルGXデッキ」についてのデッキ解説記事になります。

今回このデッキに至るまで、今までで最も長い時間をかけ深く考察をし、環境理解を深めたデッキ選択を出来たと思います。

結果としては、使用者4名のうち最終ラウンド完走が1名。5-3が2名と物足りない結果で終わってしまいました。
ですが、優勝デッキがサーニーゴさんの「ルカリオ&メルメタルGXデッキ」であったこともあり、デッキ選択のミスではなかったのかなと思えたことが一つと、これだけ時間をかけた考察を世に出さないことを惜しんで、備忘録として書き記したいと思います。

以下、調整メンバーの一人である「はす( @h_1234567s )」の執筆になります。

※オルタージェネシス発売前から行ってきた考察を、時系列に沿って全て書き記していますので、大変長い文章になっています。デッキレシピとその解説は後半有料部分になっていますが、無料部分だけでも大ボリュームです。


■環境考察・構築に至るまで

今回の東京CLにおいては、前回の大規模公式大会であるPJCSからかなりの期間が空いており、その間に

【リミックスバウト】
【ドリームリーグ】
【オルタージェネシス】
によるカードプールの変化がありました。

大規模大会が久しくなかったため、新しく強いギミックやレシピが出回っていないこともあり、今回の環境考察はどこまで周りの環境が進んでいるのかを読むことが難しかったと思います。


【オルタージェネシス】発売前での環境は、以下のように考えていました。
--------------------------------

○tier1
カラマネロ系統
レシラム&リザードンGX

○tier2
ミュウツー&ミュウGX(炎型)
ゾロアークGX系統
ドリュウズ

○tier3
サーナイトGX
マタドガス
シルヴァディGX系統
アローラペルシアンGX

--------------------------------

カラマネロ系統は、強力な打点とGXワザを持つ≪ソルガレオ&ルナアーラGX≫を獲得したことにより、各地方で多くの実績を残してシェアを拡大していました。
一方で≪ドリュウズ≫の登場によって、闘に弱いゾロアーク系統のシェアが落ちており、≪メイ≫の登場でレシラム&リザードンGXに勝てるプランを取りやすくなったサーナイトGXや、≪ウォーターメモリ≫を搭載したシルヴァディGXも一定数存在していました。


◆第壱話 3神、襲来 ◆8月4週目~

≪アルセウス&ディアルガ&パルキアGX≫≪メガミミロップ&プリンGX≫≪タッグコール≫≪レッド&グリーン≫≪グズマ&ハラ≫などの公開

≪アルセウス&ディアルガ&パルキアGX≫

画像1


GXワザにより、サイドを取りきるまでの攻撃回数が減り、従来の中打点デッキに対して圧倒的なパワーを誇るカードが公開されました。
まず初日は試作でミュウツー&ミュウGXに入れた型を試してみましたが、レシリザの≪カキ≫に対する対抗案が少なく、GXを打つターンに隙ができてしまうため、≪カイリューGX≫と≪タッグスイッチ≫を使う型や≪ひかるミュウ≫などを試すも要求値が高く、構築難易度が高いデッキだと感じました。
このカードの発表によって、非GXはもちろん、ゾロアーク系統などの中打点GXも活躍できる幅が狭くなると考えましたが、ゾロアーク系統に関しては今まででも環境に残り続けられる安定感やカウンター性能を持っているため、並行して考察を進めていきます。

≪ウルガモスGX≫
従来のレシリザが≪ククイ博士≫などで調整をして高耐久TAGを倒していた点を十分にカバーできており、また≪ラティオスGX≫のタッグパージなどの課題も克服できています。ただ≪ウルガモスGX≫を入れて調整してみたところ、レシリザが苦手とする相手には≪無人発電所≫がかなり有効に働くため、噛み合わずもやもやした状態で試行錯誤を続けていきます。

≪メガミミロップ&プリンGX≫
その時点での環境に多くいるレシリザやミュウミュウは、性質上GXを盤面に多く置くことが多く、3体+ハチマキで簡単に倒せる範囲内になること、無色で打てるためどのようなデッキにも入ることから、当時はデッキ単位やプレイでのケアが必要になるキーカードという評価でした。
無色3つを揃えられるデッキタイプとして、カラマネロ系統、≪溶接工≫による加速、ダブル無色を使うデッキ、そして後述の≪グズマ&ハラ≫と≪カウンターゲイン≫を組み合わせたデッキが挙げられていました。

≪レッド&グリーン≫
1進化GX全ての見直しをしたところ、≪オンバーンGX≫≪マニューラGX≫が候補にあがりました。
特に≪マニューラGX≫に関しては、発表された≪アーゴヨン&アクジキングGX≫と相性が良く、また≪ブラッキー&ダークライGX≫で相手のTAGが即気絶も期待できるポテンシャルを持っています。
2日前に公開された3神によりドリュウズが数を減らすことを考えると、十分環境入りするポテンシャルを持っているカードのため、とりあえずでムウマージ型とガオガエン型を構築しました。

≪グズマ&ハラ≫
様々な種類をサーチできるサポートが公開され、≪タッグコール≫との相性もあって環境を大きく変えうる1枚だと騒いでいました。
ですが、当時の現存デッキに入れて相性の良さそうなシルヴァディやジラーチサンダーなども考察範囲にはありましたが、これだけで環境トップになるパワーを持つものに変わるほどではなく、別の視点で考える必要がありました。
従来のメルカリLOで≪プレイヤーズセレモニー≫or≪無人発電所≫≪鋼鉄のフライパン≫≪ダブル無色エネルギー≫を持ってこれる動きが強いことも考察していたため、この時点で今回のデッキのきっかけになりそうな話もしていたのですが、≪ケルディオGX≫が脅威になっており、お蔵入りとなりました。


◆8月4週目 まとめ◆
3神によって中打点GXデッキや非GXデッキの活躍の幅が狭くなることが予想されました。
≪ケルディオGX≫をサブアタッカーにし、≪ヤーコン≫を入れた形でまずは調整をしていきます。
新しいカードの情報が出てくる度に、即デッキ構築をして試行錯誤していましたが、一方でたけるとうきリザードンの考察も進めていました。

画像10


今まで苦手としていたカラマネロ系統に対して、≪ビクティニ≫での回復をするアプローチで戦うことができるようになり、≪溶接工≫でエネルギー加速をすれば280ダメージを与える盤面を作ることも難しくなかったためです。
また、ひっそりと注目していた≪アグノム≫がツイッター上でも話題になり、注目度が上がりつつありました。
これにより、レシリザが握る人が増えるか減るかを予想するのが少し難しくなるだろうと感じていました。

◆第弐話 鋼の造りしもの ◆8月5週目~

≪ゴルーグ≫≪マオ&スイレン≫≪混沌のうねり≫などの公開

≪ゴルーグ≫
開発側としても高く評価をしているだろうというのが伝わり、ポテンシャルの高いカードでしたが、ドリュウズのような使いにくさがあるだろうということで、具体的な構築案などの話には至りませんでした。
実際に東京CLでも一定数いた上に勝ち上がっているプレイヤーも少なくなかったため、もう少し早めに評価すれば良かったと悔やまれる1枚です。

≪マオ&スイレン≫
今まで≪まんたんのくすり≫や≪アセロラ≫などが回復カードの主流として活躍していましたが、エネルギーを消費や戻したりなどせずに回復が可能ということで、
3神の台頭も相まって、更に中打点デッキが動きにくくなるだろうと評価しました。

≪混沌のうねり≫

画像2


3神が環境の中でさらに強くなるだろうと確信づけた1枚です。
≪ケルディオGX≫が動きやすくなるため、3神が強い要素盛り沢山のデッキになることと、≪無人発電所≫に弱かったデッキがこのカードを使って対抗してくるであろうことが想像できました。
≪混沌のうねり≫を使われる側はリセットホールの≪マーシャドー≫や≪フィールドブロアー≫を入れさせられることによる構築の歪みがデッキパワーを落とすことになるため、ある程度のデッキパワーが必要になります。

◇8月30日
【オルタージェネシス】全カードリスト、≪アローラサンドパンGX≫などの公開

カラマネロ系統のシェア率が落ちる要因の1つとなりえるカードでした。
この時点で、ミュウミュウは≪リザードン&テールナーGX≫で動かす軸で模索しており、≪ホミカ≫と≪マタドガス≫を組み合わせてGXワザでカラマネロを一掃する型は魅力的でした。

画像11


◆8月5週目 まとめ◆
【オルタージェネシス】のカードリストが全公開され、事前にある程度の構築と考察は進められていたため、この時点で東京CLでのtierを仮で作成し、使用する可能性があるところを重点的に考察できるようにしました。
カッコ内は強さが上下した要素です。

--------------------------------

○tier1
ミュウツー&ミュウGX(炎型)
↑(うねり、サンドパンによる強化、ミミロップが脅威)

レシラム&リザードンGX
↑(ウルガモス、ミミロップ)

カラマネロ系統
→(3神、サンドパンによる弱体化、ミミロップによる強化)

○tier2
3神ケルディオ
new(混沌のうねりが強力。エネルギー加速方法で構築が難しく模索中)

シルヴァディGX系統
→(3神により動きにくいが、同時にドリュウズも相対的に少なくなる。TAGに対してワンパンできる性能を保有しており一定数存在する)

ゾロアークGX系統
→(シルヴァディGXと同じような影響を受け、マオ&スイレンによりTAGの2パンも難しくなる)

ドリュウズ
↓(3神に不利)

○tier3
悪バレット
new(アーゴヨン&アクジキングGX、レッド&グリーン、混沌のうねり)

化石
new(グズマ&ハラ)

エルフーンGX
new(混沌のうねり、島巡りの証)

サーナイトGX
→(tier1のデッキに対して一定のダメージが見込める)

アローラペルシアンGX
→(混沌のうねりによる無人発電所への耐性アップ)

--------------------------------

画像12

3神はヤーコン型に≪カプ・テテフGX≫や≪デデンネGX≫を入れたものをメインにして回していましたが、いかんせん運要素が強く、とてもCLで使用して決勝トーナメントに進むようなデッキではありませんでしたので、他のアプローチがないか模索していました。

≪ウルガモスGX≫搭載のレシリザもただ入れただけでは思った以上のパワーが見込めず、更に盤面にGXポケモンを複数おかなくてはいけないため、複数のデッキに採用されるであろうミミロップへの脅威で構築が難航していきます。

また、カラマネロ系統のアプローチとして≪ラティオスGX≫≪ゲンガー&ミミッキュGX≫が入る構築も多く出てくるのではとメンバー内では感じており、デッキのシェア率は低くなるとは思うもののゾロアーク系統と同じく息の長いタイプで一定数握る層は存在する可能性はあるため、注意を払いながらプレイを進めることを意識していました。

更に、週末に開催された桃屋杯の情報が入ります。
この大会は新弾がプロキシありで使える大会で、他のプレイヤーがどのように考察を進めているかを確認することができました。
≪メガミミロップ&プリンGX≫を採用したカラマネロ系統の活躍や、ミュウミュウ炎型の多さなど、進めていた考察はさほど間違っていないように感じていました。

そして、決勝トーナメント16名の中に≪ルカリオ&メルメタルGX≫がいた情報もありました。

画像3

このデッキは6月に行われたPJCSでも配信にて映っていましたが、当初はレシリザ環境で鋼メインは流石に弱いだろうという感想で終わってしまっていました。
ただ今回も残っているところから、表面的なイメージだけではなく、一度作成してみてまずはどのようなものか確かめることにしました。
≪グズマ&ハラ≫でパーツを持ってこれるようになったこと、≪メガミミロップ&プリン≫で打点が出るようになったこと、≪タッグコール≫からのTAGサポートが充実していること、こうてつのこぶしからの≪タッグスイッチ≫≪アセロラ≫のギミックと相性がいいことなどから、構築を始めました。
その時の原案がこちらです。

原案

これを元に、9月からはルカメタの考察を進めていくことになります。

◆第参話 死に至るカキ、そして ◆9月1週目~

この時点ではルカメタや3神ケルディオの研究をそれぞれで行っており、現存のデッキと壁打ちを続けて構築の精査や相性の判断をつけていました。
まだ環境にいそうなカラマネロ系統のアプローチとして、先述した≪ゲンガー&ミミッキュGX≫や≪ラティオスGX≫のタッグパージとクリアビジョンGXが挙げられましたが、3神のGXを打つタイミングに間に合わなかった場合に結局サイドレースで負けてしまい、明確な勝ち筋とはなりえませんでした。

この時点ではどこまで3神ケルディオが流行ってシェアを増やすのかが、現存の非GXやゾロアーク系統などのシェア率を上下するカギになっていると感じており、もし大きく認知された場合にはミュウツー&ミュウGX(炎型)が更にシェアを増やすことになるだろうと推測しました。
そのため、新弾直後で分散しがちな環境のデッキをわかりやすくして、握るデッキを早めに確定させて調整できるように、多くのデッキに影響を及ぼす3神ケルディオを逆に流行らせた方がいいのでは、と考えました。
このようなデッキが認知されると、対策を講じるためのカードが様々なデッキに入ってくるため、相対的に全体のデッキパワーが落ちる傾向にあります。

更にルカメタを使うとなると、相性として有利になるフェアリーの使用率も増えて欲しいという思惑もありました。
まだパック自体は発売していなかったものの、≪しまめぐりのあかし≫≪混沌のうねり≫による≪エルフーンGX≫の話題は多く、ツイッター上を賑わせていました。
また、レシリザをはじめとするTAGに対するアプローチとして≪サーナイトGX≫も一定数存在していたため、3神が流行ることによって更に握る層が増えれば環境がある程度わかりやすくなります。


◇9月6日
ついに【オルタージェネシス】が発売されます。
ルカメタを身内だけで回していたため、そもそも対人で通用するのかをとあるジムバトルで使用してみたところ、意外と既存のデッキに対して強いパワーを持っていることがわかりました。
≪フーパ≫に対しても≪ゲノセクト≫で回復を挟みながらダメージを与えるだけで突破でき、ある程度のポテンシャルを持っていることは確認できました。
ツイッター上などでも色々なジムバトルの結果を検索して確認し、優勝ではなかったようですが、福岡県のジムでも当日同じようにTAGサポートをメインにした構築で入賞している画像などを目にしました。
ただし、依然としてルカメタを使用する際のレシリザへの回答は見つけられず、≪カキ≫をされた返しの要求と、打点の低さに苦しみ続けていました。

普段は基本DiscordやLINEでのやりとりが多いのですが、たまたまその日のジムバトルには皆で集まっており、帰り道に≪テンガン山≫と≪ルザミーネ≫でエネルギーの枯渇を防いだり、≪シロナ&カトレア≫を間に挟んで半永久的にサポートやスタジアムが使えたりLOを対策できたりなど、戦い方の幅が広がりそうな可能性のある話に溢れており、レシリザ以外に対しては何かと対応力の高いこのデッキの強さを実感していました。


◆9月1週目 まとめ◆
ルカメタのポテンシャルは実感できたものの、課題はやはり弱点になる炎が環境のトップにいる点で、≪フィールドブロアー≫とダブルブレイズGXが脅威でした。
≪ウィークガードエネルギー≫を採用するも、回復量を上回る打点で超えられたり、≪タッグスイッチ≫と≪アセロラ≫による回復も、場のエネルギーの観点から≪マオ&スイレン≫に寄せた構築にする方がいいのではと様々な調整を重ねます。

そして、ミュウミュウに入ることも多い≪ラティオスGX≫のタッグパージや、カラマネロ系統における≪ソルガレオ&ルナアーラGX≫の高打点連打も辛かったため、≪ポケモンいれかえ≫ではなく≪あなぬけのヒモ≫でのアプローチを試みていました。

≪グズマ&ハラ≫を使用した化石デッキの優勝がツイッター上で話題になり、耐久がウリのルカメタの使用に影が差します。
ただ、使用数の多いカラマネロ系統には勝ちの目が薄い点や、ルカメタを使用する際には≪ゲノセクト≫によるばらまきで、サイドを取らずに≪カウンターエネルギー≫を使わせないプレイはできるため、≪混沌のうねり≫の流行も相まってあまり流行らないように祈る日々が続きます。

ミュウミュウの構築も同時進行で進めており、要求値の高い≪アローラサンドパンGX≫から≪ファイヤー&サンダー&フリーザーGX≫を採用した型にシフトしていきます。

新弾発売の週末のため、環境には様々なデッキが存在していた状態でしたが、現状出ているデッキタイプに対しては、レシリザ以外の全対面に対してルカメタが有利もしくは五分で戦えそうなことがわかりました。

ただ、様々なデッキを構築するするもどれも決め手に欠けており、東京CLまで2週間という余裕はあるものの、終着または発見された頃には練習する時間が限られていたりして、練度不足が露呈する可能性があり、焦りも感じていました。

◆第四話 瞬間、丘、重ねて ◆9月2週目~

ルカメタを使用するにあたって、最大の課題となるレシリザ。
ここに対抗するべく、様々な案を毎日検証しては没になっていきました。
ルカメタを使わない選択肢を取った時の代替として、3神や特殊エネルギーをメインに使用したミュウミュウなどの考察も進めていきます。
ジムバトルでも≪アグノム≫の採用が意外とみられた点、3神に≪フェローチェ&マッシブーンGX≫を採用した型がみられたりなど、環境の変化が伺えました。

迷っていた3神の構築ですが、ミュウミュウ型の3神で≪ミステリートレジャー≫を使用して≪オドリドリ≫のバイタルダンスでエネルギーをサーチし、≪トキワの森≫を採用せず≪混沌のうねり≫を有効に使用できる型を発見しました。
今までの考察では、後攻1ターン目でGXをする構築に注力させすぎていたのですが、即GXさせなければ強く動けないのか、実はゆったり準備できないのかという視点が欠如しており、発見はしたもののここからの考察が伸び悩んだのが、今回の反省点の1つでもあります。

化石の考察に関しては試運転の結果、TAGに対しては無類の強さを誇るものの、他の非GXやカラマネロ系統に対しての勝ち筋が薄く、またカウンター状態で戦わなくてはならない受け身の性質から、穴の多さを感じました。

そして先述した、環境にデッキが多くなることで全体的なパワーが落ちる件もこの時点で感じており、そのような環境だとトップになるであろうレシリザへのアプローチをまとめました。

--------------------------------

・青天井
≪ズガドーンGX≫
≪ズガドーン≫
≪バクガメス≫
≪リザードン≫
≪ウルトラネクロズマGX≫
≪ゲンガー&ミミッキュGX≫
≪ネクロズマGX≫
≪ヤドン&コダックGX≫

・高火力、気絶
≪ブラッキー&ダークライGX≫
≪ラムパルド≫
≪レシラム&ゼクロムGX≫
≪リザードンGX≫2種

・弱点、相手依存など
≪ユキメノコ≫
≪アバゴーラ≫
≪スターミーGX≫
≪ケルディオGX≫
≪シルヴァディGX≫(ウォーターメモリ)
≪サーナイトGX≫
≪フーパ≫
≪ラフレシア≫
≪ドータクン≫

--------------------------------

その当時挙げてみたのはこのようなもので、あとは中打点で複数回攻撃することによるアプローチなどになるでしょうか。

ここからルカメタの構築のヒントとして、≪アバゴーラ≫を採用したものを構築するも、進化のスピードや進化先のアクセス、エネルギーの色分散など、扱いづらい要素が多い結果となりました。


◇9月11日
前日に話していたレシリザの突破方法として、新たに≪フロストロトム≫が挙げられました。

画像5

≪カウンターエネルギー≫を使用して倒す方法で、ここからだんだんと構築が現在の型に近づいていきます。
ミラーでも≪グズマ&ハラ≫を使用して≪こだわりハチマキ≫と共にサーチすることで、相手の場に5エネルギーがあれば突破することが可能です。
フルメタルウォールGXを打った後には隙ができやすいため、こうてつのこぶしでダメージを与えると気絶圏内に入れることができます。
仮に炎系統のデッキ選択を取った際、ミラーで相手の≪カキ≫に対しての回答は用意しておきたかったため、悪くはないカードでした。

また、【オルタージェネシス】が発売されて1週間が経とうとしており、よくみるデッキの中を踏まえて再度考察したtierが以下になります。

--------------------------------

○tier1
ミュウツー&ミュウGX(炎型) →
レシラム&リザードンGX →
3神ケルディオ ↑

○tier2
カラマネロ系統 ↓
ゾロアークGX系統 →
シルヴァディGX系統 →
サーナイトGX ↑
化石 ↑

○tier3
ドリュウズ ↓
悪バレット →
エルフーンGX →
アローラペルシアンGX →

--------------------------------

3神ケルディオの周知で、非GXのデッキは軒並み数を減らしていました。
以前から考察を続けていた≪レインボーエネルギー≫を採用したミュウミュウは、3神ケルディオの突破手段に悩み、没案となりました。


◇9月12日
レシリザへの対抗案として、≪ホワイトキュレム≫が発見されます。

画像6

≪カウンターゲイン≫≪カウンターエネルギー≫で即起動でき、≪カウンターゲイン≫に関しては≪メガミミロップ&プリン≫との相性も良く、場に着地させてエネルギーをつける余裕があれば≪こだわりハチマキ≫をつけることで、≪ケルディオGX≫にも有効なカードです。

そして、今まで採用を続けていた≪ウィークガードエネルギー≫にも、疑問の声が上がります。
エネルギーを手張りする際、基本的に≪ダブル無色エネルギー≫からスタートするため、ヘビーインパクトを最速で打つまでのターン数に無駄が生じ、構築から抜けていきました。


◇9月14日

この日には東京にて【けんてぃーGX杯】が開催されました。
この週末で活躍したデッキは、少なからず来週に控えた東京CLに影響を与えます。
自分たちはレシリザやミュウミュウなど、環境トップになりえるデッキを使用し、3神をはじめとする新カードを使ったデッキや、周りがどのようなアプローチを用意しているのかを注目することにしました。

また、同日に開催された【くりちゃんねるマット争奪戦】にて、ルカメタがベスト4に3名いたという情報が入ります。
ルカメタが認知されることを恐れ、今までジムバトルですら使うことをほぼしなかったルカメタですが、こればかりはプレイヤーの注目もあり、数を増やすことが想像できました。
そのため、ミラーを意識した構築やプレイも必要になり、考察を進めていきます。

そして、最後のピース≪せせらぎの丘≫を発見します。

画像7

ツイッターをみていると、この時点で気づいているつぶやきをいくつか見かけたのですが、
ルカメタは≪無人発電所≫≪テンガン山≫という固定概念が強く、カードプールを見直すことを怠っており盲点でした。


これによって、≪タッグコール≫≪グズマ&ハラ≫から1枚でレシリザにカウンターをすることができ、構築とプレイの幅が広がります。
メンバー全員が疑心暗鬼になっていたルカメタのデッキ選択を、確定へと変えた瞬間でした。


◆9月2週目 まとめ◆

この週末で各地の非公認大会でルカメタの優勝報告が複数上がります。
元々の認知はあったものの、この目立ち具合から、1週間前で対ルカメタの練習を始めたプレイヤーも少なくはないはずです。
ただし出回っていたデッキは≪ブルーの探索≫を入れた型が多く、弱点のレシリザにはパワーで押し負けてしまうようなものが多くみられました。
強い構築が仮に出てきて大きく認知されてしまうと、対策プレイの研究やカードの採用が進んでしまうため、他のデッキを使用する可能性も残しながら残りの1週間を過ごすことになります。

1週間後の東京CL環境を予想した時に、3神の対策を重く意識している層、3神にも強く出れるルカメタを意識している層、そこで調整しているプレイヤーの着地点を考えていました。
その際、≪ウルトラフォレストのかみつかい≫を採用したズガアゴが強いのでは、という説が浮上します。

画像8

3神に淘汰されて非GXが動きづらくなり、カラマネロ系統は≪ウルトラネクロズマGX≫、メタが回りきれば≪ピカチュウ&ゼクロムGX≫も候補というものもあり、これらの対策プレイの練習も並行して進めました。

◆第伍話 ????、魂の座 ◆9月3週目~

東京CLまで1週間となりました。ツイッター上でもちらほらと環境予想をする発言や画像などが出回っていきます。

この段階でルカメタのデッキに関してはほぼ完成形に近く、プレイの練度を高める段階に入っていました。
そしてプレイの質と共にデッキの性質上、長期的な対戦となるため、プレイの速さは必要不可欠です。
特に回復合戦となるゾロアーク系統戦は地獄のようで、使用するメンバーによっても勝率の差が見え始めました。

また、ルカメタの認知度が非常に上がり、「裏のtier1」と噂されていました。
ここで最後の数枚の微調整を図り、バランスを整えながら、環境にいる中での不利対面の研究やプレイのテンプレを見つけることに注力することにしました。
最終的な環境として考察したtierが以下になります。

--------------------------------

○tier1
レシラム&リザードンGX →
ゾロアークGX系統 ↑
ルカリオ&メルメタルGX new

○tier2
3神ケルディオ ↓
ミュウツー&ミュウGX(炎型) ↓
サーナイトGX →
化石 →
シルヴァディGX系統 →

○tier3
カラマネロ系統 ↓
悪バレット ↓
アローラペルシアンGX →

○tier?
ズガドーンGX new
ラフレシア new
ピカチュウ&ゼクロムGX new

--------------------------------

ゾロアーク系統はその対応力の高さから、様々な3神へのアプローチが発見され、レシリザ、ミュウミュウなどに対しても勝ち筋がはっきりしていることから、環境が混在する中での安定択の1つでした。
3神による環境の変化は凄まじく、当初想像していた通り、様々な非GXや中打点デッキが淘汰されて非常にメタのわかりやすい環境となりました。

スタジアムの観点においては、≪無人発電所≫vs≪混沌のうねり≫のような構図になっており、特に≪無人発電所≫の使用側は≪フィールドブロアー≫を2枚投入したり、リセットホール≪マーシャドー≫を投入せざるをえない上に、フィールドが張り替えられなかった時の第2プランも用意したりと、特にレシリザにおいては相対的なデッキパワーの低下を生んでいました。


様々なデッキを考察し通ってきた上で、ルカメタを握ることに迷いがなかったため調整を続けていましたが、ここで一番の課題に頭を悩ませることになります。

認知度がここまで上がってしまったが所以のミラー戦です。
その時点での構築であれば、お互いの回復リソース合戦となり、不毛な戦いになるのは避けられません。
ミラーを意識するとはいえ、当たっても1回程度だと考えていたため、ある程度は汎用性のあるアプローチのできるカードが必要でした。
そして、発見したカードがこちらです。

この続きをみるには

この続き: 7,496文字 / 画像2枚

チャンピオンズリーグ東京(9/22) 使用デッキ:ルカリオ&メルメタルGX

シャロン

280円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
41
多趣味だけどポケモンが大好き。VGC、TCGで遊んでます。

こちらでもピックアップされています

CL東京 良かったやつ
CL東京 良かったやつ
  • 5本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。