見出し画像

勇気を与えたいという傲慢、あるいは自己啓発本作家の言い訳について

 長年ファンをやらせてもらっているGrapevineの田中和将氏がコラムを書いていて、「『勇気を与えたい』『聴いた(観た)人を元気にさせたい』という、烏滸がましく傲慢な動機でものを作ることを今も自分に禁じている」と非常に正しいことを仰っていた。

 とても良いコラムで、確かにその通りだ。僕もそういった創作物を随分長いこと嫌ってきた気がする。「読めば元気になる」みたいな宣伝文句は正直、あまり好きではない。まして「読めば勇気が出る」みたいなものになってくると僕自身、完全に忌避して生きて来た気がする。それはなんというか、ドリンク剤の宣伝みたいで良質な文章の広告という感じがしなかった。大体が、一つの目的のためだけにチューンされた文章というのは好みになれない。「カフェインがいっぱい入っていて目が覚める」みたいな文章を書きたいとはやはり思えなかった。そして、僕は現在「仕事術」とか「サバイバルガイド」を売る自己啓発本作家である。人生は本当にままならない。

この続きをみるには

この続き: 2,207文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
完全公開ではやりたくないな、ということを主に書きます。ツイッターがアレになり、最後に残った「自由に書ける」場所にしたいマガジンです。ジョークくらい、好きに言わせろ。

玉雑記

月額500円

あまり多くの人に向けては書きたくないこと、表に出なかった商業原稿、最近の雑記など月2回~更新します。色々あって、ツイッターが本音を言う場所…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
74
発達障害があり、そういう文章を書いたりそれ以外を書いたりして暮らしている人です。 ここではどこにも行き場のない話、日常雑記などを書いていきます。 楽しんでもらえたら、とてもうれしいです。 www.amazon.co.jp/dp/4046020768 こんな本書きました

こちらでもピックアップされています

玉雑記
玉雑記
  • ¥500 / 月

あまり多くの人に向けては書きたくないこと、表に出なかった商業原稿、最近の雑記など月2回~更新します。色々あって、ツイッターが本音を言う場所ではなくなったので、こちらでやろうと思います。ご興味あれば、是非。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。