美容クリニックの新しい広告の可能性

田中 晋也

昨今、コンテンツがつまらない。

SNSをやったり、ユーチューブなどの動画を見ている方が楽しいという理由で、若者のテレビ離れが進んでいます。

そのため、テレビ番組の視聴率が下がり、テレビ局の広告収入が減っているため、番組制作費をカットするテレビ局が出てきています。

例えば、フジテレビでは年間のギャラが1億円クラスのMC、「安藤優子」氏の「グッディ!」が今年の9月で打ち切りになりましたし、来年の3月には「小倉智昭」氏の「トクダネ!」も終了することが決まっています。

さらに、コロナ禍でテレビの仕事が減ったり、オンラインの出演でギャラが減っている芸能人が増えています。

芸能人のユーチューバーが増えているのはこのような背景があるからです(もちろん、ユーチューブとの契約で、スタート時から芸能人が優遇されるため、増えているということもあります)。

一方、昨年から私はクライアントの先生方に一斉にクリニックか先生の「ユーチューブチャンネル」を立ち上げてくださいとお願いしています。

これは今年からテレビ局がサイマル放送で同時にネット配信を始めることがわかっていたからで、現在はNHKがNHKプラスで、日本テレビがティーバーでトライアル配信をスタートさせています。

これからはテレビ局もネット配信を増やしていく?

そして、そのような動きで、今よりもネットの視聴者が増加していく可能性がある。

そのため、クライアントの先生方にはこのタイミングでユーチューブに参入した方が良いと判断し、昨年からお勧めしているわけです。

そして、このような流れの中で、今、一部のクライアントの先生と進めているのが、クリニックや先生のユーチューブチャンネルに芸能人にスポットで出演していただこうという試みです。

今のところイメージキャラクターとは違い、スポットのユーチューブ出演なら芸能人でもいけそう!という料金提示がきていますので、今後いろいろクライアントの先生と一緒に試していきたいと思っています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!