見出し画像

〈無料〉 GoTo祭りでチンピラインフルエンサーに煽られずに、賢いホテル選びをするために知っておきたいこと

GoToトラベル。おトクだ煽りやら、オシャレだ煽りをやらかすいわゆる「チンピラインフルエンサー」勢がいるせいで、心がざわざわさせられている人も多いと思います。

いまはおかしな祭りの最中です

「おトクだ、実質○円だ、ステキ滞在だ」としつこく煽られまくって、GoTo参加してないと「なんか損してる気がする」と焦った気持ちにさせられ無駄に消耗してしまってるのでは?とちょっと心配になりました。

こんな時期ですし、質の悪い情報に煽られて冷静さを失い、たいして行きたくもなかったホテルに泊まるなど、ハズレ旅をしてしまわないように、まずは深呼吸して落ち着きましょう。焦らなくても大丈夫です。

SUZUの書いたこの記事を読めばきっと「損してる」とか「ざわざわした気持ち」「煽られた不快感」が落ち着くと思います。


1:煽りチンピラインフルエンサーの目的を知る

まずとても大事なことを最初にお伝えします。

GoToトラベルで35%ディスカウントされた高級ホテルの宿泊を「安いよ安いよおトクだよ、泊まらないと損だよ」と殊更に煽ってる勢が散見されますが、彼らって旅を愛してるわけでも、ホテルが好きな訳でもないんですよね。

煽り勢が好きなのは旅やホテルではなく「自分」です。

ステキホテルやお得情報を紹介出来る自分、いいねをいっぱい付けてもらう自分が好きなだけなのです。

高級ホテル宿泊が「実質無料! 実質○円!なんなら儲かる!」等の異様なまでのしつこさで煽ってるのは、こういう質の悪いチンピラです。

こんな低俗チンピラに煽られるとか踊らされるのはとても恥ずかしいこと。

いいねをつけたり、RTしたりして拡散に手を貸すのはチンピラ行為に加担することと同じ、共犯になってしまいます。
まずは冷静になりましょう、こういう煽り情報を見た時は一回深呼吸が必要です。



2:「実質無料」や「実質○円」は危険ワード

1でも書きましたが、GoToがらみで見かける「実質無料」や「1人実質▲▲円で高級ホテルに泊まれます」煽りは、計算方法がおかしいものが多いので惑わされないようにしましょう。

特に「地域共通クーポン」は宿泊費に充当できない決まりになっています。そのうえクセモノクーポンなので使い勝手がすこぶる悪く、都市部でないと使える場所が限定的な状況が続いています。

地域共通クーポンが電子で配布される場合、対応できる場所も紙クーポンよりも限られているのに、それを宿泊代金の額面から単純にに引いて見せかけの値段を大声で叫び「実質○円!」と煽っているのは相当悪質です。

『超高級ホテルが「実質無料」「実質○円」』は危険ワードです。宿泊費の支払いは確実に発生します。チンピラに煽られず一旦冷静になりましょう。

例えば、GoToトラベルで35%割引かれた残りの宿泊費が5万円だったとします、クレジットカードで支払えば5万円請求が来ます。当たり前です。5万円から都合よく何かが引かれることはありません。

ホテルで何もしなくても飲まず食わずで24時間過ごすのは難しいのでなんらかのお金はかかるでしょう。

滞在中にホテルのスパでマッサージしたり、バーで飲んだり、レストランで夕飯を食べれば、たとえ12000円分の地域共通クーポンが使えても焼け石に水、一人分のディナー代にも足らずに一瞬で溶けてしまいます。

歩いて行ける範囲のホテル以外は交通費もかかります。これ当たり前ですね。実質0円になったりしませんし、ひとり1万円台で泊まれたりもしませんし、儲かったりもしません。

『「実質」と言い出す人は騙そうとしている』ぐらいに考えてちょうどいい感じだと思います。

冷静になりましょう。



3:ホテルの現場はGoToで混乱の極み

GoToトラベル祭りで安易にホテル宿泊を勧める勢、1で説明したように、彼らの大半はホテル好き旅好きではなく、単に「自分が好き」なだけですので、現実の現場がどう混乱しようと知ったこっちゃありません。なのでネガティブな情報=実際に行く人が本当に必要とする情報は発信してくれません。

こちらの記事にも書きましたが 


リアル現場、特に客の殺到する週末、チェックイン数時間待ち現象がおこるほど、GoToトラベル祭りのせいでホテルは混乱しています。


削りに削られたサービスは8割減

そしていまホテルでは「感染症対策」という大変都合の良い言い訳が使えるために、サービスを削りに削っています。

ほんと、ここぞとばかりの便乗削りです。ぶっちゃけ「それ関係なくね?」みたいなものまで削っていますので油断なりません。

この際なので羅列してみましょう。

とにかくスタッフの補充なし
客を数時間待たせることで解決
館内レストランは一部クローズ
開けてても営業時間の短縮
朝だけやって夜やってない
夜だけやって朝と昼クローズ
営業曜日を削減
ルームサービスはメニュー絞る
提供時間の短縮
もしくはルームサービス休止
バーも時短で20時ラストオーダー
もしくはバーは休業
提携している清掃会社との連携不足
部屋の掃除は間に合わない
ターンダウンは中止
連泊の場合は清掃を毎日しません
室内ミニバー商品全撤去
ルームサービスは部屋にセッティングせず
部屋の前に置き配方式
スパ、サウナ、プール、ジムは休み

4月〜5月の客足の落ち込みや、その後夏まで休業した赤字を埋めたすぎなのか、明らかに破綻しためちゃくちゃな運用してるホテルも散見されます。

実は今って全然おトクではない現実

高級ホテルの宿泊費用がおトクって喜んで泊まりに行ったら、チェックインに数時間待ち、レストランやってない、館内なんでもかんでも時短とクローズ、スタッフは忙しくて客を放置、部屋から内線電話かけてもホテルの人誰も出ない。ルームサービス頼んだら3時間待ち。朝食は予約制で食べられず。ジムもプールも人数制限で使用できず…

宿代は割引で泊まれたけど、サービスも削りに削られ80%削られていて、まともなステイが出来ないレベルだった…とか今の状況だと普通に起こりえます。

あえて損得表現で言うなら、おトクどころか大損させられてることに気が付きましょう。


4:ホテルの館内設備やレストラン等、 Covid-19対策中の特殊運用は事前に調べる

3で述べたように、削りに削られたホテル内の様々なサービス、GoToトラベル祭り真っ只中のいま、ホテルに泊まりに行こうかな〜って思ったら、予約を入れる前に事前にホテルに現在の運用を確かめるのが大事です。


知っておきたいのは、いまはホテルによってびっくりするくらい方針が違うってこと。

スタッフの人員確保できなくて時短とクローズでどうにかしてるホテル、ここぞとばかり「Covid-19のせいです」と言えば済むとサービスを削りに削ってるホテル。なるべく館内施設をOPENさせて、平常時に戻そうとしているホテル。

本当にホテルによって見事に方針が違い対応が分かれていますので、安易にチンピラ煽ラーの「安いよ」に踊らされて勢いだけで予約せず、一旦ポチる手を膝の上に置いて、深呼吸し、その後は予約するボタンを押さずに、ホテルの公式ウェブで「〜〜は営業しているか?営業してるなら時間は短くなっているか」など、自分の使いたい施設が営業してるか?時短になってないか?を確認してください。

予約してから、のろのろと調べはじめて「やっぱ泊まるのやめた」と予約をキャンセルするのは現場の混乱を増やす迷惑行為のなので(いまは特に)謹んだ方が良さそうです。


公式ウェブサイトを見よ

時短や変則運用の確認の方法ですが、まずは公式ホームページでチェックします。

最新の情報を手にれるのはウェブサイトを見るのが一番手っ取り早いです。ページは隅々まで読みましょう。どのホテルも日付入りで現在何をどう運用しているか、どのレストランをあけて、どのレストランを閉めているのか?営業時間は何時から何時までか?変則営業の案内はウェブサイトのトップのお知らせページなどに書いてあります。

「よくある質問」にwith Covid-19対策まですべて想定問答集を載せてるところまであります。
とにかく予約を検討しはじめたら、まずそのホテルのウェブサイトをくまなく見ましょう。疑問に思ってることは公式サイトを読めば大体解決します。

読むのが面倒だからと安易に電話するのはやめましょう。さっきから書いていますがホテルはGoToの混乱で現場はパニックです。泊まってる時ですら部屋からの電話に出ないレベルです、電話で問い合わせたところで誰も電話にも出ませんし、出ても「担当者が席を外してるので後で折り返します」になります。

ウェブに書いていないことを問い合わせたい場合は、公式ホームページ内にある「問い合わせフォーム」を使うのが一番です。電話のように言った言わないにもなりませんし、誤案内があった場合は証拠として交渉材料に使えますので、問い合わせは文書でやりとりする。旅慣れ良い子のお約束。



5:クラブラウンジの罠

チンピラ煽ラーですが、おトクを煽るチンピラ以外にも困ったのがいまして、それはSNS映え映えチンピラです。

この種族は「素敵なホテルの過ごし方を知ってる自分」が大好きで、ホテルではなく、自分のオシャレ感覚やインスタ映え能力をアピールしたがります。

で、彼らがGoTo開始直後から気持ち悪いほどこぞって推していた「ホテルのクラブフロアステイ」なのですが、いまはこれが最大トラップといってもいいでしょう、引っかからないように賢く対処していきましょう。

画像1


まずはじめにどこのチェーンの上級ステータスも持っていない丸腰一般人がステキラウンジ利用したい場合、ホテルのロイヤリティプログラム視点の内情と現実をいくつか知っておく必要があります。

説明責任を果たす良心的な煽ラーがいるとは思えないので、ここでついでにざっくりとではありますが解説しておきます。

クラブフロアやエグゼクティブフロアに付帯する「ラウンジ」ですが、これを上級会員へのベネフィットとして無料提供しているホテルがあったりします。そしてこの「上級会員様に無料提供」しているラウンジは、丸腰一般人の場合でも、クラブフロアの部屋を予約さえすれば誰でもアクセスできます。

ですがよく考えましょう、ホテルが無料で飲ませ食べさせる物の質は推して知るべし。通常時でも、上級会員にタダ酒とタダつまみ与えとけばいいだろ的な、大雑把な感覚でやってるホテルが散見されるシステムなので、ラウンジではビミョーなクオリティのものしか出てこないホテルが多いのもまた現実です。

わかりやすい例をあげると、ラウンジで出す酒を安いスパークリングワインにしてるとかでケチってるとかです。

(あ、これ以前すごく悪質なホテルがあって「あの客はスパークリングで」って客を見て、ウェルカムドリンクにシャンパン出すかスパークリング飲ませるか決めてた超有名ホテルがありましたねぇ。バレて大問題になりましたけど。サービスとかおもてなしをアピールしまくってるあの超有名な誰でも知ってるホテル。もともとホテルって客を値踏みしまくるカルチャーなので。「お前なんかウチの客じゃない」と思われると客を客とも思わない扱いにされることもあるんですね。)

話を戻します。


賢くないと損をする

おトクと煽られる弊害の話をしてきたので、あえて損得の基準で話をするならば、ホテル利用に関していまは「賢くないと損をします」これは間違いありません。

課金する価値のあるラウンジなのか、そうでないのかを適切に判断できないとどうなるか?上級会員にタダで安酒出してる、ケチ臭いショボラウンジに無駄課金する羽目になったりするわけですからね。

ステキ滞在を喧伝する映え映え煽ラーがアピールする「ホテルのクラブラウンジを使いこなす素敵な自分」なんてものは幻想ですので惑わされないようにするのが肝心です。

これがざっくりと第一のラウンジ課金トラップ。


Covid-19対策中のクラブラウンジ運用変化で追いトラップ

そしてここにきて「ホテルのCovid-19対応」が原因で重ねて新たなトラップが複数出現しています。名付けて追いトラップ

煽り勢ってホテルが好きなのではなく、ステキな情報を拡散できる自分が好きなので、彼らがこぞって煽った「GoToトラベルでお得にステキホテルラウンジで過ごそう」的な誘導ってラウンジを利用しなれてないのがバレバレで、実は最初から破綻していました。

何故ならwith Covid-19の世界線では、クラブラウンジは多くのホテルで閉鎖されていたり、使用人数をしぼり限定運用しかしていないホテルが多いのです。リアル現場では完全運用に戻してるところのほうが少ないぐらいです。

勿論クラブフロア、エグゼクティブフロアの部屋は販売されてはいますが、付帯特典のクラブラウンジは完全閉鎖してしまい、ホテルの館内にあるカフェやレストランの一角をつかって、日中はドリンクサービス、3時のおやつにちょっとだけクッキーやケーキ、カクテルタイムは専用メニューでおつまみワンプレートと酒提供あたりでなんとか誤魔化し誤魔化し運用しているホテルもあります。

クラブラウンジをOPENしているホテルもあるにはあるのですが、いままでのように滞在中好きな時に自由に出たり入ったりは出来なくしていたり、もっと言うと、客が殺到して居酒屋状態で換気の悪い空間でひしめき合っているありえない状況になっているのがいまです。

それが証拠に具体的にはwith Covid-19の世界線では以下の運用が主流です。

■GoToで客が来すぎて捌ききれない→席がない→入れない→ことわる
■客が多すぎて時間区切って入れ替え制、予約制、三部制
■あまりに客が殺到するのでラウンジの利用人数を制限
■週末は入室キャパを大幅に超えるので宴会場でラウンジ代替

この状態ですので、有料課金したならば料金分以上に使い倒したい、「元を取りたい」客の思惑とのミスマッチが出まくりは当然のこと。ホテルの現場は不幸な状態に陥っています。

クレームの主原因となってるのは多くのホテルでやってるこの運用

■with Covid-19運用でプレート提供ドリンクもオーダー制に変更。

サービスはこんな感じの非積極運用なので現実は「いま丸腰一般客がラウンジ課金するなんて超マヌケでは?」状態になっております。


なんで今するラウンジ課金

しかし、このマヌケ課金勢ってホテルに普段全く泊まってないからこそ、状況がわかってなくて「なんで今するラウンジ課金」をやらかすわけで、これはあきらかに「チンピラに煽られたから」みたいな状況が発生していると言えますね。

ラウンジ課金トラップにひっかかった方々の被害報告というか恨み節はOTAの口コミで簡単に見つけられますので、今後の勉強のために読んでみるといいでしょう。

「ラウンジ行ったら予約制だと言われ追い返された、金返せ。」
「ラウンジがいっぱいで入れず、宴会場に回された」

からはじまって

「ほんとならラウンジ朝食はbuffet式で食べ放題のはずなのにセットメニューでおかわりできなかった」
「アフタヌーンティーでケーキがおかわり出来なかった。」
「おつまみがワンプレートでおかわり出来ず不満。」
「ドリンクがオーダー制でスタッフが忙しそうで頼み辛かった。」

などなど。

ホテルのエグゼクティブラウンジやクラブラウンジを食べ放題のbuffetレストランだと勘違いしてる客が、こぞって押しかけてきてるぽい感じもそこはかとなく漂う口コミではあるのですが、

こういった「食べ放題じゃなかった」「おかわりできなかった」的な感想を抱く方々が少なくないのって、ここぞとばかり元を取り返したい課金勢には端折ったラウンジ運用だとなかなか納得して貰えないんですね。

せっかく泊まりに行って文句たらたら帰ってくるって不幸ですので、いまは課金してまでラウンジアクセスをつけないってのは賢い泊まり方のひとつです。


で、こんな状況でホテルも困窮してますので(GoToでいくら泊まり客が増えても、主軸だった披露宴や宴会での儲けが戻ってこない状況で、高級ホテルの経営はまだまだ厳しい)いままで以上にラウンジで提供するフードとドリンクはダウングレードされてたりしますし。

なんで今するラウンジ課金です。

丸腰一般人がラウンジアクセス課金するなら、レストランに課金した方がクオリティの高い飲み物と食べ物、そしてちゃんとしたサービスとゆったりと座れる座席が手に入ると思います。

冷静になりましょう。


まとめ

なんだかよくわからないけど、「おトクおトクおトク」「GoTo使わないと損」「GoTo参加しないと損損損をしてるぞ〜」って四方八方から煽られ続けるってほんと精神衛生上よろしくないと思います。

いまってCovid-19騒動のせいでみんな心が知らず知らずのうちに疲弊してる時期。そんなこころが弱った状態で「お得情報に飛びつかないお前は損をしているんだぞ」ってGoTo煽りを仕掛けられたら、メンタル弱くなくてもなんとなく不安になりますよね。

くれぐれも「ホテルを使いこなせる風」を装った、実際はホテルのことは何にも知らない、旅を愛してもいないチンピラ煽り勢に惑わされないようにしないとなりません。

いまの時期、ホテルのスタッフもいっぱいいっぱいでサービスも行き届きませんし、客を雑に扱うのがデフォみたいな状況に陥ってるので、チンピラに煽られて泊まりに行っても、そもそも「100%楽しめない」という現実は忘れないことが重要です。

おトクしたくて行ったのに、実際損したり損した気持ちになって帰ってくるとか悲しすぎます。

こんな状況でも賢く選び取れるようにしたいですよね。

何かの価値基準が誰か他人の言うトクだの損だのに乗っかりすぎると自分を幸せにすることは難しいと思います。

いま一度冷静になってよく考えて行動しましょう。

画像2

皆様の次回の旅が安全で、質の良く、心から楽しいものになりますように。



ホテルを選ぶときに一番大事にしたいこと


ホテル滞在中に気をつけたいトラップに引っかからない技


旅の知恵を色々伝授します。ホテルの部屋でマスクってどうしてますか?


ホテルにチェックインするのに週末に人が殺到するGoToのせいで数時間待たされが発生しています。そんな時はこれを読めば回避できるかも。


賢くあれば楽しい旅になります。考えて良いホテルステイにしましょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつもサポートありがとうございます。いただいたサポートは執筆に必要な取材費用として使用致します。

スキありがとうございます。手を洗いましょうね
61